バフェット部 セミリタイアした東大卒元商社マンの米国株情報サイト

M&Aを手掛けた東大卒元商社マン(証券アナリスト資格有、現在はセミリタイアし専業投資家)が主に米国株の理論株価を全力分析!

経済成長は本当に必要なのか?②

経済成長


前回記事で、最近、特に先進国の若者の間では、本当に豊かな生活を送るということは、便利なモノに囲まれることだけではない、もっと家族や友人との関係性の中に幸せを見い出したり、自分がほんとに興味があって好きなことに打ち込む時間を大切にしたい、という風潮が生まれてきているという話をしました。

つまりこのような人たちは、モノを大量に生産し便利なモノに囲まれる生活を追い求める経済の成長が、必ずしも豊かな人生に繋がらないと考えているということです。

このような経済成長不要論を幸福の観点で論ずるのはもちろんあっていいことだと思いますが、ここで考えてみたいのが、経済成長なき資本主義が果たして経済システムとして持続可能なのかということです。

経済成長がない社会というのは、つまりGDPの成長がない社会です。

GDPは世の中全体の消費を表しますので、GDPの成長がないということは、全体の消費が毎年同額程度ということです。

以下の記事でも説明しましたが、GDPは三面等価の原則が成り立つので、消費が変わらないということは所得(労働者への賃金と企業の営業余剰)も変わらないということです。

三面等価のイメージ図
GDP 三面等価の例
出典:内閣府

GDPとは?

こんな状況下でも、資本主義の市場経済の下では、企業は市場を通して競争を行います。但し、消費が拡大しない経済においては、企業の競争は限られたパイの奪い合いになるので、競争が激化し、どんどん企業の収益が低下していきます。

将来的にも需要が拡大しないことが見通せると、企業収益を増加させることが困難であるとさとる資本家は、拡大しない企業収益を前提に、それでも資本家自身の利益を増やす為に、労働者の賃金を削っていきます。

賃金の削減が更に進むと、AIやロボットなどによる生産性改善により人員を減らしていきます。

こうなると、労働者の給料は下がり、失業者が世の中にあふれる一方、少数の資本家のみが利益を拡大させていきます。

但し、世の中の大半の人は労働者であり、消費を行う大半も労働者です。資本家は通常、得られる利益が大きいため、その全てが消費に回るわけではなく、手元に余剰資金がたまっていくのみです。

収入が減った労働者は、今までよりもモノを買えなくなるので世の中全体の消費量が落ちます。

すると企業収益は下がり、労働者の給料が下がり、消費が下がり、企業収益が更に下がっていくという、負のスパイラルに陥っていくのです。

資本主義においては、個々の資本家の利益追求が市場を通して社会全体の利益の拡大になるとされている為、資本家の利益追求欲求は是とされてきましたし、これこそが資本主義が成功した最大のエンジンの一つでもあります。

一方、経済が成長しない社会で、資本家がそれでも利益を追求すると、労働者の収入がむしばまれていくことになります。

つまり、資本主義においては、経済が成長しないということ(経済が成長しないことが資本家の共通理解になること)は、すなわち「労働者の賃金が減り続けること=経済の衰退」を意味し、経済が成長も衰退もしない「現状維持」という状態は存在しないことになります。

経済が成長しなくてもいいという人は、生活するのに最低限の給料があればいいのだから、多少給料が減ったっていいというのかもしれませんが、一度負のスパイラルに陥ると、給料は下がり続け、最低限の生活すらできなくなるということです。

このように考えていくと、経済成長なき資本主義というのは人々の貧困化が止まらない状態を意味し持続不可能であることがわかります。

ただ、ここで疑問がわいてくるのが、世界には30年近く、ほとんど経済成長していないのに何とか生き残っている資本主義国家があるのです。

そう、なんと日本です。

次回、その日本において、上述したような状況が果たして起こっているのかどうかということを見ていきたいと思います。

以上

りろんかぶお

その他の人気記事はこちら↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

関連記事


[ 2020/01/21 10:51 ] 13.投資の勉強部屋 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【生年】:1987年
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:2019年にセミリタイアし現在は専業投資家。
元総合商社勤務(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【家族】:妻、子供2人
【目標】:資本を通じて社会に貢献すること
【投資デビュー】:大学3年生(小遣い稼ぎのつもりがぼろ負け。。)

プロフィール詳細はこちら

PR
株式投資本の王道






















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら