バフェット部 FIRE達成の東大卒元商社マンの米国株情報サイト

M&Aを手掛けた東大卒元商社マン(証券アナリスト資格有、現在はFIREを達成し専業投資家)が主に米国株の理論株価を全力分析!(平日毎日12時更新)

決済市場の未来はこうなる!World Payment Report 2021

Capgemini社がWorld Payment Report 2021を公表したので概略を下記します。

・コロナパンデミックが加速させた決済方法の変容により、決済市場には新しくてかつ顧客体験が重要性を増す新しい時代”Payment 4.X”が訪れている。

・使い勝手がよく、ライフスタイルに根付いた決済方法を欲する消費者と、迅速な決済、スムーズな集計、シームレスな国際間取引を欲する小売店が、”Payment 4.X”時代に火をつけたといえる。

・将来有望な新興企業は、優れた顧客体験を提供すべく、”Payment 4.X”の要である、データ、共有インフラ、プラットフォーム、組み込み型金融を、駆使していくことだろう。

・デジタル決済がますます受け入れられる中、伝統的な決済方法(小切手やカード決済等)は厳しい環境にさらされる。

・未来の決済にフォーカスした新興企業は決済による顧客体験を強化するための投資を拡大していっている。

・B2B決済に関する顧客は、決済のデジタル化にあたって、ソリューションプロバイダーではなく、アドバイザリーパートナーを求めている。

・先陣を走る新興企業群は、プロダクトではなく顧客体験をベースにしたソリューションを模索するために、PayTechやシナジーのあるエコシステムを持っているパートナーと協業するだろう。

・新しい顧客習慣、決済方法などは、ポストパンデミックの顕著な回復と成長を後押しする。

・非接触決済、迅速な決済成立、安全なセキュリティ、よりよい顧客体験に対する予期せぬ需要拡大は、デジタル決済を新たな高みに押し上げる。

・コロナパンデミックはB2B決済の転換点となり、2025年にはB2Bのデジタル決済は$200billionに上ると予想する。(図3)

・インスタント決済やEマネーは、世界のNon Cash決済のうち2020年には14.5%を占めたが、2025年には25%に達するだろう。(図4)

・次世代の決済方法である、Buy Now Pay Later、Invisible決済、Biometric決済、仮想通貨決済などが、デジタル決済市場の成長を牽引する。

<参考図>
出典:全てCapgemini社のWorld Payment Report 2021

図1 2016年~2020年の世界のノンキャッシュ決済額推移
決済市場過去_20211013


図2 2020年~2025年の世界のノンキャッシュ決済額推移予想
決済市場よそう_20211013


図3 2020年~2025年の世界のB2Bノンキャッシュ決済額推移予想
決済市場よそうB2B_20211013


図4 伝統的決済方法(小切手、カード等) vs 新しい決済方法(インスタント決済、eMoney)
決済市場内訳_20211013


応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。
関連記事


[ 2021/10/13 12:00 ] 14.投資の勉強部屋 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【生年】:1987年
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:現在はセミリタイアし専業投資家。元総合商社勤務(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:資本を通じて社会に貢献すること


プロフィール詳細はこちら

PR
株式投資本の王道
















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら