バフェット部 FIRE達成の東大卒元商社マンの米国株情報サイト

M&Aを手掛けた東大卒元商社マン(証券アナリスト資格有、現在はFIREを達成し専業投資家)が主に米国株の理論株価を全力分析!

アリババ 2021年1~3月期決算速報

アリババ_20200714


中国Eコマース大手のアリババが2021年1~3月期決算を発表しました。

<決算結果>

Alibaba
予想実績前年同期比
売上高27.8B28.6 B64%
調整後EPS1.791.58 (※)12%
通期予想売上高143.75B141.95
通期予想EPSNANA
※独禁法違反の罰金$2.8bilは除く。これを含めるとEPSはマイナス0.3


<著者コメント>

・売上高は予想を上回るも、調整後EPSと売上予想は事前予想を下回った。

・主力のEC売上は前年比40%と引き続き堅調。海外向けECも77%増と好調。
また、主に地方在住の低所得層向けのTaobao Dealsも年間Active Userが1.5億人に達し急成長中(競合のPinduoduoは7.8億人)。

・戦略的重点分野のNew Retail(主に生鮮食品などを扱うリアル店舗)は前年同期比134%増加。昨年末買収を発表した中国スーパーマーケットチェーン最大手Sun Artの業績を今期から取り込んだことが寄与。

・将来の収益の柱として期待のCloudは前年同期比37%増と伸び率は縮小。大口顧客の解約が主因。

・食品デリバリーのEle.meも前年同期比50%増と好調。

・売上の伸びに対して、EPSが伸びなかった理由はコスト増が原因。Sun Art等、利益率の低いリアル店舗事業の割合が増えたこと、Ele.meで顧客獲得費用が増加したことが等により営業利益率が悪化。

・Ele.meは先行投資と考えられるが、近年割合を増やしているリアル店舗事業による利益率悪化は恒常的なものなのでアリババの評価が下がる要因になりうる。

・アリババはコマースのサプライチェーン全てを取り込むべく、Sun Art、Tmall Mart、Freshippo等のリアル店舗事業、Ele.me等の食品デリバリーなどにも事業を拡大している。コマースにおいてオンラインとオフラインを融合することで効率的なコマースを目指す。
その一方で、利益率の悪い分野に足を踏み入れていることにもなり、これが将来的にアリババの成長にどう寄与するかは要注目。

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。
関連記事


[ 2021/05/14 11:57 ] 8.企業研究 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【生年】:1987年
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:現在はセミリタイアし専業投資家。元総合商社勤務(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:資本を通じて社会に貢献すること


プロフィール詳細はこちら

PR
株式投資本の王道
















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら