バフェット部 FIRE達成の東大卒元商社マンの米国株情報サイト

M&Aを手掛けた東大卒元商社マン(証券アナリスト資格有、現在はFIREを達成し専業投資家)が主に米国株の理論株価を全力分析!(平日毎日12時更新)

僕がグーグルの将来に強気な理由

Alphabet.png


私は、GAFAの中でもとりわけGoogleの将来性が期待できると思っています。

まずは4/27にGoogleの親会社であるアルファベットが2021年第一四半期の決算を発表したのでこれを確認してみます。

結果はぶっちぎりに良い内容でした。

<2021年1Q決算結果>

予想実績前年同期比
売上高51.7 B55.314 B34%
調整後EPS15.8220.51108%


※調整後EPSは以下の計算
Diluted EPS +26.29
減価償却期間変更によるEPS押上効果の削除 -0.95
保有株の株価上昇によるEPS押上効果の削除 -4.83

20210428_Google決算
出典:Google決算資料

<コメント>

・売上高、調整後EPSの伸び、予想の上回り方、各セグメントの伸び、どれをとってもほれぼれとするような非の打ちどころのない内容。

・Google Cloudの売上高が前年対比46%増、営業利益ベースでも黒字化の兆し

・YouTubeの売上高が前年対比49%増で絶好調

・追加で最大50Bまでの自社株買いを決定

<僕がグーグルの将来に強気な理由>

・まずは既存ビジネスの圧倒的な強さです。Googleの利益の大部分は、検索エンジンやクロム、マップ、アンドロイド、YouTube等のGoogleプロダクトから得られる広告収入です。

・例えば大黒柱の検索エンジンは、その圧倒的なクオリティの高さから、既に消費者からも圧倒的な信頼を獲得しており、今後Googleを脅かす検索エンジンを提供できる企業は現れないでしょう。正直、自分もいくつかの検索エンジンを使ってみて、やはり自分の得たい情報がダイレクトに表示されるのはGoogleだけです。

・またYoutubeも確固としたプラットフォームになったといえるでしょう。自分自身も家事や寝る前などはラジオ代わりにYoutubeを聞くのが習慣ですし、日本では多くの芸能人がYoutubeに参入してここ1~2年でコンテンツが莫大に増えました。

・そして僕が今後のGoogleにとっても期待しているのはSegmentの中の「Other Bets」です。

・Googleは既存プロダクトから得られる莫大な広告収入を、未来の収益の柱となりうる対象に投資しまくっています。これを既存プロダクト以外に賭けるという意味で「Other Bets」としています。

・例えば、よい例は自動運転です。2020年代に確実に自動運転が商用化されるとみられていて、その最先端を走るのがアルファベットの子会社であるウェイモなのです。自動運転にとって最も重要なものの一つは走行データであり、ウェイモは世界の自動運転システムを牛耳る可能性があります。グーグルは自動運転を10年以上前から研究していたのです。

・また、マイクロソフトCEOのサティアナデラが著した「ヒットリフレッシュ」では我々の未来を大きく変える以下3つのテクノロジーを紹介しました。GAFAM各社それぞれ、以下三つに莫大な研究開発費を投じていますが、少なくとも量子コンピューターに関してはGoogleが頭一つ抜けています。

①AI
②量子コンピューター
③MR(仮想現実(VR)と拡張現実(AR)を合わせた複合現実)

・その他にもGoogleは、老化とそれに伴う病気に関する研究を行うバイオテクノロジーの研究や、気球を用いた空の移動体通信基地局事業も行っています。

・つまり、「Other Bets」の中身は様々な研究対象から構成され、短期的にいうと自動運転、中期的にいうと量子コンピューター・MR、長期的にいうとバイオテクノロジーと、結果的にはうまいこと世に出る時間軸が分散され、今後10年20年の内に、この「Other Bets」の中から、次々と世の中をがらりと変えるサービスが出てくると思います。

・グーグルのやっていることに関する深い分析は以下ご参照。

Alphabetはどこへ向かうのか?①
Alphabetはどこへ向かうのか?②
Alphabetはどこへ向かうのか?③

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。
関連記事


[ 2021/04/28 11:57 ] 8.企業研究 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【生年】:1987年
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:現在はセミリタイアし専業投資家。元総合商社勤務(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:資本を通じて社会に貢献すること


プロフィール詳細はこちら

PR
株式投資本の王道
















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら