バフェット部 セミリタイアした東大卒元商社マンの米国株情報サイト

M&Aを手掛けた東大卒元商社マン(証券アナリスト資格有、現在はセミリタイアし専業投資家)が主に米国株の理論株価を全力分析!

日本でも脱物質化が始まってきた

20201215_toppu.png


資本主義というのは、無限に人間の欲望を拡大させ、限りある地球資源を無限に消費していくものだと思われてきました。

経済成長を目指すということは、資源消費を増やすことと同義であり(実際にはサービスも含まれますが)、現在のシステムを続ける以上、資源の消費は増え続けるものと思われています。

そこに反論を示したのが、今年9月に日本で発売された「More from less」


この本では、

経済が成長しても資源は枯渇しない。
大量消費の資本主義は終わり、先進国の資源消費量はピークを越えた。
技術の進歩は、経済の繁栄と脱物質化を両立させる

というような内容が紹介されています。

資本主義、技術革新、政府、人民の自覚の4つが揃えば、世界は資源問題やあらゆる環境問題にうまく対処していけるだろうと説明するのです。

本の中では、米国の実質GDP(つまり消費)が長期にわたって順調に成長してきたのに対し、エネルギー消費量、金属消費量、建築材消費量などが2000年以降にピークに達し、近年では減少傾向にあるという衝撃の事実を紹介しております。

つまり、技術革新により、我々は少量の資源からより多くのモノを作れるようになったことを示しているのです。

言い方を変えれば、生産性の向上ペースが、消費の増加ペースを上回ったと言えます。

そしてこの技術革新には資本主義という競争社会が原動力になっているのです。

つまり、環境問題や資源問題を語るときに、必ずといっていいほど資本主義が悪者にされてきましたが、これらの問題を解決する上で資本主義はなくてはならない、と説明するあたりが今までと異なる面白いポイントです。


今回は、本書で語る脱物質化が日本でも起こっているのかを調べてみました。

1.実質GDP

20201215GDP.png
出典:世界経済のネタ帳

日本の実質GDPはバブル崩壊以降、長期停滞しているイメージですが、緩やかではあるものの、上昇基調にあることがわかります。

つまり消費は緩やかに増えている。

普通に考えれば、消費が増えているということは、投入されるエネルギーや資源の量も増えていくことが予想されますがどうでしょうか?

2.国内最終エネルギー消費量

20201215_最終エネルギー消費
出典:エネルギー白書2020

最終エネルギー消費量ですが、実は2000~2005年あたりにピークを付け、それ以降減少傾向にあります。

これは、LEDやハイブリッド車、高効率家電など、省エネ技術の進歩などによるエネルギー効率改善が急速に進んだ結果といえます。

3.金属消費量

20201215_普通鋼材
出典:日本鉄鋼連盟

20201215_銅消費
出典:JOGMEC

20201215_鉛消費
出典:JOGMEC

20201215_アルミ消費
出典:日本アルミニウム協会


金属消費量に関して言うと、銅や鉛の消費量に関して言うと明確な現象トレンドは確認できないものの、増加しているとも言えない状況。

普通鋼材やアルミに関して言うと、明確に減少トレンドが確認できます。


4.温室効果ガス排出量

20201215_GHG排出量
出典:環境省

次に温室効果ガス排出量に関してですが、これも2013年をピークに減少傾向にあります。

近年、地球温暖化が世界的な問題と認識されており、それに伴い、課題解決のためのスタートアップ企業が続々と出てきて、それらの企業に資本が集まるという構図が生まれているため、技術革新に拍車がかかっている言えます。

この地球温暖化問題をドライバーとして、技術革新がおこりエネルギー消費量が減少しているということも言えるかもしれません。


5.まとめ

上記で見てきた通り、日本では実質GDPが緩やかな上昇傾向にある中、エネルギー消費量、金属消費量などは減少傾向にあることが見て取れ、More from lessで謡われているように日本でも脱物質化が進行していることが確認できました。

更に、2020年は世界的な新型コロナ蔓延に伴い、急速なデジタル化(リモートワーク、ビデオ会議)がおこり、今後もこのような習慣が定着すると、人々の移動は大幅に減少し、作業は効率化すると思われます。

これを期に、エネルギー消費量のさらなる低下、温室効果ガス排出量のさらなる低下が見込めると思われます。

但し忘れてはならないのは、これはあくまで日本単体で見た時の話です。

世界全体でみると、以下の通りエネルギー消費量はいまだに増加傾向にあります。

20201215_最終エネルギー消費 世界
出典:エネルギー白書2020

これは、発展途上国や新興国では、まさに急速な経済成長の最中にあり、人々の消費の拡大ペースが、生産性の向上ペースをまだまだ上回っているからといえます。

このように、先進国でいくら頑張っても新興国が急速に伸びてきてしまうと、結局全体でみると環境問題は当分悪い方向に進んでしまうので、ここは難しい問題で、今後世界全体で解決していかねばならない問題でしょう。

以上

いつもありがとうございます。参考になったと思って頂けた方は応援ボタンを押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。
関連記事


[ 2020/12/15 12:20 ] 22.投資家としてSDGsに取組む | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【生年】:1987年
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:現在はセミリタイアし専業投資家。元総合商社勤務(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:資本を通じて社会に貢献すること


プロフィール詳細はこちら

PR
株式投資本の王道
















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら