バフェット部 セミリタイアした東大卒元商社マンの米国株情報サイト

M&Aを手掛けた東大卒元商社マン(証券アナリスト資格有、現在はセミリタイアし専業投資家)が主に米国株の理論株価を全力分析!

【消費動向】 景気サイクルの考え方

個人消費image_202001


<景気サイクルの考え方>

・りろんかぶおとしては景気後退期を予測するうえで、民間の消費動向と債務残高がカギになると考えます。

・2008年、リーマンブラザーズは負債総額6390億ドル(約64兆円)という米国史上最高額で経営破綻しました。これにより、世界連鎖的な信用収縮による金融危機が起こり、100年に一度といわれる大恐慌となりました。

・このようなことが起こると、金融機関が企業に融資する余裕がなくなりますので、資金繰りに困った企業は業績が悪化し次々と倒産していきます。そうすると従業員の給料が下がり失業者が世の中にあふれるので、民間の消費は激減し更に企業業績が悪化するという負のスパイラルに陥ります。

・経済を活性化させるために中央銀行は、利下げを行い、銀行から国債を買い取ることで銀行に資金を供給し、銀行が企業に融資をしやすい環境を整えます。低い金利で融資を受けられることで企業は低コスト生産ができるようになり今まで以上にモノの価格が下がります。モノの価格が下がると消費者マインドが刺激され消費は徐々に動き出します。消費が堅調になると企業の業績は徐々に改善していきます。企業の業績改善は従業員の収入増に繋がり、人々の収入が増えると更に消費が増えます。このような状況になると企業はさらに利益を伸ばすために新たに借入を行い、それを新規の設備投資にあて、増加した需要に応えます。こういった好循環が生まれることで景気は良くなっていく一方で企業の債務残高はどんどん増えていきます。

・但し消費の増加は青天井ではありません。家を買い、車を買う当分の間買い替える必要がなくなるのと同様、一度生活に必要なモノがそろってしまうと消費はそれ以上なかなか増えていきません。

・消費に息切れが起こってきたときに、企業は振り返ってみると大量の借金を抱え、毎年大量の金利支払いが生じていることに気づきます。一度生産設備を拡大してしまうとそれを基に戻すことはできませんので、大量の生産能力を持ちながら稼働率を下げるほかなく、消費が鈍くなって収入が減少している中、今までと同じように金利支払いが発生するので、これにより資金繰りに窮した企業が倒産していき、また不況期の負のスパイラルが始まります。これが景気サイクルです。

・現在の米国景気は、「既に悪化していたものが底を打ち、今後回復していく」という人もいれば、「近い将来に大規模な景気後退が発生する」という人もいます。いろいろな経済指標がありますが、筆者が特に重要と考えるのが、民間のGDP対比債務残高と消費動向です。

・今回は消費動向です。

<米国個人消費動向関連指標>
(出典:ダイヤモンド)
個人消費_202001

<筆者コメント>

・失業率が歴史的な低水準を更新しており、労働者の供給が減衰傾向にあるのが相まって個人所得も増加、これを受けて個人支出も増加するというまさに好循環が継続しております。

・中古及び新築の住宅販売も引き続き好調で、小売売上高も比較的堅調で、1.5%~2.0%の物価上昇がみられる中、需要が多いことがわかります。

・これらの指標を見る限り、まだ消費動向に陰りは見られません。景気後退期を見極める上では、今後この消費動向がどのタイミングで息切れしてくるかを慎重に見ていく必要があると思います。

以上

りろんかぶお

その他の人気記事はこちら↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。


関連記事


[ 2020/01/09 13:23 ] 13.投資の勉強部屋 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【生年】:1987年
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:現在はセミリタイアし専業投資家。元総合商社勤務(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:資本を通じて社会に貢献すること


プロフィール詳細はこちら

PR
株式投資本の王道






















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら