バフェット部 セミリタイアした東大卒元商社マンの米国株情報サイト

M&Aを手掛けた東大卒元商社マン(証券アナリスト資格有、現在はセミリタイアし専業投資家)が主に米国株の理論株価を全力分析!

バフェット最新ポートフォリオ(2017年3月31日時点)

こんばんは!りろんかぶおです!

このブログでは、様々な企業の理論株価を計算して皆様に幅広くお伝えし、
株式投資をする皆様が「割安株を買う」ことを
少しでもお手伝いすることが目的です。

今回は割安株投資で世界一の投資家ともいわれている

ウォーレンバフェットの保有株式の最新ポートフォリオ

を見ていきましょう。
(米国証券取引委員会に提出されている公開株のみ)

バフェット最新ポートフォリオ(2017年3月31日時点)
ウォーレンバフェット最新ポートフォリオ(2017年3月31日時点)
バフェット 2017年1月~3月売買銘柄
売買銘柄20170331

バフェットは魅力的な企業の株を魅力的な株価で購入できるのであれば、分散投資なんかする必要はないというスタンスで、これまで市場平均株価を圧倒的に上回るパフォーマンスを上げてきました。

そして今回の注目はなんといっても

1. Apple株の大量購入!
2. ビッグ5の一角IBMの大量売却。。


1.Apple株の大量購入!

Appleの理論株価分析はこちら

バークシャーは2016年前半に初めてAppleを購入し、市場を沸かせましたが、
2017年1月~3月で更に大幅に買い増しを行いポートフォリオの中でも3番目に大きなシェアを持つようになりました。

Appleは既に時価総額が世界一の会社ですがビジネスモデルは比較的シンプル

Appleは20兆円強ある売上の内、まさに63%はiPhoneの売上なのです!

そしてバフェットはAppleの超主力商品のiPhoneは「粘着性のある」商品と表現しており、
今後も人々に愛され続けることを確信しているようです。

とてもシンプルなビジネスモデル、強力なブランド力という観点で、Appleはまさにバフェットが気に入りそうな銘柄ですね。

2. ビッグ5の一角IBMの大量売却。。

IBMの理論株価分析はこちら

2017年4月以降も含めると、バフェットはIBM保有株の30%を売却したとのことです。

このニュースには驚きましたね。

バフェットによると

「6年前と同じようにIBMを評価できなくなった。やや下向きに再評価した。
また、ハイテクセクターには巨大かつ強力なライバルがいる」


とのこと。

バフェットはIBMのビジネスモデル変革がもっと早く順調に進むと思っていたのですが、
結果的には現在も売り上げは減り続け20四半期連続売上減という状況です。。

但し、バフェットはいまだに2/3は保有し続けているというのは事実!

IBMの今後につき、やや懐疑的なものの引き続き期待している、

といった感じでしょうか。

今後もバフェットの最新ポートフォリオは
適宜アップデート(四半期に一度)していきますので、
お楽しみに!!

りろんかぶお

その他の米国株関連人気ブログはこちら↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。
関連記事


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【生年】:1987年
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:現在はセミリタイアし専業投資家。元総合商社勤務(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:資本を通じて社会に貢献すること


プロフィール詳細はこちら

PR
株式投資本の王道






















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら