バフェット部 セミリタイアした東大卒元商社マンの米国株情報サイト

M&Aを手掛けた東大卒元商社マン(証券アナリスト資格有、現在はセミリタイアし専業投資家)が主に米国株の理論株価を全力分析!

mRNAワクチンとは?

ワクチン_20200520


現在、新型コロナウイルスの世界的感染拡大に伴い世界経済が大きなダメージを受けております。

そのような状況下、根本的な解決策としてのワクチン開発に注目が集まっております。

従来のワクチン(生ワクチン、不活化ワクチン)は、病原体を弱毒化、無毒化させたものを「抗原」として体内に投与することで、体内の免疫機能を誘発し、それによって病原体に対抗する「抗体」を間接的に作ってきました。

但し、病原性をなくしているとはいえ細菌やウイルスなどが基になるので,健常人に対する投与において一定のリスクは避けられず、とても慎重な臨床試験が必要とされるので、ワクチン開発には通常10年以上かかるといわれています

一方、現在のようなパンデミックの中、10年もウイルスの脅威におびえながら生活していては健全な生産活動はできず、世界経済は壊滅的な影響を受けてしまいます。

そこで、早期開発が期待できるものとして登場したのが今注目されているmRNAワクチンです。

ここでは、mRNAワクチンについてわかりやすく解説していきます。

<mRNAワクチンとは>

まずmRNAとは何か?

人の体は、水と脂質を除けばほとんどがタンパク質で構成されています。
筋肉、骨、臓器、皮膚、爪などの主成分はタンパク質です。

タンパク質とは、20種類のアミノ酸が連結してできた高分子化合物です。

アミノ酸をどう連結させるかで、どのようなたんぱく質を作るか、つまり人体のどの部位をどう作るか、というのが決まってきます。

そしてアミノ酸をどう連結させるかという設計図となるのがDNAです。

但し、DNAは直接、アミノ酸を連結させたんぱく質を作る機能を持ちません。

設計図であるDNAの情報を読み取ってまず作られるのがRNAです。
RNAは設計図のコピーといえます。

この設計図のコピーであるRNAの情報を基にアミノ酸が結合しタンパク質がつくられます。

つまり、人体がつくられていく順番としては、
DNA⇒RNA⇒タンパク質⇒⇒⇒人体

ということになります。

RNAは、情報の伝達役のような役割を果たしますので、メッセンジャーRNA(mRNA)と呼ばれます。

mRNAワクチンでは

①病原体のDNA構造を特定
②それを基に体内の免疫機能を誘発する抗原タンパク質を作るための情報を書き込んだmRNAを人工的に作製
③上記mRNAを体内に投与

という流れで免疫を獲得します。

従来のワクチンと比較したmRNAのメリットは以下です。

・mRNAワクチンでは病原体を用いず、免疫機能を誘発する抗原を体内で発現させる情報のみを投与するので、安全面で優位

・従来のワクチンが苦手としていた、大量製造の面においてもメリットあり

・mRNAは基本的にどのようなタンパク質も作ることができるので、ウイルス変異で標的とする抗原が変わっても迅速に対応可能


ちなみに抗原を発現させるものとして、mRNAでなくDNAを投与する場合、DNAワクチンと呼びます。

STOP

現在、新型コロナ用として早期実現が期待できるワクチンのほとんどがこのmRNAワクチン(米モデルナ、独ビオンテック/米ファイザー、等)とDNAワクチン(米イノビオ、日アンジェス/大阪大、等)です。

今後の動向に要注視です。



いつもありがとうございます。参考になったと思って頂けた方は応援ボタンを押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

以上

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

関連記事


[ 2020/05/20 11:47 ] 17.米国株 旬の話題 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【生年】:1987年
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:現在はセミリタイアし専業投資家。元総合商社勤務(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:資本を通じて社会に貢献すること


プロフィール詳細はこちら

PR
株式投資本の王道






















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら