バフェット部 FIRE達成の東大卒元商社マンの米国株情報サイト

M&Aを手掛けた東大卒元商社マン(証券アナリスト資格有、現在はFIREを達成し専業投資家)が主に米国株の理論株価を全力分析!(平日毎日12時更新)

原油価格が100ドル/bblに達すると思われてる6つの理由~リモートワークはガソリン需要を増やす?~

原油image_20220622


米国アナリストの間で、アフターコロナの経済回復局面では、
原油価格はさらなる上昇余地がある、と言われています。

バンクオブアメリカのコモディティストラテジストは、6/21の月曜日に以下の理由で
原油価格は100ドルに達する可能性があるとみているとのこと。

<需要サイドの要因>
1.長期のロックダウンで抑圧されていた移動需要の反動
2.マストランジット(電車や飛行機など)の需要回復は遅れ(コロナのなごりで)、長期にわたってマイカー使用が増える
3.コロナ後も定着するであろうリモートワークが逆にドライブ需要を増やす可能性がある

<供給サイドの要因>
4.パリ協定の目標達成のために政府の規制によりエネルギー関連設備投資が抑制される
5.投資家も、財務とESGの観点からエネルギーセクターにおける投資に消極的
6.CO2排出抑制のための司法圧力が増している

つまり、需要は増加するも、供給は引き続き抑制されるとの見方から原油価格に上昇圧力がかかる。
よって、供給を増やせる余地のあるOPECプラスが価格相場を握る展開になるとの見方。

また、ゴールドマンサックスのストラテジストも

「短期でいうとOilは「買い」だと確信している。原油価格は今年の第三四半期に80ドル/bbl或いはそれ以上に達するとみている。
原油需要のけん引役が、米国から欧州や需要改善の見られる途上国に移り、世界の原油需要は数週間前の95百万バレル/日から97百万バレル/日に上昇している」

とコメント。

ちなみに、原油在庫は以下の通り、昨年のピーク以来減少傾向が継続中。

原油在庫_20220622
出典:EIA

<著者コメント>

①原油の「供給サイド」の見方

上記の見方で注意が必要なのが原油の「供給サイド」の見方。

というのも世界の原油生産量の約半分を占めるOPECプラスは、
コロナ後に協調減産を実施中で未だに増産余地は十分にあるからです。

<OPECプラス協調減産幅推移>

2020年
5月~7月:日量970万バレル程度
8月~12月:日量770万バレル程度

2021年
1月:日量720万バレル程度
2月:日量712.5万バレル程度+サウジ単独で日量100万バレル追加減産
3月:日量705万バレル程度+サウジ単独で日量100万バレル追加減産
4月:日量690万バレル程度+サウジ単独で日量100万バレル追加減産
5月:日量655万バレル程度+サウジ単独で日量75万バレル追加減産
6月:日量620万バレル程度+サウジ単独で日量40万バレル追加減産
7月:日量576万バレル程度


7月時点でも日量576万バレル程度の減産を行う予定で、多少の需要の増加であれば減産緩和で飲み込んでしまえる範囲です。


②リモートワークが逆にドライブ需要を増やす

これは面白い見方!

普通に考えれば、リモートワークが主流になると通勤が不要になり、
車通勤が一般的な米国においてはガソリン需要は減りそうなもの。

一方で、米国人の仕事のスタイルとして、

朝出勤
仕事前に職場近くのジムでトレーニング
昼には徒歩でランチや薬局に行き
帰り道にスーパーによって買い物をし
帰宅

といったような行動様式があるとのこと。

都市圏では必要なものは基本的に徒歩圏内にあるのが諸々の移動を効率かさせています。

これが郊外の自宅でリモートワークしていたらどうでしょうか?

ジムに行くにも、薬局に行くにも、スーパーに行くにも全て車で移動することになるでしょう。

これをちょくちょく往復していると、意外にも出勤時よりも長い道のりをドライブしていることになるという例もあるようです。

また、ずっと自宅でリモートワークをするのも退屈なので、例えば車で自然あふれるところに行って、
自動車の中で仕事をして、合間に外でリフレッシュみたいな仕事スタイルも普及しているようです。

つまり、リモートワークによって逆にドライブ需要が増える可能性も十分にあるとのこと。



この点は未だ数字の根拠のある話ではなさそうですが、いずれにてしても
ロックダウンで抑制されていた需要は爆発するでしょうから、世界でワクチンが普及するにつれて原油需要は間違いなく今後も増加するでしょう。

これがOPECプラスの減産幅の範囲内に収まらなければ、原油価格は100ドル/bblに達する可能性は十分にあると思います。


応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。
関連記事


[ 2021/06/22 11:33 ] 15.経済の勉強部屋 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【生年】:1987年
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:現在はセミリタイアし専業投資家。元総合商社勤務(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:資本を通じて社会に貢献すること


プロフィール詳細はこちら

PR
株式投資本の王道
















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら