バフェット部 FIRE達成の東大卒元商社マンの米国株情報サイト

M&Aを手掛けた東大卒元商社マン(証券アナリスト資格有、現在はFIREを達成し専業投資家)が主に米国株の理論株価を全力分析!(平日毎日12時更新)

人生の最後まで自分の面倒は自分で見る~社会保障問題への抜本的解決案~


高齢化著しい日本では社会保障給付費はうなぎのぼり

社会保障給付費_20210624
出典:厚生労働省


この原因はもちろん高齢者の激増

高齢者推移_20210624
出典:総務省統計局


社会保障給付費の財源は現役世代からの保険料収入と公債。

保険料収入_20210624
出典:財務省


現役世代の負担率も当然上昇

社会保険料率の変遷

出典:公表資料を基に著者が作成

しかも実質賃金が減少傾向にある中の負担増

実質賃金指数_20200623


今後も少子高齢化は明らかに続く

人口減少現状_20200511

出典:内閣府



マクロ経済スライドで、現役世代の負担を抑制する制度は導入しているものの、
高齢者の収入を減らしているだけで根本的な解決にはなっていない。





個人的には、

「人生の最後まで自分の面倒は自分で見る」

ということを提案したい。

人間というのは本来こうあるべきだと思う。

生きることの全てを誰かに頼って生きていけるほど甘くないはずだ。

ここで必ず突っ込まれるのは、

「とはいっても、年を取ったら体も頭も思うように動かず働けないではないか!」

という疑問。

資本主義は、この疑問に対して何百年も前から答えを用意してくれている。

働ける若いうちは労働収入で稼ぎ、年を取って動けなくなれば資本収入で稼げばいいのだ。

つまり若いうちは労働によって社会に貢献し、年を取ったら資本を通じて社会に貢献すればいい!

そうすれば、一生社会に貢献をして一生収入を得られる!

そのために、若いうちに目いっぱい働いて資本を蓄積していく必要がある!

今天引きされている社会保険料を蓄積していくだけでも相当な額になるはずだ。

そして、それだけでは足りずやはりその資本を若いうちから運用しなければならない。

そのためには金融リテラシーをもっと上げるための教育を充実させる必要があるだろう。

少子高齢化社会ではもうこれしかないと思う。

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。
関連記事


[ 2021/06/24 11:57 ] 15.経済の勉強部屋 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【生年】:1987年
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:現在はセミリタイアし専業投資家。元総合商社勤務(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:資本を通じて社会に貢献すること


プロフィール詳細はこちら

PR
株式投資本の王道
















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら