バフェット部 セミリタイアした東大卒元商社マンの米国株情報サイト

M&Aを手掛けた東大卒元商社マン(証券アナリスト資格有、現在はセミリタイアし専業投資家)が主に米国株の理論株価を全力分析!

バフェットの4つの投資戦略に学ぶ!~「魅力的な価格」の正体~

誠実な経営者ロゴ4


こんにちは!
バフェット部のりろんかぶおです!

バフェットの投資ルールについては多方面で触れられておりますが、
ここでもう一度一つ一つ詳しく見ていきましょう!

バフェットは、株主宛の手紙の中で自身の投資戦略について以下のように述べております。

「私達が選ぶ企業の条件は、
① その内容を私達が理解し、
② 将来にわたり長期的に好ましい業績が見込め、
③ 経営幹部は誠実で有能な人々であり、
④ 魅力的な価格で購入できること

です。」

本日は④について、バフェットがいう「魅力的な価格」とは
どのように考えればよいかみていきたいと思います。

①に関する記事はこちらご参照!
②に関する記事はこちらご参照!
③に関する記事はこちらご参照!



1. 魅力的な価格


「効率的市場理論」では、市場は常に企業の適正な価格を示しており効率的である、とされます。

一方で、バフェットはこの理論に真っ向から反対しており、確かに市場はほとんどの場合において効率的だが、
一時的には企業の値付けを間違うこともあると主張しております。

バフェットは自身の考えに基づいて、企業の内在価値(適正価格)と比較して株価が非常に割安になった時に集中投資することで、
市場平均を大幅に上回る莫大な利益を得てきました。

ここで重要になってくるのが、内在価値とはどのように算出すればよいのかということになります。
バフェットは株主宛の手紙の中で以下の通り述べております。

「内在価値は、ある企業がその存続期間を通じて生む将来の全てのキャッシュフローを現在価値に割り引いたものです。しかし、内在価値の計算は難しく、金利が変動したり、将来のキャッシュフローの予測が変化した時には見直さなければなりません。マンガーと私の間でさえ、内在価値の計算結果は若干異なるものとなります。」

このように、バフェットの内在価値計算方法は、一般的には当サイトの理論株価計算でも用いているDiscounted Cash Flow法と呼ばれるものです。

当サイトでも幾度も紹介させていただいておりますが、Discounted Cash Flow法は最も本質的な価値が計算できるため、
M&Aの世界でも買収価格を算出する際に使われるメインの手法となります。

Discounted Cash Flow法の説明はこちら!

但し、バフェットが言うようにDiscounted Cash Flow法では、将来のキャッシュフロー予測に基づいて企業価値を計算するので、
キャッシュフロー予測の仕方によって結果は異なってきます。
バフェットはより正確な計算をするために以下のことを心がけております。

「より正確な内在価値を計算するために以下の二つのことを心がけております。
自分達が理解している企業にしか投資しないことで、将来のキャッシュフローをより正確に予測する。
「安全域」にある価格(内在価値よりも大幅に安い価格)でしか購入しない。」

バフェットは「安全域」の考え方を、師匠であるベンジャミン・グレアムが著した「賢明なる投資家」で学んでおりますが、
同著では「安全域」を評価価値の2/3以下の価格としております。


上述のことを全てまとめると、バフェットが考える「魅力的な価格」とは

自分が事業内容を理解していて将来を比較的容易に予測できる企業が、
その存続期間を通じて生む全てのキャッシュフローを現在価値に割り引くことで内在価値を計算し、
市場価格がその内在価値から30%以上下回った価格

ということになるかと思います。

りろんかぶおが計算する理論株価もバフェットと同じくDiscounted Cash Flow法を使っており、
その企業の直近3~5年のキャッシュフローの平均が半永久的に続く前提で計算しており、
成長率ゼロという保守的な前提で理論株価を計算しております。

よって、計算されたこの理論株価を大幅に下回る価格で投資できれば、
バフェットと同じようなバリュー投資をすることができるということになります!

りろんかぶおが計算した理論株価一覧は以下の通りですので参考にしてみてください!

バフェットの4つの投資戦略に学ぶ!~「事業内容を理解できる企業」~
バフェットの4つの投資戦略に学ぶ!~城の周りの「堀」の正体~
バフェットの4つの投資戦略に学ぶ!~誠実で有能な経営者の見分け方~

以上

りろんかぶお

その他の人気記事はこちら↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。
関連記事


[ 2017/10/13 11:47 ] 11.バフェットの投資哲学 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【生年】:1987年
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:2019年にセミリタイアし現在は専業投資家。
元総合商社勤務(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【家族】:妻、子供2人
【目標】:資本を通じて社会に貢献すること
【投資デビュー】:大学3年生(小遣い稼ぎのつもりがぼろ負け。。)

プロフィール詳細はこちら

PR
株式投資本の王道






















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら