バフェット部 FIRE達成の東大卒元商社マンの米国株情報サイト

M&Aを手掛けた東大卒元商社マン(証券アナリスト資格有、現在はFIREを達成し専業投資家)が主に米国株の理論株価を全力分析!

「アラブのバフェット」投資家アルワリード王子はどのように巨額の富を築いたのか②

イメージ_20200201


アラブのバフェットと呼ばれる世界的投資家アルワリード王子を御存じでしょうか?

サウジアラビアの王家サウード家の一員にして投資家で、なんと2000年代のフォーブズ世界長者番付ではTop10の常連でした。当然アラブ世界ではNo 1のお金持ちでした。

アメリカ人(及びアメリカへの移民)以外で最も成功した投資家といわれており、これまでシティグループ、アップル、ディズニー、ツイッター等、超有名な上場企業への投資で財を成したこともあって、「アラブのバフェット」と呼ばれる男です。

また、2015年には自身の全財産を段階的に寄付することを公表しており、その額なんと約4兆円(当時の為替レート)!

日本ではあまり知られていない規格外の男の人生について分析してみたいと思います。今回は第二回です。

第一回は以下↓

「アラブのバフェット」投資家アルワリード王子はどのように巨額の富を築いたのか①

4.グローバル企業に続々投資(2000年代)

2000年代のアルワリードはフォーブズ世界長者番付でTop10の常連となっておりました。
これは、1990年代に巨額投資を行った、シティグループやアップルが大幅に上昇したのが大きいと思います。

そんな中でもアルワリードの投資意欲は衰えません。

1990年代は高級ホテルや高級スーパーなどに多く投資しました。

2000年代は、AOL(インタネットサービス)、MCI(通信)、Fox(ブロードキャスト)などのメディアや通信会社に投資を行っていきました。

更には、フォードモーターやコカ・コーラなどの毛筋の異なる企業にも投資を実行。

そして投資の対象をさらに世界に広げ、アジアやアフリカにも次々と投資を行っていきました。

5.全財産寄付と拘束(2010年代)

2010年代に入っても彼氏の投資意欲は衰えない。

2011年にツイッターに300百万ドル投資を行ったり、ライドシェアのウーバーやリフト、中国EコマースのJD.comに投資を行ったり、いわゆる今時の企業に大型の投資を行っている。

そんな最中の2015年、アルワリードは個人資産320億ドル(当時の為替レートで約4兆円)の全額を、段階的に慈善事業に寄付すると公表。

資金は自身の名を冠した慈善団体を通じ、医療関連や女性の権利向上などの分野に分配されるとのこと。

また、2017年にはサウジアラビアのムハンマド皇太子が、アルワリード含む少なくとも11人の王子と多数の閣僚らを汚職容疑で拘束したことがニュースになった。

結局3か月ほどで釈放され、アルワリード自身は、拘束は皇太子側の「誤解」によるもので、拘束中はニュースを見たり、散歩したり、泳いだり、エクササイズをして過ごしたと述べ、「まったく問題はない。全て順調だ」とのコメントを残し、事件がそこまで重大なものではなかったことをアピール

6.アルワリードの現在のポートフォリオ

そんなアルワリードの現在の投資先がKingdom HoldingのHPに公開されています。
https://kingdom.com.sa/investment

最終更新日がいつかは不明ですが、HPによると以下の通り。カッコ内はKingdom Holding社の投資時期。

・航空関連
Flynas(2007年)
NasJet

・銀行
シティグループ(1991年)
Banque Saudi Fransi(2017年)

・デジタルサービス
Deezer(2018年)

・Eコマース
JD.com(2010年)

・教育
Kingdom Schools Company(2000年設立)

・ホテル
Kingdom Hotel Investments(2001年設立)
Four Seasons(1994年)
Accor(2016年)
Savoy(2005年)

・ヘルスケア
Kingdom Hospitals and Consulting Clinics(2000年設立)

・石油化学
Tasnee(1995年)

・ファンド
Five Capital Fund(2015年設立)

・不動産
Jeddah Economic Company(2009年)
Kingdom Centre(1998年設立)
Real Estate Investment Company(1997年設立)

・ライドシェアリング
Uber(2017年)
Lyft(2015年)

・ソーシャルメディア
ツイッター(2011年)

7.アルワリードの投資戦略

Kingdom HoldingのHPによると同社の投資戦略は以下です。

①企業価値や投資家の信頼を強固にする確立されたブランド力を保持する企業
②優れた経営陣を持ち、持続的な成長と優れた業績を残してきた企業
③成長力が強く付加価値の高いセグメントにある企業
④他投資家が見落としている割安な企業
⑤我々が持つ中東をはじめとした世界の政府やビジネスリーダーとのネットワークを生かせる企業

優れたブランド力、優れた経営陣、割安、という点で非常にバフェットと似ていますね。
つまりこれこそが投資で成功するために必要な思想なのだと思います。

STOP

アルワリードは、全財産寄付を公表した時点で個人資産が4兆円ほどあったわけですが、これを一代で築いたというのはとても夢がありますね。

例えば、ジェフベゾスやビルゲイツなどは、起業家として、自身の作った会社が興した事業が大きくなって結果的に大金持ちになったのですが、アルワリードやバフェットなどは、株式投資を行って同等程度のお金持ちになっているわけですから、意味合いが異なります。

投資家としては、アルワリードやバフェットなどの投資哲学を学んでいくことが身になるのだと思います。

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。
関連記事


[ 2021/02/02 10:59 ] 14.投資の勉強部屋 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【生年】:1987年
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:現在はセミリタイアし専業投資家。元総合商社勤務(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:資本を通じて社会に貢献すること


プロフィール詳細はこちら

PR
株式投資本の王道
















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら