バフェット部 FIRE達成の東大卒元商社マンの米国株情報サイト

M&Aを手掛けた東大卒元商社マン(証券アナリスト資格有、現在はFIREを達成し専業投資家)が主に米国株の理論株価を全力分析!(平日毎日12時更新)

これを見れば温暖化はどうやったって不可避であることがわかる!米エネルギー省の世界エネルギー需要予測!

image_20211007.png



2021年10月6日に米エネルギー省が2050年迄のエネルギー需要予測を分析した”International Energy Outlook 2021”を発表!

今回はその概要を記していき、最後に筆者のコメントを。

1.サマリー

①世界のエネルギー消費量及び関連するCO2排出量は2050年迄増加し続ける(現行政策及び技術の下が前提)。人口増加及び経済成長が主因。

②再エネは新設電源のメインとなる。天然ガス、石炭、蓄電池がそれを補完。

③原油及び天然ガス消費量は伸び続ける。主にアジアの新興国が牽引。


2.世界のエネルギー消費量及びCO2排出量

・世界のエネルギー消費量は2050年迄に約50%増加。人口増加及び経済成長が主因


エネルギー消費量_20211007




・エネルギー源別では2050年になっても石油関連燃料の比率が最大であり続けるが、再エネが急速に比率を上げる。


ソース別電源_20211007




・電気自動車は2050年までに全ての車の内の31%を占めるようになり、CO2排出量削減に貢献。


電気自動車_20211007




・エネルギー関連のCO2排出量は増加の一途。エネルギー当たりCO2排出量やGDP当たりのエネルギー消費量が減るにも関わらず。


CO2排出量_20211007




3.再エネの躍進

・発電セクターでは再エネが急速に伸びる


再エネが躍進_20211007




4.アジア新興国でエネルギー消費量大幅増


・ほとんどのエネルギー消費量の増加分はアジア新興国の経済発展によるもの


アジア新興国_20211007




・アジア新興国が石油関連製品消費量の増加を牽引


アジア新興国の石油消費量_20211007




STOP

<コメント>

・先日OPECの長期予測も見ましたが、それと同様、やはり先進国がいくら頑張っても新興国の経済発展でエネルギー消費量及びCO2排出量はどうしても伸びてしまう。

・パリ協定では世界190か国以上が参加しており、これから経済発展目覚ましい新興国も参加しているが、新興国に「経済発展せず貧しいままでいろ!」といえるはずもなく、新興国の経済発展は不可避。

・更に経済のグローバル化で、人件費が安い国は先進国のための工場としての価値があり、かつての中国のように「世界の工場」として徐々に豊かになり経済発展の好循環につながっていくので、現在のグローバル経済は新興国の経済発展に有利。

・期待の再エネは急速に伸びるだろうけど、風力発電シェアの大きい直近のイギリスのように、急に風が吹かなくなってしまった時に、電気が足りない、等の大騒ぎになってしまうのでやはり、ガスや石炭を使用した安定電源は一定割合残しておく必要がある。

・やはり地球温暖化はもはや不可避の現象か。。


応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。
関連記事


[ 2021/10/07 12:00 ] 15.経済の勉強部屋 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【生年】:1987年
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:現在はセミリタイアし専業投資家。元総合商社勤務(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:資本を通じて社会に貢献すること


プロフィール詳細はこちら

PR
株式投資本の王道
















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら