バフェット部 セミリタイアした東大卒元商社マンの米国株情報サイト

M&Aを手掛けた東大卒元商社マン(証券アナリスト資格有、現在はセミリタイアし専業投資家)が主に米国株の理論株価を全力分析!

コロナウイルス~事実を知れば冷静な投資ができる~①

korona_20200312.png

(Photo/Getty Images)

現在、コロナウイルスによる新型肺炎の世界的な大流行に伴い、株式市場でも連日ジェットコースターのようなパニック相場が続いております。

このような時に思い出されるのがバフェットの以下の名言です。

「株式への投資時期を見計らう場合、他の人が貪欲である時には警戒すべきであり、自ら貪欲になるのは他の人々が警戒している時だけにすべきです。」

企業の長期発展のために資本を提供しようとする本当の意味での投資家にとっては、今回のパニック相場は、応援したい企業に投資を行う絶好の機会とも言えます。

但し、誰もがパニックになっているこのような状況下、冷静に投資を行っていくためには、今起きていることとその影響を冷静に見ていく必要があります。

パニックとは、「何が起っているか、これから何が起こるか」がわからない、ということが根っこにあると思いますので、今回はコロナウイルスについて冷静に事実を見ていくという意味で詳細を調べてみました。

1. そもそもウイルスとは何か?

ウイルスとは、遺伝子(ウイルス核酸)とそれを取り囲むタンパク質の殻から構成された粒子のことを指します。

インフルエンザや天然痘、麻疹、風疹、後天性免疫不全症候群(AIDS)などの病気がウイルス感染症に属しています。

ウイルスは生きるのに必要なエネルギーを作りだすことはできますが、それ自身単独では増殖できず、他の生物の細胞内に感染して、宿主の中でのみ増殖が可能なのです。

感染の過程では、

まず感染対象の細胞に吸着
⇒細胞内への侵入
⇒ウイルス粒子のたんぱく質が分解されウイルス拡散が遊離
⇒細胞内でウイルスの蔵相
⇒細胞内から発芽或いは感染細胞が死ぬことで放出される

我々動物のように意思を持っているわけではないものの、感染対象に吸着できさえすればあらかじめ組み込まれているアルゴリズムに従って増殖していくという、なんとも怖いものです。

このようにウイルスは、一般的に生物の構成単位とされる細胞を持たず(構成単位は粒子)、自己増殖はできないが、遺伝子を有するという、非生物・生物両方の特性を持っている不思議なもので、「非細胞性生物」などと呼ばれたりします。

地球の生物に対して悪影響しか及ぼさないものがなぜ存在しているのか?とも疑問に思ったりします。

ところが、ウイルスによる感染は、宿主となった生物に細胞レベルや個体レベルでさまざまなダメージを与えますが、一部のウイルスは外来遺伝子の運び屋として作用し、宿主の生存に有利に働く例も知られています。

つまりウイルス全てが悪者ではないということです。

このように謎に包まれたウイルスはどこでどのように生まれてきたのでしょうか?

「細胞退化説」、「細胞脱出説」、「独立起源説」などの仮説がありますが、今のところはっきりとはわかっていないみたいです。

ひとまず、「自分の力では生きることができず、周りの環境を利用して繁殖する非細胞性生命体」という風に認識しておけばよいでしょう。

2. コロナウイルスとは?

コロナウイルスは数あるウイルスの一種で、1960年代にはじめて発見されていて、これまでに計7種類が確認されています。

1960年代、ヒトコロナウイルス229E、ヒトコロナウイルスOC43
2003年、SARS-CoV(当時騒がれたSARS)
2004年、HCoV NL63
2005年、HKU1
2012年、MERS-CoV(当時騒がれたMERS)
2019年、SARS-CoV-2(今回の新型コロナウイルス)

風邪を含む呼吸器感染症などの症状を引き起こすもので、SARS、MERS、今回の新型コロナウイルスでは死者が出ていますが、残りの4種類のウイルスは、一般の風邪の原因の10~15%(流行期は35%)を占め多くは軽症です。

代表的な呼吸器感染症としてはインフルエンザが有名ですね。要は、コロナウイルスはインフルエンザと同じような症状を示すものの、その原因となるウイルスが異なるものです。

ウイルス粒子表面の膜構造が花弁状の長い突起になっており、コロナ(太陽の光冠)に似ていることからその名が付けられました。

今回の新型肺炎(SARS-CoV-2)も肺炎を引き起こすもので、体内の二酸化炭素を放出し、酸素を取り込むための重要な器官である肺組織がコロナウイルスに感染し、機能が低下することで最悪の場合にしに至っているものです。

(続く)

以上

りろんかぶお

その他の人気記事はこちら↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。
関連記事


[ 2020/03/12 11:03 ] 17.米国株 旬の話題 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【生年】:1987年
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:2019年にセミリタイアし現在は専業投資家。
元総合商社勤務(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【家族】:妻、子供2人
【目標】:資本を通じて社会に貢献すること
【投資デビュー】:大学3年生(小遣い稼ぎのつもりがぼろ負け。。)

プロフィール詳細はこちら

PR
株式投資本の王道






















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら