バフェット部 FIRE達成の東大卒元商社マンの米国株情報サイト

M&Aを手掛けた東大卒元商社マン(証券アナリスト資格有、現在はFIREを達成し専業投資家)が主に米国株の理論株価を全力分析!(平日毎日12時更新)

DocuSign 2021年2Q決算

image_DOCU_20210902.png


2021年9月2日にクラウド署名サービスなどを提供するDocuSignの2021年2Q決算が発表されました。

DOCU (単位:$)
予想実績前年同期比
売上高487.5M511.8M50%
調整後EPS0.40.47176%
次Q予想売上高
通期予想売上高
520.62M
2.05B
526M - 532M
2,078M - 2,088M


以下は全てDocuSignの2Q決算資料から。

<売上推移>
売上推移_DOCU_20210902



<顧客数推移>
顧客推移_DOCU_20210902



<ビジネスエリア>
エリア別_DOCU_20210902



<Net Dollar Retention>
NDR推移_DOCU_20210902



<各種マージン>
Operatingマージン_DOCU_20210902




<コメント>

・売上の伸びは堅調ですね。同じオンラインのビジネスツールであるズームは売上成長率の鈍化が見受けられましたが、
DocuSignはズーム程、昨年のコロナ禍で需要の先食いをしていない印象があります。

・顧客の年間平均伸び率も42%増と驚異的。

・興味深いのは海外戦略。ウェブ上の簡単なサービスは全世界に展開しているものの、売上の88%を占める主力の法人向けのサービスは米国以外ではわずか8か国にしか注力していない模様。これは、潜在的な成長機会が大量にあることを意味すると思います。

・DocuSignでは、署名した文書をDocuSignサービス内のクラウドに保存します。こうなるとしばらく使用したユーザーは、他サービスへの乗り換えを考えるとき、「今までの文書を新サービスに移管するのがめんどくさいな」と思うはず。実際には、少し手間をかければ移管はできると思うのですが、この「めんどくさいな」というのが大きな先行者利益としてDocuSignの競争優位性を高めると思います。


応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。
関連記事


[ 2021/09/03 12:00 ] 8.企業研究 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【生年】:1987年
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:現在はセミリタイアし専業投資家。元総合商社勤務(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:資本を通じて社会に貢献すること


プロフィール詳細はこちら

PR
株式投資本の王道
















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら