バフェット部 FIRE達成の東大卒元商社マンの米国株情報サイト

M&Aを手掛けた東大卒元商社マン(証券アナリスト資格有、現在はFIREを達成し専業投資家)が主に米国株の理論株価を全力分析!

【ジョンソンエンドジョンソン】 世界でたった2社にしか与えられないS&P最高格付AAA企業の理論株価は?(2021年12月期)

rogo-JNJ-2016.png


<りろんかぶおコメント>

りろんかぶおの競争優位性評価(5段階評価)⇒★★★☆☆

・ジョンソンエンドジョンソン(JNJ)は米国の大手ヘルスケア企業です。JNJといえば、S&P格付けにおいて世界中でたった2社にしか与えられていないAAAの称号を与えられている超優良企業です(もう一社はマイクロソフト)。

・JNJは、消費者向製品、医療用医薬品、医療用機器の大きく三つの部門があり、どの部門も非常に競争優位性がありますが、中でも随一は医療用医薬品です。売上に対する税前利益率はなんと30%を超える超高収益の分野です。

・医療用医薬品に関して言えば、競争優位を与えている最大の要因はやはり特許です。特許があるからこその超高収益なのです。一方、特許には期限があるので、現時点で特許があることが超長期で見た場合の競争力とはならず、長期的に見ればニーズのある医薬品を生み出し続ける研究部門の強さが競争力の源泉となります。

・この点、JNJは長年のノウハウがあり、研究施設も充実しており、優秀な人材の採用にも力を入れ、なんといっても、毎年$10 bil前後の研究開発費を投じているので、ここが他社を寄せ付けない競争力の源泉となっています。

・但し、優れた研究開発体制の整備は他の大手製薬会社も同様に注力しており、競合他社と比較したときに、特別な競争優位性というのは発揮しづらい業種ではないかと思われます。

<理論株価>
237.03ドル(2021年12月31日時点)
※1 直近3年間のフリーキャッシュフローの平均が今後半永久的に2%(米国の平均インフレ率)ずつ成長していくと仮定し、Discounted Cash Flow(DCF)法で計算。
※2 DCF法の概要はこちらご参照。

NYダウ銘柄理論株価一覧はこちらご参照ください!

<セグメント毎ビジネスモデル>
・Consumer
消費者向け製品販売。主力製品はスキンケアのニュートロジーナやアビーノ、バンドエイド、コンタクトのアキュビュー等。

Pharmaceutical
・法人向け医療用医薬品販売。がん、免疫疾患 、精神・神経疾患(中枢神経・疼痛)、ワクチン 、代謝・循環器疾患の5つの疾患領域における医薬品がメイン。

Medical Devices
・法人向け医療機器販売。外科、整形外科、眼科、循環器、がんなどの分野の治療に関する医療機器がメイン。

<決算情報>

・売上は93,775百万ドルと前年対比13.6%増加。主力のPharmaceutical部門で、今年から売上の立つコロナワクチンを筆頭に、売上高No 1のSTERALA(免疫薬)、No2のDARZALEX(腫瘍薬)などが牽引。更に、2020年はコロナによる病院の混乱で大きく売り上げが落ち込んでいた医療機器も反動需要で17.9%増。

・純利益は20,878百万ドルで前年対比41.9%増加。昨年はベビーパウダー及びオピオイド関連訴訟で訴訟費を51億ドル計上していたが、2021年はこれが23億ドルに減額。また、収益性の高いPharmaceutical部門の売上が大幅に伸びたことが利益を押し上げた。

・2021年11月にコンシューマー部門の分社化を発表。1年半~2年程で完了する予定。

<財務情報>
1_JNJ_2022.png
2_JNJ_2022.png
3_JNJ_2022.png
4_JNJ_2022.png
5_JNJ_2022.png
6_JNJ_2022.png
7_JNJ_2022.png
8_JNJ_2022.png
9_JNJ_2022.png
10_JNJ_2022.png


応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。
「低年収・子持ち・投資知識ゼロの人がFIREするためにやるべきたった一つのこと」を、31歳でFIREした僕が自身の実体験をもとにnoteにまとめました。

また僕がFIRE計画時に実際に作成した収支計画表(Excel)も添付してます。必要な資産額や何歳でFIREできるかがわかりますので是非ご覧ください。

興味ある方はここをクリック!
[ 2022/03/28 18:40 ] 7.理論株価&財務分析 | TB(-) | CM(0)

【3M】 ビジョナリーカンパニーの中の最優良企業の理論株価は? (2021年12月期)

logo-3M-2016.png


<りろんかぶおコメント>

りろんかぶおの競争優位性評価(5段階評価)⇒★★★★☆

・3Mは世界最大手の化学品メーカーです。3Mで思い出されるのは、世界中でベストセラー本となった“ビジョナリーカンパニー”(世界で最も卓越した企業群の研究に関する本)での次の一節。

「今回調査した十八社の中で、今後50年間、100年間、成功を続け、環境の変化に対応していく企業を一社だけ選べと言われれば、私たちは3Mを選ぶだろう。」

・“ビジョナリーカンパニー”では3Mの競争力の源泉を企業文化にあると説明しています。3Mでは15%ルール(勤務時間の15%迄を自分で選んだテーマや創意工夫にあてるよう奨励するルール)に代表されるように、個人の創意工夫を最大限に促すような制度がふんだんに整えられております。各社員にチャレンジを奨励し、小さなアイデアを大事にし、必要なだけの自由を与える、長年にわたって形成された3Mの企業文化こそが3Mが今後も反映し続けると確信できる最大の要因と説明します。

・3Mの事業戦略は、競争の激しい市場を避け、市場規模が小さくても先駆者の少ない市場を狙い、常に新商品を投入し続け、沢山のトップシェア商品を確保し続けるという「ニッチトップ戦略」です。この戦略は、獲得できるそれぞれのマーケットサイズが小さいですし、3Mのような大企業がこの戦略をとるには、膨大なニッチトップ製品群を生み出し続けねばなりません。

・故に大企業にはあまり向かない戦略ですが、3Mは敢えてこの戦略をとり、膨大なニッチトップ製品群を生み出し続けるために15%ルール等の企業文化を作ってきたわけです。これが、3Mがイノベーションマシーンとたとえられるゆえんであり、これを100年以上出来ているということ自体が企業文化という3Mの競争優位性が今後も持続的であると思わせてくれるところです。

・3MのROEは40%を超え、営業利益率は約20%に達します。少ない資本で製品を製造し、一つ一つの製品に大きな競争力があるがために大きな営業利益率を確保できるのです。

・具体的な製品を見ていくと、3Mの売上の多くは、万が一にも間違いがあってはいけない自動車、船舶、飛行機などの工業向けや、人命にかかわる医療・セーフティ向け製品、からなっており、こういった分野では長年の実績が信頼につながり、「ほかに安い製品はあるけど、万が一それが原因で大きな事故につながったら取り返しがつかない。それだったら実績が十分な3Mの製品を買おう」となるわけです。このような顧客が抱く3Mへの信頼が他社との差別化要因・競争力の源泉になっていると考えられます。

<理論株価>
187.00ドル(2021年12月31日時点)
※1 直近3年間のフリーキャッシュフローの平均が今後半永久的に2%(米国の平均インフレ率)ずつ成長していくと仮定し、Discounted Cash Flow(DCF)法で計算。
※2 DCF法の概要はこちらご参照。

NYダウ銘柄理論株価一覧はこちらご参照ください!

<セグメント毎ビジネスモデル>

Safety and Industrial
・個人用保護具や安全対策製品などのセーフティ関連製品の販売。
・自動車、船舶、飛行機やその他工業向けの化学製品販売。主にテープ、研磨剤、接着剤、塗装、充填材等。

Transportation and Electronics
・貨物船、電車、スクーター等、幅広い輸送手段の製造に必要な製品の販売。
・コネクトケーブル、表面保護テープ、半導体部材等のエレクトロニクス関連製品販売。

Health Care
・医療用機器、スキンケア、感染防止関連の製品販売。

Consumer
・ポストイット、テープ等の家庭用品、文房具関連などの製品販売。

<決算情報>

・売上は35,355百万ドルと前年対比9.9%増、全セグメント、全エリアで販売量が増えたことが主因。特に中国の伸びは17%と強い。

・純利益は5,921百万ドルで前年対比10.0%増加、上述の増収効果と実質税率の低下の恩恵を、コロナからの需要回帰によるサプライチェーンの乱れ、原材料価格高騰、輸送コスト高騰などのコスト増が一部相殺。

<補足>

・3Mの業績に重大な影響を与えるものとしてPFAS訴訟というものがあります。」

・PFASとはパーフルオロアルキル化合物及びポリフルオロアルキル化合物(poly- and perfluoroalkyl
substances)の略で、約 4,500 種類の合成化学品の総称です。耐火性・耐水性・耐脂性という物理的性質をもっており多種多様な産業・商業製品に使用されています。

・ところがこのPFAS、2000 年代初頭に「残留性が高く、生体内に蓄積されやすい性質があり、毒性がある」と認定されました。PFAS が一度自然環境へ放出されると、その分散性の高さから、地下水及び地表水を汚染し、ひいては飲料水が汚染される可能性があります。

・そして3Mの多くの商品の中に、かつてPFASが含まれていました。そしてそのPFASによる水質汚染やそれに伴う人的被害から、3Mは米国内の多くの州から訴訟を受けています。法規制上は3Mに非があるのは明らかで、今のところアラバマ州には$35 million、ミネソタ州には$850 millionを支払って和解しています。

・その他にも、ニューヨーク州、オハイオ州、ニュージャージー州、ニューハンプシャー州など含め11州から訴訟を受けており、ミネソタ州だけを見ても$850milだったことから、その合計金額は超巨額になると考えられています。この点はしっかりリスクとして認識しておく必要があります。

<財務情報>
1_MMM_2022.png
2_MMM_2022.png
3_MMM_2022.png
4_MMM_2022.png
5_MMM_2022.png
6_MMM_2022.png
7_MMM_2022.png
8_MMM_2022.png
div_MMM_2022.png
seiko_MMM_2022.png


応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。
「低年収・子持ち・投資知識ゼロの人がFIREするためにやるべきたった一つのこと」を、31歳でFIREした僕が自身の実体験をもとにnoteにまとめました。

また僕がFIRE計画時に実際に作成した収支計画表(Excel)も添付してます。必要な資産額や何歳でFIREできるかがわかりますので是非ご覧ください。

興味ある方はここをクリック!
[ 2022/03/25 18:50 ] 7.理論株価&財務分析 | TB(-) | CM(0)

【フィリップモリス】 たばこ界の最強企業の理論株価は?(2021年12月期)

logo-PM-2017.png


<りろんかぶおコメント>

りろんかぶおの競争優位性評価(5段階評価)⇒★★★★

・フィリップモリス(PM)は言わずと知れたたばこの世界最大手。
ジェレミーシーゲル著「株式投資の未来」で、S&P500構成銘柄の中で過去半世紀において最も高いリターンを達成した銘柄としても紹介されてます。

・PMは元々米国含む全世界を対象にたばこ事業を展開しておりましたが、2003年にアルトリアグループに社名変更し、その後2008年にタバコ事業国際部門としてスピンオフされたものが現在のPMとなっております。(なので米国以外の全世界が事業の対象)

・PMの代表的なブランドはタバコを吸わない人でも一度は聞いたことあるマルボロ。
世界各国で事業を展開しそのどのエリアでもだいたいはマーケットシェアNo1かNo 2を占める、たばこ界の最強企業。

・そして最近iQOSと呼ばれる非燃焼・加熱式たばこを新たに売り出し、人気を集めてます。
従来のたばこはタバコを燃焼させるため煙が出ますが、iQOSは燃やさず加熱することでニコチンを含むエアロゾルを生じさせてそれを吸引するというもの。たばこ企業は独自の研究で、加熱式は燃焼式よりも健康への害が少ないということを発表しており、近年売上を伸ばしてます。

・下表の営業キャッシュフローを見るとわかる通り、強力なブランド力で顧客を完全に囲い込み、ほとんど投資キャッシュフローを必要としないためフリーキャッシュフローの大きさと安定性がえげつない!
但し、やはり健康を害する商品であることは間違いなく、業界的には縮小しゆく分野、かつ規制や訴訟、かつ増税の対象になりやすい業界でもあります。

・りろんかぶおは大のたばこ嫌いの為、きっと買わないだろうなと思っていた企業ですが、現在のPMのビジョンは「すべての従来型たばこを将来的に加熱式たばこに置き換え、健康への害を減らし煙のない未来を創ること」だそうです!
まあ、現在の稼ぎ頭の従来たばこを悪者にしている感あり、究極のジレンマですが。。

・一方、日本呼吸器学会などの独立した機関からは、「加熱式たばこが燃焼式よりも健康リスクが低いとは言えない」「加熱式において、煙は出ないのではなく見えにくいだけであり受動喫煙リスクは軽減されない」といったことを言っており、健康への害が少ないかどうかは更なる研究が必要みたいです。

<理論株価>
86.85ドル(2021年12月31日時点)
※1 直近3年間のフリーキャッシュフローの平均が今後半永久的に続くと仮定し、Discounted Cash Flow(DCF)法で計算。
※2 DCF法の概要はこちらご参照。

NYダウ銘柄理論株価一覧はこちらご参照ください!

<セグメント毎ビジネスモデル>

・基本的には、全世界(米国以外)でたばこを販売することで収益をあげるというとてもシンプルなビジネスモデル!

・代表的なブランドは、Marlboro、L&M、Chesterfield、Philip Morris、iQOS等。

・Marlboroは世界で最も買われているたばこでフィリップモリスの数あるブランドの中でも販売個数でいうと全体の30%超を占めます!

・米国と中国を除いた全世界のマーケットシェアは30%弱で世界No 1。

<決算情報>

・売上は82,223百万ドルと前年対比8.1%増加、加熱式タバコの販売量増、加熱式タバコデバイスの販売量増、単価増のプラスの要因を、紙巻きたばこの販売量減が一部相殺。

・純利益は9,109百万ドルで前年対比13.1%増、上述の売上増に加え、製造コスト減が寄与。

<財務情報>
chart_PM_2022.png
rev_PM_2022.png
pat_PM_2022.png
cf_PM_2022.png
roe_PM_2022.png
eps_PM_2022.png
seg_PM_2022.png
area_PM_2022.png
div_PM_2022.png
seiko_PM_2022.png



応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。
「低年収・子持ち・投資知識ゼロの人がFIREするためにやるべきたった一つのこと」を、31歳でFIREした僕が自身の実体験をもとにnoteにまとめました。

また僕がFIRE計画時に実際に作成した収支計画表(Excel)も添付してます。必要な資産額や何歳でFIREできるかがわかりますので是非ご覧ください。

興味ある方はここをクリック!
[ 2022/03/24 14:25 ] 7.理論株価&財務分析 | TB(-) | CM(0)

【ベライゾン】米通信大手の理論株価は?(2021年12月期)

rogo-2016-VZ.png


<りろんかぶおコメント>

りろんかぶおの競争優位性評価(5段階評価)⇒★★★★

・Verizonは米国の大手通信企業です。米国では、米国全土でサービスを展開する大手通信事業者は、AT&T、Tモバイル、Verizonの3社が存在。1984年に、それまで米国全土での長距離通信事業を牛耳っていたAT&Tが7つの地域通信事業者に解体され、そのうちの一つが他社との合併を経て、2000年にベライゾンが設立されたもの。

・この業界は、連邦通信委員会(FCC)などによる規制の多い業界で、かつ、設備投資額が巨大な為、それ自体が参入障壁となっており、競争が少ない業界です。元々通信事業は他者との差別化が難しいサービス形態(回線に快適につながればどこの会社でもよい)だとは思いますが、ベライゾンの営業利益は20%前後であり、やはりこの寡占市場での恩恵を受けている状況だと思います。

・更に、通信各社は5Gの開発を進めており、今後本格化するIoTの時代においては、通信事業が更に存在感を増すことが予想されます。寡占市場で、かつ、今後も市場規模が大きくなることが予想される業界ということで、業界全体で見ておけば堅実なリターンが期待できるのではないかと考えます。

・2020年4Qにバフェットが大規模投資したことで話題に。

<理論株価>
255.17ドル(2021年12月31日時点)
※1 直近3年間のフリーキャッシュフローの平均が今後半永久的に2%(米国の平均インフレ率)ずつ成長していくと仮定し、Discounted Cash Flow(DCF)法で計算。
※2 DCF法の概要はこちらご参照。

NYダウ銘柄理論株価一覧はこちらご参照ください!

<セグメント毎ビジネスモデル>

1.Consumer Group

一般消費者向けの無線及び有線通信サービスの提供。

・Service
無線通信サービス(主に携帯の通信等。米国の一部地域では5G通信サービスも開始済み)
有線通信サービス(主に固定電話やインターネットの有線サービス等。縮小していく市場なるも、特に光ファイバー網の整備に注力)

・Wireless Equipment
無線通信用機器販売

2.Business Group

国内外の法人や、米国内の連邦及び州政府向けに、無線及び有線通信サービス、ビデオ・データサービス、組織内ネットワーク、セキュリティ、音声サービス、IoTサービス

・Global Enterprise(海外企業向けサービス)

・Small and Medium Business(米国内企業向けサービス)

・Public Sector and Other(連邦政府、州政府、教育機関向けサービス)

・Wholesale (Verizon設備を最終消費者向けに提供している企業向けのサービス)

3.Corporate and Other

現時点ではこのセグメントに、コーポレート関連の経費に加え、メディア事業が属す。Verizonは近年、AOLとYahooを立て続けに買収し、両社を合併してVerizon Mediaを傘下に置く。メディアを通じての広告収入がメイン。

<決算情報>

・売上は133,613百万ドルと前年対比4.1%増。ワイヤレスサービスの契約者数増、契約単価増に加え、期中に買収したトラクフォン(格安携帯)の売上が4Qから反映されたプラスの要因を、メディア事業売却による減収が一部相殺

・純利益は22,618百万ドルで前年対比27.1%増。メディア事業の売却益計上、サービス料金に対する貸倒引当金の取り崩し、電波帯取得費に係った借入の資産計上化が主因。

<財務情報>
chart_VZ_2021.png
rev_VZ_2021.png
pat_VZ_2021.png
cf_VZ_2021.png
roe_VZ_2021.png
eps_VZ_2021.png
seg_VZ_2021.png
div_VZ_2021.png
seiko_VZ_2021.png


応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。
「低年収・子持ち・投資知識ゼロの人がFIREするためにやるべきたった一つのこと」を、31歳でFIREした僕が自身の実体験をもとにnoteにまとめました。

また僕がFIRE計画時に実際に作成した収支計画表(Excel)も添付してます。必要な資産額や何歳でFIREできるかがわかりますので是非ご覧ください。

興味ある方はここをクリック!
[ 2022/03/23 15:29 ] 7.理論株価&財務分析 | TB(-) | CM(0)

【アムジェン】 米国大手製薬会社の理論株価は?(2021年12月期)

image_AMGN_2020.png


<りろんかぶおコメント>

りろんかぶおの競争優位性評価(5段階評価)⇒★★★★

1. 企業概要

・アムジェンは、バイオ医薬品の草分け的な企業。腎臓病治療薬やがん支持療法薬を専門的に開発してきた歴史を持つ。ビジネスは医薬品販売に特化しており非常にシンプル。

2. 業界展望

・製薬業界は、今後世界的な高齢化が進むことによって、今後大きな成長が見込まれ、非常に魅力的な業界。

3. 個別企業競争力

・製薬会社の競争優位を与えている最大の要因は特許。特許があるからこその超高収益なのです。一方、特許には期限があるので、現時点で特許があることが超長期で見た場合の競争力とはなりません。

・特にアムジェンのような純粋な製薬会社では、一部の大型医薬品に売上高の多くを依存(アムジェンでは売上上位8種の医薬品で全売上高の7割を稼ぐ)する企業にとって特許切れは業績を大きく左右します。よって、ニーズのある医薬品を生み出し続ける研究部門の強さが競争力の源泉となります。

・大きな製薬会社では、より多くの研究開発費をかけることができ、かつ多額の報酬を払うことで優秀な研究者を雇うことができ、医師とのネットワーク、大量のデータなどから効率的な研究開発をすることができます。

・よってアムジェンのような世界的製薬会社は今後も、優れた医薬品を作り出していくことが予想されますが、競合他社と比較したときに、特別な競争優位性というのは発揮しづらい業種ではないかと思われます。

<理論株価>
506.80ドル(2021年12月末時点)
※1 直近3年間のフリーキャッシュフローの平均が今後半永久的に2%(米国の平均インフレ率)ずつ成長していくと仮定し、Discounted Cash Flow(DCF)法で計算。
※2 DCF法の概要はこちらご参照。

NYダウ銘柄理論株価一覧はこちらご参照ください!

<セグメント毎ビジネスモデル>

1. 医薬品
主要医薬品は以下。
Enbrel:抗体医薬の関節リウマチ薬
Prolia:骨粗鬆症
Neulasta:持続型G-CSF

2. その他
・アムジェンがライセンスを持つ医薬品がライセンシーによって販売されたときにアムジェンが受け取るロイヤルティー
・自社の特許技術、R&Dサービス、製造サービスなどをパートナー企業に提供することで得られる収入

<決算情報>

・売上は25,424百万ドルと前年対比2%増加、売上量は伸びたものの単価が下落したことで微増となった。コロナ禍で病院を来防する人が減少していてそれが回復傾向にあったもののオミクロンの蔓延再開で再度来訪者が停滞。また、メディケイド(低所得者向け医療保険制度)加入者の増加や、医療保険未加入者の増加によって、製薬会社にとってはネガティブなインパクトのある傾向が出てきていることは懸念。

・純利益は5,893百万ドルで前年対比19%減少、2021年4月に買収したFIVE PRIME社の買収費用の大半を費用計上(約$1.5bil)したのと、協和キリンとの提携による前払い費用($400mil)が発生したのが主因。

<補足>

1.売上トップ5の特許満了時期(トップ5の薬品で総売上の50%を稼ぐ)

Enbrel(2021年売上:4,465百万ドル):米国:2029年
Prolia(3,248百万ドル):米国:2025年、EU:2022年
Otezla(2,249百万ドル) :米国:2028年、EU:2023年
XGEVA(2,018百万ドル) :米国:2025年、EU:2022年
Neulasta(1,734百万ドル) :特許満了済

総売上(25,979百万ドル)

2.パイプライン(開発段階の薬品)

Phase 1: 20種
Phase 2:10種
Phase 3:15種

各フェーズの説明
Phase 1(1~2年):ごく少人数の健康な方を対象に少量と投与を行なって作用と安全性を確認。
Phase 2(1~2年):少数の患者さんを対象に安全性の確認と、適切な容量設定を行うための試験。
Phase 3(2~3年):多数の患者を対象に有効性、安全性の確認。

<財務情報>
kabuka_AMGN_2021.png
rev_AMGN_2021.png
pat_AMGN_2021.png
cf_AMGN_2021.png
roe_AMGN_2021.png
eps_AMGN_2021.png
seg_AMGN_2021.png
area_AMGN_2021.png
div_AMGN_2021.png
seiko_AMGN_2021.png


応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。
「低年収・子持ち・投資知識ゼロの人がFIREするためにやるべきたった一つのこと」を、31歳でFIREした僕が自身の実体験をもとにnoteにまとめました。

また僕がFIRE計画時に実際に作成した収支計画表(Excel)も添付してます。必要な資産額や何歳でFIREできるかがわかりますので是非ご覧ください。

興味ある方はここをクリック!
[ 2022/03/22 15:42 ] 7.理論株価&財務分析 | TB(-) | CM(1)

バフェット銘柄の取得単価一覧(2021年12月末時点)

バフェット


<バークシャーハサウェイ保有銘柄取得単価>

バークシャー社のCEOであるバフェットといえば、約50年にもわたって平均約20%のリターンを上げ続けてきた
伝説の投資家です!
(同期間の市場平均は10%程度)

誰もがバフェットの投資戦略をまねたいと思っているといっても過言ではないでしょう。


そんなバフェットの投資戦略は非常にシンプルで、
毎年株主宛に出す「バフェットの手紙」では、
以下のように述べております。

「私たちが選ぶ企業の条件は、

① その内容を私たちが理解し、

② 将来にわたり長期的に好ましい業績が見込め、

③ 経営幹部は誠実で有能な人々であり、

④ 非常に魅力的な価格で購入すること。


です。」

この中でも重要なのが
「④の魅力的な価格で購入すること」です。

バフェットが各銘柄を購入した時の取得単価を見ることで、保有企業に対してどの程度が魅力的価格と考えているかをひも解くことができます。(但し、30年前の適正価格と現在の適正価格は全然違うので注意。コカ・コーラやアメリカンエクスプレスなどは30年以上前に取得)

以下が2021年末時点の主要保有銘柄の取得単価となります。

バークシャー取得単価一覧(2021年12月31日時点)

銘柄バークシャー
取得単価
(US$)
現在株価
(US$)
(2021年末時点)
リターン
Apple34178418%
Bank of America1444214%
American Express81641827%
Coca-Cola3591723%
Moody’s103913785%
Verizon5952-12%
U.S. Bancorp385650%
BYD1343216%
Chevron8911731%
Bank of New York Mellon445833%
General Motors315992%
ITOCHU243130%
Mitsubishi263223%
Charter Communications168652288%
Mitsui172437%


応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。
「低年収・子持ち・投資知識ゼロの人がFIREするためにやるべきたった一つのこと」を、31歳でFIREした僕が自身の実体験をもとにnoteにまとめました。

また僕がFIRE計画時に実際に作成した収支計画表(Excel)も添付してます。必要な資産額や何歳でFIREできるかがわかりますので是非ご覧ください。

興味ある方はここをクリック!
[ 2022/03/09 16:58 ] 11.バフェット銘柄取得単価 | TB(-) | CM(0)

自分のポートフォリオ(2022年2月末時点)


1. りろんかぶおの基本投資方針

資本を通じて世の中に貢献すること

を基本理念とし、以下4つを満たす企業への投資を行う。


1. 今後も人々の生活に不可欠な事業を行っている企業

2. 業界内で確固とした競争優位性を持っている企業

3. 株主利益の最大化を重視する企業

4. 割安な企業


いろいろ勉強していくうちに微修正していくかもしれませんが、
大まかには変わらないと思います。


2. りろんかぶおのポートフォリオ

りろんかぶおポートフォリオ(2022_2_28時点)


3. りろんかぶお vs S&P 500

<投資期間平均年率リターン>
りろんかぶお:7.16%
S&P500(配当込):13.62%

<前提条件>
計算方法:投資期間のキャッシュフローをIRRベースで計算
投資期間:2015年9月29日(投資開始日)~現在
配当込・手数料込・税引後

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。
「低年収・子持ち・投資知識ゼロの人がFIREするためにやるべきたった一つのこと」を、31歳でFIREした僕が自身の実体験をもとにnoteにまとめました。

また僕がFIRE計画時に実際に作成した収支計画表(Excel)も添付してます。必要な資産額や何歳でFIREできるかがわかりますので是非ご覧ください。

興味ある方はここをクリック!
[ 2022/03/01 15:35 ] 3.著者ポートフォリオ | TB(-) | CM(0)
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【生年】:1987年
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:現在はセミリタイアし専業投資家。元総合商社勤務(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:資本を通じて社会に貢献すること


プロフィール詳細はこちら

PR
株式投資本の王道
















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら