バフェット部 FIRE達成の東大卒元商社マンの米国株情報サイト

M&Aを手掛けた東大卒元商社マン(証券アナリスト資格有、現在はFIREを達成し専業投資家)が主に米国株の理論株価を全力分析!(平日毎日12時更新)

AT&T vs Verizon!2021年2Q決算にみる両社!


先週VerizonとAT&Tが2021年2Qの決算発表を行いましたので、結果と両社の比較を行います。

1.Verizonの決算結果

予想実績前年同期比
売上高32.68B33.76B11%
調整後EPS1.291.3721%
通期予想売上高---
通期予想EPS5.125.25 ~ 5.358%


・無線通信の新規契約者数が54.6万人と前年同期比50%増加、内携帯のポストペイド新規契約者27.5万人増(前年同期は17.3万人増)。契約者数合計は1.21億人と昨年対比1.2%増加

・新規契約者増による、無線通信機器売上高が48%伸びたことがトータルの売上高増を牽引。

・ポストペイドの無線通信契約の解約率は0.94%(前年同期0.78%)で、その内、携帯が0.76%(前年同期0.58%)。解約率の上昇は要注視。


2.AT&Tの決算結果

予想実績前年同期比
売上高42.64B44.04B8%
調整後EPS0.790.897%
通期予想売上高174.39B175.19B ~ 176.91B2% ~ 3%
通期予想EPS---


・携帯のポストペイド新規契約者78.9万人増と前年同期の15.1万人減から一転。

・新規契約者増による無線通信機器売上高が32%増

・Warner Mediaは米国の有料会員数が47百万人(前年同期比29%増)、全世界合計で67.5百万人(同21%増)。売上高は8.8Bで31%増。

・ポストペイドの無線通信契約の解約率は0.87%(前年同期1.05%)で、その内、携帯が0.69%(前年同期0.84%)。解約率は改善。


3.AT&T vs Verizon

・重要指標であるポストペイド携帯新規契約者数はAT&Tが78.9万人増に対し、Verizoは27.5万人増でAT&Tが圧勝。解約率でみてもAT&Tが良い。

・両社ともに無線通信の業績は好調だが、AT&Tは相変わらず有線通信部門が足を引っ張っているため、全体としてはVerizonの方がよく見える。

・通信部門以外ではAT&TのWarner Mediaが好調。有料会員数もかなり伸ばしており、同部門売上高の全体に占める割合は約20%に到達。

・Verizonもメディア部門があり前年同期比50%の伸びを見せているが、全体に占める割合が6%しかなく全体への影響力はない。

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。
関連記事


[ 2021/07/26 11:56 ] 8.企業研究 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【生年】:1987年
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:現在はセミリタイアし専業投資家。元総合商社勤務(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:資本を通じて社会に貢献すること


プロフィール詳細はこちら

PR
株式投資本の王道
















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら