バフェット部 セミリタイアした東大卒元商社マンの米国株情報サイト

M&Aを手掛けた東大卒元商社マン(証券アナリスト資格有、現在はセミリタイアし専業投資家)が主に米国株の理論株価を全力分析!

バイドゥは割安に放置されている?③~バイドゥの広告収入はなぜいまいちなのか?~

バイドゥロゴ_20201006


中国のGoogleといわれるバイドゥ。

最近は中国版NetflixといえるiQIYI事業を開始し、いわば中国版Google + Netflixといえます。

そんなバイドゥですが以下を見てわかる通り、中国版アマゾンであるアリババ、中国版Facebookであるテンセントと比べると以上に時価総額が低いのです。

2020/10/6付
時価総額(10億ドル)
①アリババ770
②アマゾン1602
①÷②48%
時価総額(10億ドル)
①テンセント643
②フェイスブック754
①÷②85%
時価総額(10億ドル)
①バイドゥ43
②グーグル1010
①÷②4%


前回記事は以下。

バイドゥは割安に放置されている?①

バイドゥは割安に放置されている?②

今回は、バイドゥの広告収入はなぜいまいちなのかを分析していきたいと思います。

<バイドゥの広告収入はなぜいまいちなのか?>

前回の記事で、バイドゥの主力である検索エンジン含むBaidu Coreでの広告収入は、コロナの影響が大きく出る前の2019年で既に前年対比4%減少してしまっています。

同じようなビジネスモデルであるGoogleは2019年でも広告収入だけで16%の伸びを示しているのでバイドゥの業績は何とも違和感があります。

2019年は中国経済の減速があったとは言え、年率6.1%では成長しており、これは世界平均3.0%をはるかに上回ります。

ここでは、バイドゥの広告収入がいまいちの原因を数字を見ながら突き止めていきます。

まず、世界における検索エンジンシェアはどうでしょうか?

検索エンジンシェア_20201006
出典:Statcounter

全世界のマーケットシェアでいうとGoogleが圧倒的です。バイドゥはわずか1.14%。

但し、バイドゥの主戦場は中国国内なので、次に中国での検索エンジンマーケットシェアを見てみましょう。

検索エンジンシェア_20201006
出典:Statcounter

中国国内では、バイドゥのシェアは74.95%と圧倒的地位にあることがわかります。

2017年時点でいうと、中国のGDPは全世界の15%に当たります。

全世界の15%のGDPを持つ中国で圧倒的なシェアを持っているのに、広告収入ではGoogleのわずか8%ほどしか稼げていないのは不思議です。

中国では広告費自体が大きくないのか?

ということで、世界の広告費と中国の広告費を見ていきます。

広告費世界_20201006
広告費中国_20201006
出典:eMarketer

2019年の広告費実績を見てみると、中国で使われている広告費は世界の合計広告費に対してなんと24%に当たります。

そうすると、やはり中国市場で圧倒的なシェアを持っているバイドゥの広告収入がGoogleよりはるかに見劣りするのは、疑問がさらに深まります。

この疑問を解決するために、さらに、中国の広告収入占めるバイドゥのシェアを確認してみます。

広告収入シェア中国_20201006

バイドゥのシェアは赤枠部分ですが、近年シェアを徐々に落としており、2019年は17%となっています。

一方で、2019年の米国でのGoogleの広告収入シェアは31.6%といわれております。
https://www.marketwatch.com/story/googles-us-ad-revenue-projected-to-fall-this-year-emarketer-says-as-facebook-amazon-gain-share-2020-06-22

Googleのライバルは同じくグローバル企業のフェイスブックやアマゾンなどですから、全世界の広告収入シェアも大体似たようなものと考えると、ここでバイドゥと更に大きな差が生まれてしまっていることがわかります。

バイドゥは検索エンジンの分野で約75%のシェアを誇るのに、なぜ広告収入シェアがここまで低いのでしょうか?

中国国内の広告収入シェアの内訳をみると、近年急速にシェアを挙げているのがTiktokを運営するBytedanceです。

ここから読み取れることは以下です。

従来は、オンライン上での活動に占める「検索」の位置づけは非常に大きなものでした。

一方、近年ではオンライン上の活動が多様化し、SNSに始まり、直近で勢いがあるのが動画です。

よって、「検索」が占める重要性が相対的に落ちてきているという事実があります。

広告主は当然、オンライン上で多くの人が集まるところに広告を出したいと思うので、検索を主軸にするバイドゥの広告収入がいまいちなのも納得できます。

GoogleはYoutubeなどでうまく時代の流れに対応してきましたが、バイドゥは動画に関しては競合他社に出遅れています。

ここが、バイドゥの広告収入がいまいちの原因といえるでしょう。

STOP

・とは言え、バイドゥは中国版NetflixといえるiQIYIや今後大きな市場になるとみられる自動運転でも、中国国内のリーダーであります。

・次回は、この二つの重要なビジネスの今後の展望について分析していきます。

次回に続く。

以上

りろんかぶお

今後も皆様にとって有意義な情報をお届けできるよう精進致します!
もしよろしければ応援のポチをお願い致します!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

関連記事


[ 2020/10/09 11:37 ] 7.企業研究 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【生年】:1987年
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:現在はセミリタイアし専業投資家。元総合商社勤務(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:資本を通じて社会に貢献すること


プロフィール詳細はこちら

PR
株式投資本の王道






















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら