バフェット部 FIRE達成の東大卒元商社マンの米国株情報サイト

M&Aを手掛けた東大卒元商社マン(証券アナリスト資格有、現在はFIREを達成し専業投資家)が主に米国株の理論株価を全力分析!

Netflixの有料会員が北米で減少!2021年2Q決算!

image_NFLX.png


ネットフリックスが2021年4~6月期の決算を発表。
結果は以下の通りでした。

<決算結果>
1.2021年2Q実績

NFLX
予想実績前年同期比
売上高7.32B7.34B19%
調整後EPS3.152.9787%
次Q予想売上高7.48B7.477B16%
次Q予想EPS2.172.5547%


<コメント>
・EPS実績のみ予想を下回る結果に。

・売上は有料会員が11%増加したこと、会員当たり単価が8%増加したことが主因

・前四半期対比では営業利益が6%減。コスト増が売上増を上回る。

2.有料会員数データ

下表は、年別の12か月間の会員の伸び具合を表したグラフ。

有料会員数推移_20210721

出典:ネットフリックス決算説明資料

下表は地域別の会員数推移

地域別有料会員数推移_20210721

出典:ネットフリックス決算説明資料

<コメント>
・2021年は例年に比べて伸び具合が悪い。2020年に需要の先食いをした感はあり。

・そしてなんといっても、最も単価の高い北米の有料会員数は前四半期対比で減少。ここ数年で初めての減少。

・次に単価の高いEMEAの有料会員数の伸びも鈍化。

・Netflixは事業展開しているそれぞれの国の俳優と言語を用いたオリジナルコンテンツ制作に力を入れ始めており、今後はまだ会員獲得の期待できる欧米以外が注力エリア。但し、それらエリアは単価が低い傾向あり。

3. 競争環境

以下は、米国のTVスクリーンで視聴される動画に占める各サービスの割合。

シェア_20210721

出典:Nielsen、ネットフリックス決算説明資料

<コメント>
・米国のTVスクリーンで視聴される動画の内、ストリーミング動画の占める割合は27%、Netflixは7%。視聴時間としてはシェア拡大の余地あり。但し、有料会員増につながるかは別問題。

・DiscoveryとWarner Mediaの合併や、AmazonのMGM買収等、ストリーミング業界では再編が相次ぐが、これらはNetflixの成長を妨げる脅威にはならないと考えているとのこと。

・Netflixも買収機械は常に模索しているが、今のところ魅力的な機会は見つかっていない模様。

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。
関連記事


[ 2021/07/21 10:30 ] 8.企業研究 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【生年】:1987年
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:現在はセミリタイアし専業投資家。元総合商社勤務(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:資本を通じて社会に貢献すること


プロフィール詳細はこちら

PR
株式投資本の王道
















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら