バフェット部 セミリタイアした東大卒元商社マンの米国株情報サイト

M&Aを手掛けた東大卒元商社マン(証券アナリスト資格有、現在はセミリタイアし専業投資家)が主に米国株の理論株価を全力分析!

【物価】 日米の消費者物価(CPI)に見る投資判断

<日米の消費者物価指数推移>

日米物価

2016年現在(1980年を100とした時)
米国: 294
日本: 136

出典:
米国 https://fred.stlouisfed.org/series/CPILFESL
日本 http://www.stat.go.jp/data/cpi/

消費者物価指数(CPI)は、国民が購入する物・サービスの価格等を総合した物価の変動を時系列的に測定するものです。

但し、「食料」は天候要因で値動きが激しいこと、「エネルギー」(ガソリン、電気代等)は原油価格の影響を直接受けることから、
これらの一時的な要因や外部要因を除いた「食料及びエネルギーを除くCPI」が消費者物価の基調を把握する上で有用とされています。

通常、物価の安定と、金利の適正水準確保の二つを理由として、
物価は緩やかに上昇するのが良いとされており、国際的にはインフレ率2%が適正水準とされております。

また、物価は経済規模・成長を図るGDPに直接的にかかわってきますので、
物価が緩やかに上昇することで経済も緩やかに成長していくことが望めます。

上図を見ると、米国はお手本のように物価が緩やかに上昇しておりますね。
基準年に設定した1980年が100とすると2016年には294となっており、
平均すると3.0%/年上昇していることになります。

一方、日本では1990年代後半以降は停滞或いは減少しており、いわゆるデフレ期が続いておりますね。
2016年には136にしかなっておらず、平均すると0.9%/年です。。

日本ではバブル崩壊後に消費者マインドが冷え切ってしまい、極度の少子高齢化で将来の年金不安などから節約志向が定着し、なかなかデフレから脱却できていない状況です。

このような観点からも、物価が緩やかに上昇し続け、経済環境の抜群に良い米国に投資するというのが合理的な判断になるでしょう。


NYダウ銘柄理論株価一覧はこちらご参照ください!

以上

りろんかぶお

今後も皆様にとって有意義な情報をお届けできるよう精進致します!
もしよろしければ応援のポチをお願い致します!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。
関連記事


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【生年】:1987年
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:現在はセミリタイアし専業投資家。元総合商社勤務(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:資本を通じて社会に貢献すること


プロフィール詳細はこちら

PR
株式投資本の王道






















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら