バフェット部 セミリタイアした東大卒元商社マンの米国株情報サイト

M&Aを手掛けた東大卒元商社マン(証券アナリスト資格有、現在はセミリタイアし専業投資家)が主に米国株の理論株価を全力分析!

バフェットが過去に投資したアジア企業3社とそのパフォーマンス

誠実な経営者ロゴ


最近、バフェットが日本の5大総合商社に投資したことが話題になりました。

というのも、バフェット率いるバークシャーハサウェイが日本企業に投資をしたのは、1965年にバフェットがバークシャーの経営を始めて以来初めてだったからです。

但し、バークシャーの歴代の投資対象をアジア全域まで広げてみると、過去に3社投資していたことがあります。

今回は、その3社への投資の概要を紹介いたします。

1.PetroChina(中国)

投資時期:2002年~2003年
取得コスト:488百万ドル
売却時期:2007年7月頃
想定売却価格:3956百万ドル(2007年7月1日の株価を基に計算)
リターン:5年間で+711%

<コメント>

・PetroChinaは中国最大の石油企業。一時期は時価総額で世界最大の石油企業になったことも。

・バークシャーが投資してから売却するまでの約5年間で8倍になって大成功を収めています。

・バフェットはこれまで、コノコフィリップスやエクソンモービルなどの石油会社に投資してきた実績もありますが、その中では最も成功した投資になっています。

2.POSCO(韓国)

投資時期:~2006年、2008年
取得コスト:768百万ドル
想定売却時期:2015年頃(明確な情報なし)
想定売却価格:590百万ドル(2015年12月31日の株価を基に計算)
リターン:9年間で-23%

<コメント>

・韓国最大手の鉄鋼メーカー。

・バークシャーが投資してから売却するまでの約9年間で-23%でこちらは大失敗。

3.BYD(中国)

投資時期:2009年
取得コスト:232百万ドル
想定売却時期:継続保有中
想定時価:2919百万ドル(2020年9月1日の株価を基に計算)
リターン:11年間で+1,158%

<コメント>

・中国のEVメーカー。

・こちらは今でもBYDの24.6%を保有しており筆頭株主。

・中国版テスラともいわれ、最近EVが脚光を浴びたことで株価が急騰。2020年だけで株価は2.5倍以上になっており、これがリターンを大きく押し上げました。

STOP

<まとめ>

・PetroChinaは石油で、POSCOは鉄鋼、今回投資した日本の総合商社も、石油・ガス、石炭、鉄鉱石などのコモディティー関連資産を多く持っており、アジア向けではコモディティ投資が多いことがわかります。

・中国企業への投資では大成功しているものの、韓国企業への投資では大失敗。国のマクロ環境を見ると、日本は韓国に似ているので、今回の日本総合商社への投資もずっこけないか心配ですね。。

・バークシャーの1977年からの歴代ポートフォリオはこちら↓

バフェット歴代ポートフォリオ

以上

いつもありがとうございます。参考になったと思って頂けた方は応援ボタンを押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。
関連記事


[ 2020/09/24 13:05 ] 12.バフェット関連その他 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【生年】:1987年
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:現在はセミリタイアし専業投資家。元総合商社勤務(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:資本を通じて社会に貢献すること


プロフィール詳細はこちら

PR
株式投資本の王道






















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら