バフェット部 セミリタイアした東大卒元商社マンの米国株情報サイト

M&Aを手掛けた東大卒元商社マン(証券アナリスト資格有、現在はセミリタイアし専業投資家)が主に米国株の理論株価を全力分析!

【1分解説】バークシャーが米ドミニオンのガス輸送・貯蔵部門を約1兆円で買収

バフェット2


・米エネルギー大手のドミニオンエナジーは、自社のガス輸送・貯蔵部門の大部分を、総額$9.7 billion(約1兆円。$5.7billion(約6,000億円)の負債引継含む)でバークシャーハサウェイに売却することで合意。

・売却資産(全て米国内)は以下。

ガスパイプライン・貯蔵設備:7,700 mile分
ガス液化・貯蔵設備:Cove Point LNGプロジェクトの25%分(ドミニオンは元々75%保有)
ガス貯蔵設備:900 bcf (9,000億立法フィート)

・ドミニオンは、2050年までのCO2純排出量ゼロを明言しており、今回の資産売却もその一環。

・バフェットは、「素晴らしい天然ガス資産を、我々のエネルギー部門傘下に加えることができて大変光栄に思う」とコメント。

Dominion Energyのニュースリリース:
https://news.dominionenergy.com/2020-07-05-Dominion-Energy-Agrees-to-Sell-Gas-Transmission-Storage-Assets-to-Berkshire-Hathaway-Energy-Strategic-Repositioning-Toward-Pure-Play-State-Regulated-Sustainability-Focused-Utility-Operations

<著者コメント>

・バークシャーは2019年、米石油大手オクシデンタル・ペトロリアムの優先株引き受けで10 billion (約1.1兆円)投資しましたが、今回も引き続きエネルギー資産を買収。

・脱化石燃料という世の中の流れがある中、エネルギー資産購入はその流れに逆行しますが、だからこそ割安に優良資産を買収できるということだと思います。

・今回バークシャーが買収したドミニオンのガス輸送・貯蔵部門の財務面(2019年)は以下。
※今回買収した資産はガス輸送・貯蔵部門の”大部分”ではあるものの”全て”ではないことには留意が必要。

売上:3,321百万ドル
純利益(コーポレート費用控除前):934百万ドル
総資産:20,900百万ドル

出典:ドミニオン社の2019年Annual Report

・つまり、簿価約20 billionの資産を9.7billionで購入したことになるので、かなり割安に買収できていることがわかります。ドミニオンのように脱化石燃料をコミットしている会社は、化石燃料資産を”売りたがっている”ので、こういうディールは買い手優位に働きやすいですね。

・ちなみに米国エネルギー情報局(EIA)の米国内エネルギー生産量の将来予測は以下。比較的クリーンなエネルギーとされる天然ガスは今後需要が伸びていくとされており、化石燃料もひとくくりで「売り」と考えると間違ってしまうということがわかります。

エナジー需要_20200706

以上

りろんかぶお

その他の人気記事はこちら↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。



関連記事


[ 2020/07/06 11:50 ] 12.バフェット関連その他 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【生年】:1987年
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:2019年にセミリタイアし現在は専業投資家。
元総合商社勤務(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【家族】:妻、子供2人
【目標】:資本を通じて社会に貢献すること
【投資デビュー】:大学3年生(小遣い稼ぎのつもりがぼろ負け。。)

プロフィール詳細はこちら

PR
株式投資本の王道






















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら