バフェット部 セミリタイアした東大卒元商社マンの米国株情報サイト

M&Aを手掛けた東大卒元商社マン(証券アナリスト資格有、現在はセミリタイアし専業投資家)が主に米国株の理論株価を全力分析!

1分で分かるFOMC超概略~4つのポイント~(2020/7/29)

FRB パウエル


<2020年7月29日FOMC 4つのポイント>

1.金利は当面据え置き(0~0.25%)

2.資産購入ペースは現状維持、その他貸付プログラムも少なくとも今年末までの継続を決定

3.6月中旬以降新規コロナ感染者は再び急増。その結果、消費は再び落ち込み、雇用増加ペースも鈍化

4.今回の景気停滞は我々の人生史上最も酷く、FRBによる金融政策のみならず政府による財政政策も重要

<著者コメント>

・S&P500が年初来の水準を既に回復しているのとは対照的に、FRBとしては新型コロナが経済につけた傷跡はかなり深い上に、回復にはまだ時間がかかるとの見解であったことが印象的。

・パウエル議長は、人々が経済活動を行う上で自身の安全に自信を持てるまでは経済も回復しないだろうと述べており、やはりキーはワクチンの量産であることを再確認。

・FRBによる資産購入ペースは現状維持と言っているものの、以下FRBバランスシート推移をみると6月中旬以降徐々にではあるが減少傾向。株式や金価格などの資産価格が暴騰しており、資金供給は既に十分であると判断し、さらなる資金供給は抑制気味ということか。

<FRBバランスシート推移>

FRBBS_20200730.png

出典:FRB

※単位は百万ドル(7M百万ドルは100円/ドル換算で700兆円)

以上

いつもありがとうございます。参考になったと思って頂けた方は応援ボタンを押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。
関連記事


[ 2020/07/30 11:24 ] 18.FRB | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【生年】:1987年
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:現在はセミリタイアし専業投資家。元総合商社勤務(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:資本を通じて社会に貢献すること


プロフィール詳細はこちら

PR
株式投資本の王道






















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら