バフェット部 FIRE達成の東大卒元商社マンの米国株情報サイト

M&Aを手掛けた東大卒元商社マン(証券アナリスト資格有、現在はFIREを達成し専業投資家)が主に米国株の理論株価を全力分析!

中古市場ではなぜ高品質のものが出回らないのか?

逆選択イメージ


中古車、中古住宅、メルカリなどでの中古品販売市場においては、

高品質のものが出回りにくいというのが経済学的に指摘されています。

これは販売者と購入者の間の情報の非対称性から生じる「逆選択問題」(レモン問題ともいわれます)に起因します。

逆選択問題とは、ノーベル賞受賞者であるJ.アカロフが指摘した問題で、この問題点を中古車の例を使って説明しました。

中古車というのは販売者と購入者の間で情報の非対称性が生じる典型的な市場です。

販売者としては、販売しようとしている中古車のどの当たりが調子が良いのか悪いのか、事故歴があるのかないのか、よくわかっています。

よって、販売者は販売しようとしている中古車の品質の高さに応じて販売価格を決めます。

一方、購入者側には、その中古車に対する基本的な情報が販売者に比べて圧倒的に不足しています。

よって、購入者は平均的にはどの程度の品質の中古車が手に入るのかと考えて、その平均的な品質に応じて購入価格を決めます。

この点を具体的な数値で確認してみましょう。

例を簡易化するために、中古車の品質には高品質と低品質の二種類しかないものとします。

販売者は、販売しようとしている中古車が

・高品質であれば最低でも160万円
・低品質であれば最低でも80万円

で売りたいと思っているとしましょう。

逆に購入者は、購入しようとしている中古車が

・高品質であれば最大200万円
・低品質であれば最大100万円

支払ってもいいと思っているとしましょう。

仮に情報の非対称性が存在しなかったら、

・高品質の中古車は160万円~200万円のどこか
・低品質の中古車は80万円~100万円のどこか

で取引が成立することになります。

但し情報の非対称性がある場合、ほんとは高品質の中古車でも、購入者側にはわからないので、200万円まで払う気になりません。

ここで購入者が考えることは、平均をとって、市場に出回っている中古車のうち

・50%が高品質で
・残りの50%が低品質

だと考えるでしょう。

そのため、購入者としては

200万円×50%+100万円×50% = 150万円

が最大支払ってもいいと考える価格ということになります。

すると、高品質の中古車の販売者にとって150万円は最低売却価格160万円を下回っているので、中古車を販売しないという選択をします。

一方、低品質の中古車の販売者にとって150万円は最低売却価格80万円を上回っているので、販売することを選択します。

つまり、上記の例では高品質の中古車は市場に供給されず、低品質の中古車のみが市場に供給されることとなります。

これが「逆選択」と呼ばれる現象です。

この状況は当然購入者の予想にも影響を与えます。

購入者も低品質の中古車のみが市場に出回ると予想できますから、購入者は50%ではなく100%が低品質車だと考えます。

その結果、購入者が支払ってもいいと考える最大価格は100万円となります。

このように最終的には、低品質の中古車だけが取引され、取引価格は100万円と80万円の間に決まることになります。

こうして、情報の非対称性によって高品質車の取引が成立せず、結果的に中古市場ではなぜ高品質のものが出回らないということになるのです。

以下の記事で、住宅購入における人々の「新築信仰」の理由について記載しましたが、経済学的にもこれは合理的な選択に基づくものだと言えます。

日本の空き家はなぜ増え続けるのか?

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。
関連記事


[ 2021/06/09 10:56 ] 15.経済の勉強部屋 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【生年】:1987年
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:現在はセミリタイアし専業投資家。元総合商社勤務(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:資本を通じて社会に貢献すること


プロフィール詳細はこちら

PR
株式投資本の王道
















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら