バフェット部 セミリタイアした東大卒元商社マンの米国株情報サイト

M&Aを手掛けた東大卒元商社マン(証券アナリスト資格有、現在はセミリタイアし専業投資家)が主に米国株の理論株価を全力分析!

新型コロナ 治療薬・ワクチン開発状況まとめ(2020年6月17日時点)

kusuri_20200422.png

出典:https://answers.ten-navi.com/pharmanews/16470/

<新型コロナ/治療薬>

1. 開発プロセス

治療薬に関して、一般的な新薬開発には通常以下のステップが踏まれます。

① 基礎研究(2~3年)
薬の候補となる新規物資の発見と創製

② 非臨床試験(3~5年)
新規物質の有効性と安全性の研究

③ 臨床試験(3~7年)
人を対象とした有効性と安全性の確認

・フェーズ1:少数の健康な人を対象に安全性の確認
・フェーズ2:少数の患者さんを対象に投薬量、投薬方法を確認
・フェーズ3:多数の患者さんを対象に安全性と有効性を既存薬と比較

④ 承認申請と審査(1年)
厚生労働省への承認申請と専門家による審査


これらのステップを経て最終的に薬事承認を得た薬が、世の中に販売されるわけですが、これらの過程でかかる年月は一般的に9年~17年程といわれております。

つまり、今回の新型コロナウイルスに対して、まったく新しい治療薬を開発しようとしても、足元の大流行の解決には結び付きません。

実際に、過去コロナウイルスが巻き起こしたSARSやMERSに対する抗ウイルス薬は未だに開発されていません。

そこで期待されるのが、すでにある医薬品の転用です。既存薬から別の病気の薬効を見つけ出す手法は、「ドラッグ・リポジショニング」と呼ばれており、新薬開発でよく見られるものなのです。

既存薬であれば安全性は立証済みなので、後は今回の新型コロナへの有効性を確認するのみで、早期に臨床試験のプロセスに進むことが可能です。

2. 開発状況(2020年6月17日時点)
※主要なもののみ
コロナ 治療薬
薬名
/ 製薬会社
開発時想定
対象疾患
開発状況
レムデシビル
/ 米ギリアド
エボラ出血熱 米国:緊急使用認可取得済。重症患者のみが対象。
日本:特例承認済。重症患者のみが対象。
アビガン
/ 富士フイルム富山化学
新型インフルエンザ 米国:フェーズ2
日本:フェーズ3、8月中に臨床試験を終える予定
シクレソニド(オルベスコ)
/ 帝人ファーマ
気管支喘息 日本:日本感染症学会を中心に多施設共同の臨床試験中
イベルメクチン
/ MSD(メルク日本法人)
腸管糞線虫症等 日本:北里大が医師主導治験を開始予定
ナファモスタット
/ 日医工等
急性膵炎等 日本:東大がナファモスタットとアビガンを併用する臨床試験を開始
カモスタット
/ 小野薬品工業
慢性膵炎
術後逆流性食道炎
日本:フェーズ1


<新型コロナ/ワクチン>

1. 開発プロセス
治療薬の開発プロセスとほとんど同じ。

2. 米国ワープスピード作戦

 「ワープ・スピード作戦」は新型コロナウイルスのワクチン開発・生産・供給を加速させることを目標とした官民連携プロジェクトです。

2021年1月までに安全で有効なワクチンを確保することを目標とし、今年11月までに1億回分、12月までに2億回分、来年1月までには3億回分のワクチン供給を目指すもの。

そのための予算として既に米政府は約100億ドル(約1兆700億円)を確保済み。

採用企業は未発表なるも、米地元紙によれば以下の5グループが採用される予定とのこと。

モデルナ
オックスフォード大学/アストラゼネカ
ジョンソン・エンド・ジョンソン
メルク
ファイザー/バイオンテック 


3. 開発状況(2020年6月17日時点)
※主要なもののみ
コロナ ワクチン
製薬会社 開発状況 今後
国立アレルギー・感染症研究所
米モデルナ
米:フェーズ2/3 7月にもフェーズ3開始予定
全てが順調なら今年11月中に結果が判明
中国̪シノバック ブラジル:フェーズ3 7月からブラジルで現地製薬会社と協力してフェーズ3実施予定
中国カンシノ・バイオロジクス
北京バイオテクノロジー研究所
中:フェーズ2 初期治験ではワクチンの安全性と急速な免疫反応の誘導を確認
英オックスフォード大学
英アストラゼネカ
英:フェーズ1/2 感染率低下でワクチン効果有無検証が困難に
9月までに有効なワクチンを開発する確率は50%
北京生物製品研究所
武漢生物製品研究所
中:フェーズ2 20年末か21年初めの実用化目指す
米イノビオ・ファーマシューティカルズ 米:フェーズ1 今夏の終わりまでにデータ取得見込み。
今秋の実用化目指す
米ファイザー
独ビオンテック
米:フェーズ1
独:フェーズ1
早ければ年内に数百万~数千万本を生産できる見通し
米ジョンソン・エンド・ジョンソン 開発中 7月後半に臨床試験開始予定
米メルク 開発中 5月に米テミス・バイオサイエンスの買収を発表。
同社のコロナワクチン開発基盤を基に今年後半に臨床試験開始予定。
仏サノフィ
英グラクソ・スミスクライン
開発中 今年後半にフェーズ1試験開始予定
アンジェス
大阪市立大学
ペプチド研究所
開発中 6月末からフェーズ1試験開始予定
田辺三菱製薬 開発中 8月までにフェーズ1試験開始予定
塩野義製薬 開発中 年内にフェーズ1試験開始予定


以上

りろんかぶお

その他の人気記事はこちら↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

関連記事


[ 2020/06/17 11:26 ] 17.米国株 旬の話題 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【生年】:1987年
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:2019年にセミリタイアし現在は専業投資家。
元総合商社勤務(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【家族】:妻、子供2人
【目標】:資本を通じて社会に貢献すること
【投資デビュー】:大学3年生(小遣い稼ぎのつもりがぼろ負け。。)

プロフィール詳細はこちら

PR
株式投資本の王道






















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら