バフェット部 FIRE達成の東大卒元商社マンの米国株情報サイト

M&Aを手掛けた東大卒元商社マン(証券アナリスト資格有、現在はFIREを達成し専業投資家)が主に米国株の理論株価を全力分析!(平日毎日12時更新)

【アップル】 時価総額世界最大企業の理論株価とは?(2021年9月期)

rogo-AAPL-2016.png


<りろんかぶおコメント>

りろんかぶおの競争優位性評価(5段階評価)⇒★★★★

1. 企業概要

・アップルはiPhoneやiPad、Macなどを販売するIT企業。

・インターブランド社が毎年公表するブランド価値ランキングでは8年連続1位を獲得中。

・近年、バフェット率いるバークシャーハサウェイの保有上場銘柄のシェアトップになったことでも有名。

2. 業界展望

・アップルの売上比率の内、実に半分以上を占めるのがiPhoneです。現在はサービス部門等、iPhone一本足からの脱却を図ろうとしておりますが、やはりiPhoneの売れ行きがアップルの今後を大きく左右します。

・iPhoneが分類されるスマホは今や1人1台が必須の時代なので、将来的な需要もかなり底堅いでしょう。

・スマホはこの10年程で急速に普及し、若干飽和気味になってきているので今までのような成長は期待できないかもしれませんが、今後も堅調な伸びを見せていくと考えられます。

3. 個別企業競争力

・ほぼ確実なスマホ需要が期待される中、アップルの他社に対する競争優位性は何でしょうか?日本ではスマホ市場シェアにおいてiPhoneは6割程を占め、他社を圧倒しております。

・アップルの戦略はユーザーエクスペリエンスの追求です。デザイン性の優れたアップルストアでの製品の購入、シックな箱、洗練されていてシンプルなデザイン、そしてハード(iPhone)とソフト(iOS)を自社仕様で一貫することによって生み出される最強のユーザーインターフェース。これらによってアップルは最高の顧客体験を演出し、アップル製品を持っているというそれだけで何となく優越感に浸れるというブランド価値を築いています。

・一方、世界におけるスマホの市場シェアを見てみましょう(下図)。

share_2021_AAPL.png
出典:IDC

Samsung 18.9%
Xiaomi 16.9%
Apple 14.2%
OPPO 10.5%
Vivo 10.1%
Others 29.5%

・なんとアップルは世界市場で見ると3番手です。日本にいるとアップルが圧倒的なイメージを持ちがちですが、アメリカでさえ意外とサムスンユーザーが多かったりします。その理由について以下三つが挙げられるのではないかと思います。

① 価格設定
・iPhoneは他社製品と比較して高価格で有名ですね。アップルは近年とにかくiPhone価格を上げに上げてiPhone Xではついに10万円越えとなりました。

・その分、新機能も追加されているのですが、さすがに機能に対して価格が高すぎるということで長年のiPhoneユーザーも愛想をつかし、iPhone Xあたりから他のメーカーに乗り換えた人が急増しました。

・スマホのように機能面も重視される製品では、消費者が求める無形な価値への重要性は相対的に下がります。よって、価格に対して機能面の裏付けが乏しいと判断されユーザーの離反が起きたと思われます。

・ちなみに著者も価格面の理由で今年iPhoneからOPPOに乗り換えました。

② 機能性
・冒頭で説明の通り、アップルはハードとソフトを自社仕様で仕立てることでユーザーインターフェースを極限まで追求しています。よってiPhoneは「説明書なしでも直感的に操作できる」というのが売りでこれがアンドロイドに対する大きな差別化要因です。

・実際、著者はアンドロイドOS搭載のOPPOに乗り換えてみて、やはり操作性は圧倒的にiPhoneの方がいいです。文字入力や音声入力等に関してiPhoneに慣れていたせいか、アンドロイドでは結構ストレスを感じます。

③ デザイン性
・iPhoneも究極まで洗練していて、とてもシンプルなデザインです。だからこそ飽きることもなく長い間愛される製品になっております。

・一方、シンプルゆえに他社にもまねしやすいデザインではあります。アップルが他社に対して強固なブランドイメージを維持できないようであれば、デザインによる優位性というのはないといえるのではないでしょうか。

STOP

・以上の通り、機能性はiPhoneがいいが、価格は高い、デザイン性も他社と比較して特別いいというわけではない、といったところです。

・しかし、実際にiOSとアンドロイドの両方を使ってみた著者としては、やはり次買い替えるときはiPhoneを選ぶかなと思います。
なぜならスマホは使用時間が非常に長いので、操作性が極めて重要だからです。文字入力や音声入力にストレスを感じるとそもそもスマホをいじること自体がおっくうになってしまいます。

・こういったことも考えると、iPhoneの競争優位性というのは高いといえるのではないかと考えます。

<理論株価>
113ドル(2021年9月末時点)
※1 直近3年間のフリーキャッシュフローの平均が今後、米国長期平均インフレ率である2%の成長が半永久的に続くと仮定し、Discounted Cash Flow(DCF)法で計算。
※2 DCF法の概要はこちらご参照。

NYダウ銘柄理論株価一覧はこちらご参照ください!

<セグメント毎ビジネスモデル>

1. iPhone
2. Mac
3. iPad
4. Wearables, Home and Accessories (AirPods, Apple TV, Apple Watch等)
5. Services(App Store, iCloud等)

<決算情報>

・売上は365,817百万ドルと前年対比33%増加、これは昨期末予定であった新型iPhone発売が今期にずれこみ、今期は新型iPhone発売が2回あったことが主因。また、ロックダウンの影響が少なかった今期は他製品も20%以上の成長を見せた。

・純利益は94,680百万ドルで前年対比65%増加、上述の要因に加え、Service売上増によるマージン改善、研究開発費や販促費などの対売上比率が減少したことが主因。

<財務情報>
kabuka_2021_AAPL.png
rev_2021_AAPL.png
pat_2021_AAPL.png
cf_2021_AAPL.png
roe_2021_AAPL.png
eps_2021_AAPL.png
seg_2021_AAPL.png
area_2021_AAPL.png
div_2021_AAPL.png
seiko_2021_AAPL.png

以上

りろんかぶお

その他の人気記事はこちら↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

関連記事


[ 2021/11/18 12:00 ] 7.理論株価&財務分析 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【生年】:1987年
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:現在はセミリタイアし専業投資家。元総合商社勤務(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:資本を通じて社会に貢献すること


プロフィール詳細はこちら

PR
株式投資本の王道
















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら