バフェット部 FIRE達成の東大卒元商社マンの米国株情報サイト

M&Aを手掛けた東大卒元商社マン(証券アナリスト資格有、現在はFIREを達成し専業投資家)が主に米国株の理論株価を全力分析!(平日毎日12時更新)

ズーム2Q決算 次Q予想EPSは事前予想を下回った理由

ime-ji_20210602.png


8月30日にズームビデオが2021年5月~7月の決算発表を行いました。
結果は、次Q予想EPSのみ事前予想を下回る結果。

<ZM 2021年5月~7月期決算概要>

ZM (単位:$)
予想実績前年同期比
売上高990.96M1,021.495M54%
調整後EPS1.161.3648%
次Q予想売上高
通期予想売上高
1.01B
4.01B
$1.015B ~ $1.020B
$4.005B ~ $4.015B
-
次Q予想EPS
通期予想EPS
1.09
4.67
1.07 ~ 1.08
4.75 ~ 4.79
-


・次Q予想EPSのみ事前予想を下回る。

・売上高推移。今期以降は前年対比が厳しくなる。
売上推移_20210831
出典:ズーム決算資料

・地域別売上では米州以外が伸びている。
地域別売上推移_20210831
出典:ズーム決算資料

・ズームフォンでは、年間収益$100K以上の顧客が前年比241%増加。
ズームフォン_20210831

・各項目マージン。売上に対する角費用の比率が上がり、Non GAAPの営業マージンは微減。R&D費用やマーケティングでかなり投資している印象。
マージン_20210831
出典:ズーム決算資料


<コメント>

・成長に陰りが見えるということで、アフターマーケットでは10%超の下落。

・カンファレンスコールでCFOから、今後人々が外に出回ることに関してオンラインセグメントにとっては逆風。この逆風が想定よりも早く来た、とコメントあり。次Q予想EPSが事前予想を下回ったのはワクチン普及の速さが予想外だったのかもしれません。

・但し、人々がオフィスに戻ることで、ズームルームやズームフォンにとっては追い風。事実、ズームフォンでは、年間収益$100K以上の顧客が前年比241%増加。

・Net Dollar Expansion Rate(既存顧客の売上が前年度からどの程度増減しているかを示す指標)は相変わらず130%を超えており、既存顧客はZoomサービスの利用を拡大している。これが続くだけでもズームは既存顧客のみからでも成長できる。

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。
関連記事


[ 2021/08/31 19:00 ] 8.企業研究 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【生年】:1987年
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:現在はセミリタイアし専業投資家。元総合商社勤務(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:資本を通じて社会に貢献すること


プロフィール詳細はこちら

PR
株式投資本の王道
















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら