バフェット部 FIRE達成の東大卒元商社マンの米国株情報サイト

M&Aを手掛けた東大卒元商社マン(証券アナリスト資格有、現在はFIREを達成し専業投資家)が主に米国株の理論株価を全力分析!

【ベライゾン】米通信大手の理論株価は?(2021年12月期)

rogo-2016-VZ.png


<りろんかぶおコメント>

りろんかぶおの競争優位性評価(5段階評価)⇒★★★★

・Verizonは米国の大手通信企業です。米国では、米国全土でサービスを展開する大手通信事業者は、AT&T、Tモバイル、Verizonの3社が存在。1984年に、それまで米国全土での長距離通信事業を牛耳っていたAT&Tが7つの地域通信事業者に解体され、そのうちの一つが他社との合併を経て、2000年にベライゾンが設立されたもの。

・この業界は、連邦通信委員会(FCC)などによる規制の多い業界で、かつ、設備投資額が巨大な為、それ自体が参入障壁となっており、競争が少ない業界です。元々通信事業は他者との差別化が難しいサービス形態(回線に快適につながればどこの会社でもよい)だとは思いますが、ベライゾンの営業利益は20%前後であり、やはりこの寡占市場での恩恵を受けている状況だと思います。

・更に、通信各社は5Gの開発を進めており、今後本格化するIoTの時代においては、通信事業が更に存在感を増すことが予想されます。寡占市場で、かつ、今後も市場規模が大きくなることが予想される業界ということで、業界全体で見ておけば堅実なリターンが期待できるのではないかと考えます。

・2020年4Qにバフェットが大規模投資したことで話題に。

<理論株価>
255.17ドル(2021年12月31日時点)
※1 直近3年間のフリーキャッシュフローの平均が今後半永久的に2%(米国の平均インフレ率)ずつ成長していくと仮定し、Discounted Cash Flow(DCF)法で計算。
※2 DCF法の概要はこちらご参照。

NYダウ銘柄理論株価一覧はこちらご参照ください!

<セグメント毎ビジネスモデル>

1.Consumer Group

一般消費者向けの無線及び有線通信サービスの提供。

・Service
無線通信サービス(主に携帯の通信等。米国の一部地域では5G通信サービスも開始済み)
有線通信サービス(主に固定電話やインターネットの有線サービス等。縮小していく市場なるも、特に光ファイバー網の整備に注力)

・Wireless Equipment
無線通信用機器販売

2.Business Group

国内外の法人や、米国内の連邦及び州政府向けに、無線及び有線通信サービス、ビデオ・データサービス、組織内ネットワーク、セキュリティ、音声サービス、IoTサービス

・Global Enterprise(海外企業向けサービス)

・Small and Medium Business(米国内企業向けサービス)

・Public Sector and Other(連邦政府、州政府、教育機関向けサービス)

・Wholesale (Verizon設備を最終消費者向けに提供している企業向けのサービス)

3.Corporate and Other

現時点ではこのセグメントに、コーポレート関連の経費に加え、メディア事業が属す。Verizonは近年、AOLとYahooを立て続けに買収し、両社を合併してVerizon Mediaを傘下に置く。メディアを通じての広告収入がメイン。

<決算情報>

・売上は133,613百万ドルと前年対比4.1%増。ワイヤレスサービスの契約者数増、契約単価増に加え、期中に買収したトラクフォン(格安携帯)の売上が4Qから反映されたプラスの要因を、メディア事業売却による減収が一部相殺

・純利益は22,618百万ドルで前年対比27.1%増。メディア事業の売却益計上、サービス料金に対する貸倒引当金の取り崩し、電波帯取得費に係った借入の資産計上化が主因。

<財務情報>
chart_VZ_2021.png
rev_VZ_2021.png
pat_VZ_2021.png
cf_VZ_2021.png
roe_VZ_2021.png
eps_VZ_2021.png
seg_VZ_2021.png
div_VZ_2021.png
seiko_VZ_2021.png


応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。
関連記事
「低年収・子持ち・投資知識ゼロの人がFIREするためにやるべきたった一つのこと」を、31歳でFIREした僕が自身の実体験をもとにnoteにまとめました。

また僕がFIRE計画時に実際に作成した収支計画表(Excel)も添付してます。必要な資産額や何歳でFIREできるかがわかりますので是非ご覧ください。

興味ある方はここをクリック!
[ 2022/03/23 15:29 ] 7.理論株価&財務分析 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【生年】:1987年
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:現在はセミリタイアし専業投資家。元総合商社勤務(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:資本を通じて社会に貢献すること


プロフィール詳細はこちら

PR
株式投資本の王道
















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら