バフェット部 FIRE達成の東大卒元商社マンの米国株情報サイト

M&Aを手掛けた東大卒元商社マン(証券アナリスト資格有、現在はFIREを達成し専業投資家)が主に米国株の理論株価を全力分析!(平日毎日12時更新)

EUのガス価格高騰で儲かる企業!


最近EUのガス価格が上昇していることが話題になっています。

以下は欧州ガス価格の代表的指標のオランダTTF先物価格ですが、年初から約5倍に上がっています。
ガス価格_20210928


今回は、このガス高の原因と、ガス価格高騰で恩恵を受ける企業を分析していきます。


1.ガス価格高騰の原因

IEAによると以下の要因とのこと。

①コロナ禍からの経済回復による需要増
②風が弱く風力発電量が低下によるガス火力発電需要増
③昨冬、世界的な厳冬で在庫不足
④LNG基地の操業停止や再開遅延で供給不足

以上のような要因が複合的に絡み合ってガス価格が高騰しているのです。

風力発電が芳しくなかったとのことですが、欧州の電源構成はどのようになっているのでしょうか?

電力構成_20210928

(出所)IEA “Key World Energy Statistics 2019″をもとにニューラル作成

上記の通り、イギリス、ドイツ、スペインなどが風力発電の割合が比較的高く、影響を受けやすそうです。

次に、欧州のガスの調達先についてみていきます。

以下は少し古いデータですが大体の間隔はつかめるでしょう。
ガス調達先_20210928


上記の通り、重要な役割を果たすのがロシアからのパイプラインによる輸入であることがわかります。

また、ガスは発電用のみならず、住宅用、産業用にも多く使われます。

そして、冬が寒ければ寒いほど発電用及び住宅用のガス需要が増え、ガス価格が上がりやすい傾向があります。
(絵アンコン、床暖房、ガスファンヒーター、お風呂等)

よって、まだ冬を迎えていないにも関わらず供給がひっ迫しているわけですから、今後冬に向けてさらにガス価格は底堅さが続くことが考えられます。


2.ガス価格高騰で恩恵を受ける企業

このような状況下で恩恵を受ける企業はどこでしょうか?

それはやはり、ガスの上流権益を持っている企業です。

というのも、既に生産を開始しているガス田では、生産コストは基本的に変わらないまま、ガスの販売価格が上がるので、
ガス価格の高騰分がまるまる利益になるわけです。

最も恩恵を受ける順に記載していきます。


①ロシアのガス国営企業ガスプロム

前述した通り、EUのガス調達方法の29%をロシアからのパイプライン輸入に頼っています。

そしてロシアのガス生産の約9割を占めるのが国営のガスプロムです。

ガスプロムのEU向け天然ガス販売は総売上の約3分の1を占め、その他の商品の販売も含めれば総売上の半分が欧州向けです。

欧州のガス価格高騰は間違いなくガスプロムの業績を大幅に押し上げるでしょう。

ガスプロムはNY市場でも上場(ティッカー:OGZPY)しているので、米国証券口座を持っている日本人でも購入可能です。


②欧州オイルメジャー

次に欧州オイルメジャーの

英蘭ロイヤルタッチシェル
英BP
仏TOTAL

の三社です。

前述の通り、EUのガス調達の最大の割合を占めるのが域内生産です。

つまり、EU域内のガスの上流権益を持っているオイルメジャーにも恩恵があります。

これらの企業は欧州の環境意識の強さも相まって、米国のオイルメジャーよりも売り上げに占めるガスの割合が高いです。

更に、LNGにも積極的なので、LNG輸入の恩恵も受けることができるでしょう。


③米国オイルメジャー

次に米国のオイルメジャー

エクソンモービル
シェブロン

です。

ガスというのは気体なので、石油ほど容易かつ低コストで海を越えて運ぶことができません。

しかし、液化してLNGにしてから輸出することは可能で、近年はLNG市場も活況を呈しているため、

欧州のガス価格高騰

欧州でのLNG需要増加

海外のガス需要増加

海外のガス価格高騰

ということで、現に米国のガス価格も高騰しています。

つまり、全世界で上流権益を持つ米国のオイルメジャーだって大きな恩恵を受けます。

またガス価格が高騰すると、市場の原理で、代替品としての石油の需要が上がります。

すると原油価格が上がってオイルメジャーは二重においしいということになるのです。

STOP

まとめると、
①露ガスプロム
②欧州オイルメジャー(シェル、BP、TOTAL)
③米国オイルメジャー(エクソンモービル、シェブロン)

の順にうまみがあるのではと思います。

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。



関連記事


[ 2021/09/28 12:17 ] 14.投資の勉強部屋 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【生年】:1987年
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:現在はセミリタイアし専業投資家。元総合商社勤務(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:資本を通じて社会に貢献すること


プロフィール詳細はこちら

PR
株式投資本の王道
















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら