バフェット部 セミリタイアした東大卒元商社マンの米国株情報サイト

M&Aを手掛けた東大卒元商社マン(証券アナリスト資格有、現在はセミリタイアし専業投資家)が主に米国株の理論株価を全力分析!

バフェット最新ポートフォリオ(2020年3月31日時点)

バークシャーハサウェイ社資産内訳(2020年3月31日時点)
資産合計_20200516

バークシャーハサウェイ社有価証券&持分法適用会社(2020年3月31日時点)
有価証券合計_20200516


CompanyValue on
2020/3/31
(US$ mil)
%
Apple Inc62,34135.52%
Bank of America Corp19,63811.19%
Coca-Cola Co17,70010.08%
American Express Co12,9797.39%
Wells Fargo & Co9,2765.28%
The Kraft Heinz Co8,0564.59%
Moody's Corporation5,2182.97%
JPMorgan Chase & Co5,1962.96%
U.S. Bancorp4,5632.60%
DaVita Inc2,8981.65%
Bank of New York Mellon Corp2,6861.53%
Charter Communications Inc2,3681.35%
VeriSign Inc2,3081.31%
Delta Air Lines Inc2,0511.17%
Southwest Airlines Co1,9101.09%
Visa Inc1,7020.97%
General Motors Co1,5520.88%
Costco Wholesale Corp1,2360.70%
Mastercard Inc1,1920.68%
Amazon.com Inc1,0400.59%
Liberty SiriusXM Group9760.56%
PNC Financial Services Group Inc8800.50%
United Airlines Holdings Inc6990.40%
Sirius XM Holdings Inc6540.37%
The Kroger Co5700.33%
M&T Bank Corp5570.32%
American Airlines Group Inc5110.29%
Liberty SiriusXM Group4710.27%
Globe Life Inc4570.26%
Axalta Coating Systems Ltd4160.24%
Teva Pharmaceutical Industries Ltd3840.22%
Restaurant Brands International Inc3380.19%
STORE Capital Corp3370.19%
StoneCo Ltd3080.18%
Liberty Global PLC3190.18%
Synchrony Financial3240.18%
Goldman Sachs Group Inc2970.17%
Suncor Energy Inc2360.13%
Occidental Petroleum Corp2190.12%
Biogen Inc2030.12%
RH1720.10%
Liberty Global PLC1150.07%
Johnson & Johnson430.02%
Mondelez International Inc290.02%
Procter & Gamble Co350.02%
Liberty Latin America Ltd280.02%
SPDR S&P 500100.01%
Vanguard S&P 500100.01%
Liberty Latin America Ltd130.01%
United Parcel Service Inc60%



バフェット2020年1月~3月売買銘柄(単位:百万ドル)
※有価証券&持分法適用会社のみ
売買_20200516

※売買金額については、米国証券取引委員会に提出された売買株数に各銘柄の四半期末時点株価をかけて仮計算しております。
バフェットの実際の売買金額は当該四半期中のどこかで行われております(期末価格ではない)ので、上記計算とは異なることご了承ください。

バフェットの投資戦略
こちらの記事ご参照!

バフェットの4つの投資戦略に学ぶ!~「事業内容を理解できる企業」~

りろんかぶおコメント

・2020年1Qは、新型コロナウイルスによるパンデミックで株式市場も歴史的な暴落となりました。そんな中、過去の大暴落で積極的に投資を行ってきてバフェットがどのような投資行動をとったかが注目されましたが、新規の投資という意味では「ほとんど動いていなかった」といえます。

・100百万ドル以上の売買でいえば、ゴールドマンサックス(保有株の84%分)の売却とJPモルガンの売却くらいです。バフェットの大好きな金融株に関しても悲観的な見方をしているのかもしれません。

・更にバークシャーハサウェイ株主総会まとめ(2020年5月)でも記載の通り、4月以降に保有していた航空会社株(4社)は全て売却したとのこと。3月末時点での4社の保有時価総額合計は5,171百万ドル。

・「リーマンショック直後にバフェットが大量購入した銘柄」でも記載の通り、このような暴落時バフェットは株式市場で株式を購入するより、企業の増資に応えたり、融資をしたりと、自身の投じた資本が直接企業に注入されるような投資の仕方を好みます。

・株主総会で、バフェットは「魅力的な投資先はなかった」と語りましたが、これは株式市場で魅力的な投資機会がなかったのではなく、リーマンショック時にやったような優先株投資や融資に関して魅力的な機会がなかったのだと思います。

・ではなぜ、バフェットは株式市場で投資を行わなかったのか?パニック相場ではミスプライスとなる株式が大量に発生するのでバフェットにとって利益を稼ぐことはたやすいのだと思います。但し、その利益の大部分は、パニックに陥って値付けを間違った投資家の損失から得ている利益です。
バフェットは株主総会で「私は今後10年間でS&P 500をアウトパフォームできるかどうかということに人生を賭けたくはないのです。」といっています。つまり、このような危機的状況の時に、株式市場で利益を稼ぐというよりも、資金繰りに窮している企業に救いの手を差し伸べるような投資を行うことで社会に貢献できるような投資をしたいと考えているのではないでしょうか?

・コロナの影響が長期化する中、今後資金繰りに窮する企業は激増するでしょうから、そのような局面でバークシャーは最後の貸し手の役割を果たすのではないかと期待します。

NYダウ銘柄理論株価一覧はこちらご参照ください!

以上

りろんかぶお

今後も皆様にとって有意義な情報をお届けできるよう精進致します!
もしよろしければ応援のポチをお願い致します!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

関連記事


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【生年】:1987年
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:2019年にセミリタイアし現在は専業投資家。
元総合商社勤務(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【家族】:妻、子供2人
【目標】:資本を通じて社会に貢献すること
【投資デビュー】:大学3年生(小遣い稼ぎのつもりがぼろ負け。。)

プロフィール詳細はこちら

PR
株式投資本の王道






















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら