バフェット部 セミリタイアした東大卒元商社マンの米国株情報サイト

M&Aを手掛けた東大卒元商社マン(証券アナリスト資格有、現在はセミリタイアし専業投資家)が主に米国株の理論株価を全力分析!

バイドゥは割安に放置されている?②

バイドゥロゴ_20201006


中国のGoogleといわれるバイドゥ。

最近は中国版NetflixといえるiQIYI事業を開始し、いわば中国版Google + Netflixといえます。

そんなバイドゥですが以下を見てわかる通り、中国版アマゾンであるアリババ、中国版Facebookであるテンセントと比べると以上に時価総額が低いのです。

2020/10/6付
時価総額(10億ドル)
①アリババ770
②アマゾン1602
①÷②48%
時価総額(10億ドル)
①テンセント643
②フェイスブック754
①÷②85%
時価総額(10億ドル)
①バイドゥ43
②グーグル1010
①÷②4%


前回は、バイドゥの事業内容について分析しました。

バイドゥは割安に放置されている?①

今回は、業績を見ていきたいと思います。

<バイドゥの業績>

rev_20201006.png
cf_20201006.png
rev kousei_20201006


Baidu Core:検索エンジンやAIビジネスなどのiQIYI以外のセグメント
iQIYI:動画配信サービス

seg_20201006.png
seg income_20201006
出典:全てマネックス証券

<決算分析>

・2019年12月期の売上高はUS$15.4 billionと前年対比5%増。内訳は以下。

→Baidu Coreでの広告収入はUS$10.1 billionと前年対比4%減。ヘルスケアやファイナンシャルサービス分野での広告収入の減少が足を引っ張った。
→iQIYIでの広告収入はUS$1.2 billionと前年対比11%減。中国国内景気の減速、コンテンツ納品の遅れ、広告ビジネスの競争激化が主因。
→広告収入以外の収入はUS$4.2 billionと前年対比44%増。主にiQIYIの定期課金収入、クラウド、スマートデバイスが好調だったことが主因。

・売上の伸びが弱い中、売上原価はUS$9.0 billionと前年対比21%増。クラウドやデバイスの売上増に連動したコスト増に加え、iQIYIのコンテンツコスト増、トラフィックアクイジションコスト増(バイドゥの広告を張り付けてくれるブロガーなどへの支払い)、帯域幅コスト増などが主因。

・営業利益はUS$906 millionと前年対比59%減、純利益はUS$296millionと前年対比93%減。売上に対しコストが大幅に増加したことが主因。

STOP

・2019年12月期の広告収入だけでいうと、バイドゥがUS$11.3 billionに対し、GoogleはUS$134.8 billionと圧倒的です。

・次回は、同じような企業なのにこれほどまでに収入格差が生まれてしまっているのかについて分析していきます。

次回に続く。

以上

りろんかぶお

今後も皆様にとって有意義な情報をお届けできるよう精進致します!
もしよろしければ応援のポチをお願い致します!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

関連記事


[ 2020/10/08 11:47 ] 7.企業研究 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【生年】:1987年
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:現在はセミリタイアし専業投資家。元総合商社勤務(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:資本を通じて社会に貢献すること


プロフィール詳細はこちら

PR
株式投資本の王道






















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら