バフェット部 FIRE達成の東大卒元商社マンの米国株情報サイト

M&Aを手掛けた東大卒元商社マン(証券アナリスト資格有、現在はFIREを達成し専業投資家)が主に米国株の理論株価を全力分析!(平日毎日12時更新)

【Facebook】 2021年3Q決算






<Facebook 2021年3Q決算まとめ>

Facebook
予想実績前年同期比
売上高29.58B29.01B+35%
調整後EPS3.193.22+19%
次Q予想売上高34.89B$31.5B ~ $34B-


・EPSは予想を上回るも、売上高とガイダンスは未達

・売上不調の理由は、Appleが新OSに導入した「AppTrackingTransparency」(ATT)機能の影響。

・元々Facebook等のiOS上の広告事業者は、iPhoneのユーザーデバイスIDを基に得られるユーザー行動を分析することで、各ユーザーに適したターゲティング広告の配信を行ってきた。

・ところがATT昨日によって、広告主側はユーザーの許可を得なければデバイスIDを取得できなくなってしまったのです。

・当然わざわざ「許可」ボタンを能動的に押すユーザーはほとんどいないので、広告事業者はデータ取得が困難になり、ターゲティング広告の効率が落ちるという悪影響を受けます。

・深刻なのはこの影響は今後も半永久的にFacebookに襲い掛かるということです。これによりFacebookよりもGoogleで広告をだした方が費用対効果が高いと判断する広告主がGoogleに流れるとの見方もあります。この点は今後も要注視です。

・Facebookは現在メタバース(巨大仮想現実空間)への投資を拡大中で、2021年もこれにより約$10B程営業利益を押下げ。
2022年も設備投資額は約1.5倍ほど、マーケティング費用も増額予定で利益の下方圧力となる見込み。

・業績報告に関してもメタバース部門は分離すると発表。

・3Qに$14.37 bの自社株買いを実行。今回追加で$50Bの自社株買いを行うことを発表。

<コメント>

・ATTの問題は深刻ですね。データの世紀で個人情報の取り扱いに大衆も注目を集める中、Android OSでも同様の機能が検討されているようで、広告事業者は今後厳しい戦いを強いられる可能性があります。

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。
関連記事


[ 2021/10/26 12:00 ] 8.企業研究 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【生年】:1987年
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:現在はセミリタイアし専業投資家。元総合商社勤務(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:資本を通じて社会に貢献すること


プロフィール詳細はこちら

PR
株式投資本の王道
















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら