バフェット部 セミリタイアした東大卒元商社マンの米国株情報サイト

M&Aを手掛けた東大卒元商社マン(証券アナリスト資格有、現在はセミリタイアし専業投資家)が主に米国株の理論株価を全力分析!

バークシャーへの投資は二重課税?

バークシャーハサウェイ


バフェットの買った株を後追いで買うくらいなら、バークシャーハサウェイ自体を買えばいいという人がいます。

バークシャーを通してバフェットが投資してくれるのだからと。

また、投資ファンドにお金を預けるくらいなら、バークシャーに投資すればいいという人がいます。

投資ファンドに預ければ、高額の成果報酬(高いところでは投資収益の20%程)を支払う必要があるが、バークシャーハサウェイでは、会社自体の年間利益が100億ドルを優にこえるのに対して、天才ファンドマネジャーバフェット社長への給料は年間0.001億ドル(1100万円程)なので、つまり成果報酬は0.001%にも満たないのだからと。(実際には他経費も掛かりますが)

「個人あるいはファンドへの投資」と「バークシャーへの投資」を比較するときに一つ考えておかないといけないことがあります。

それが税金の話です。

1. 個人あるいはファンドへの投資

個人で個別株などを購入した場合、売買によって生じたキャピタルゲインや配当に対して所得税(+住民税)を払う必要があります。

日本では2020年1月時点で20.315%(所得税および復興特別所得税15.315%、住民税5%)です。

またファンドへ投資した場合、そのファンドが代わりに個別株などに運用してくれてそこで発生したキャピタルゲインや配当は、ファンドの段階では課税されず、出資者である個人に分配されたときにはじめて個人の個別株投資と同様の税金(20.315%)が発生します。

これはファンド自体に課税がなされると、出資者には課税後の利益が分配され、その分配金に対してさらに所得税が課税されるという二重課税が発生してしまうので、運用委託先であるファンドではパススルー課税(ファンドでは課税されない)が適用されるのです。


2. バークシャーへの投資

バークシャーは株式会社なのでパススルー課税が適用されません

よって、バークシャー社によって企業の一部に投資する投資活動(※)で生じたキャピタルゲインや受取配当(但し受取配当は半分程度が課税所得から控除可能)に対して、バークシャーはファンドと違って法人税を支払う必要があります。(財務諸表を見るとおよそ約25%の法人税率)

バークシャー株主は、バークシャー株を売却してキャピタルゲインが発生した時や配当を受け取った時に個人として更に所得税を払う必要が出てくるので二重課税になるのです。

これはバークシャーの財務諸表からもわかりますし、バフェットからの手紙でバフェット自身も認めていることです。
ただ、バフェットの投資方針はバイアンドホールドなので実際の税金支払いはかなり繰り延べています。

※但し、バークシャーの連結子会社の場合、連結子会社レベルでの法人税支払いがバークシャー自身の法人税支払いとなるのでこのような二重課税は生じない。

3. 税金比較~「個人あるいはファンドへの投資」と「バークシャーへの投資」~

「個人あるいはファンドへの投資」
(※税金の影響のみを見るためにここではファンドに支払う手数料は省略)

キャピタルゲイン:+100
ファンドでの課税:0
個人(日本)での課税:▲20.315 (100×20.315%)
税後利益:79.685 (100 – 20.315)

「バークシャーへの投資」

キャピタルゲイン:+100
バークシャーでの課税:▲25
個人(日本)での課税:▲15.236 ((100 – 25 )×20.315%)
税後利益:59.764 (100 – 25 – 15.236)

ここまでの差が出てきちゃいます。
また、ファンドへの成果報酬がヘッジファンドで一般的な20%だとしても、バークシャーで発生する25%の法人税の方が大きいわけです。。

4. まとめ

税金の観点のみから言うと、バークシャーのような投資会社への投資というのはデメリットが大きいのも事実ということがわかりました。

但し気を付けなければいけないのがこれは「税金の観点のみ」の分析です。

例えば、バークシャーのような保険会社では、被保険者から保険料を受け取って、不測の事態が起こった時に保険金を支払うまでの間、その保険準備金を運用することができるので、その運用益で利益を上げるビジネスモデルです。

バフェットは保険準備金をフロートといっていますが、このフロートを実質的なレバレッジとして投資収益を高めています。

これは個人やファンドにはできない芸当なので、これはバークシャーならではの大きなメリットといえるでしょう。

このように、株式会社ならではのメリットもありますし、なんといっても伝説的投資家に運用してもらえることもあるので、バークシャーへの投資を否定するわけでは全くありませんが、税金に関する豆知識も頭の片隅に入れておいてもいいのかもしれません。

以上

りろんかぶお

その他の人気記事はこちら↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

関連記事


[ 2020/01/24 12:47 ] 12.バフェット関連その他 | TB(-) | CM(1)
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。
はい、結構見落とされているポイントだと思います。
[ 2020/06/25 10:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【生年】:1987年
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:現在はセミリタイアし専業投資家。元総合商社勤務(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:資本を通じて社会に貢献すること


プロフィール詳細はこちら

PR
株式投資本の王道






















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら