バフェット部 FIRE達成の東大卒元商社マンの米国株情報サイト

M&Aを手掛けた東大卒元商社マン(証券アナリスト資格有、現在はFIREを達成し専業投資家)が主に米国株の理論株価を全力分析!(平日毎日12時更新)

月別アーカイブ  [ 2021年06月 ] 

≪ 前月 |  2021年06月  | 翌月 ≫

バフェットに学ぶポートフォリオ入れ替え時の心得

バフェット名言集


ポートフォリオを入れ替える際に、

普通の人間心理でいうと、

「含み損を抱えた銘柄を損切りできない。」

「大きく含み益を抱えている銘柄は株価が高い時に利益確定したい。」

という思いから、含み益が大きい順に売却し、含み損が大きい銘柄を保有継続してしまうものです。


ただ、投資の神様であるウォーレンバフェットはこの投資行動を真っ向から批判します。

つまり、含み益が大きい銘柄から順に手放すなんて馬鹿げているということです。

彼はこれをバスケットチームに置き換えて面白い例え話をしています。

「大学バスケットボールチームのスーパースター選手何人かに投資した時、彼らの内ほんの一握りでも一躍NBA(米国バスケのプロ)の花形選手にのし上がれれば、彼らからの取り分はすぐに投資家のロイヤリティ収入の大きな柱となるのです。ある銘柄がポートフォリオの中で大部分を占めるまでに成長したので、その最も成功した投資銘柄をこの投資家が売却するとすれば、それはまるでチームにとって重要な存在になったので、マイケルジョーダンをシカゴブルズがトレードに出すようんものなのです。」

これに似た考えとして江戸時代に相場の神様と呼ばれた米商人で山師の本間宗久の以下の名言があります。

「損はすぐに切って、得は長く持つ」

これも、含み損の銘柄を売却し、含み益の銘柄はできるだけ長く保有すべきことを示唆しています。


普通の人と、バフェットの考え方に違いが生じるのはなぜでしょうか?

そこには、投資先の企業が稼いだ利益が株主である自分に帰属しているとしっかり認識できているかどうかによると思います。

普通の人にとって、株式保有時の収入というのは配当だけと考えます。

よって、特に配当がないような銘柄では株式を保有しているだけでは収入にはならないので、株価が高くなった時に売って利益を獲得したいと思うわけです。

一方でバフェットのような本当の意味での投資家は、例えば配当がなくとも投資先企業の税後利益は株主である自分にしっかりと帰属していることを認識しています。

よって、配当がなくとも、業績好調な企業を保有しているということは、しっかりと自分にも実入りがあると認識できているのです。

バフェットは「株式を買う」という表現を嫌い、「企業の一部を所有する」という表現を好みますが、ここにもその考えが表れているといえるでしょう。


まとめるとポートフォリオ入れ替え時に考えることは、

業績も株価も今後の見通しも絶好調な企業は保有し続け、

業績も株価も今後の見通しも絶不調な企業から順に処分していく、

これが長期的なパフォーマンスを向上させることにつながるでしょう。

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。




[ 2021/06/30 12:01 ] 12.バフェットの投資哲学 | TB(-) | CM(0)

民主主義ってもう厳しくないですか?

民主主義には限界があると思う。

大きく以下二つの理由があると思っている。

①大衆というのはよく間違う

主権が属する大衆は基本的にそこまで頭が良くない。

国家戦略を長期的目線で考えられる国民がどれだけいるだろうか?

よって長期目線の政策を打ち出す政治家は支持されにくい。

かつ、メディアの質が悪いと大衆はよく間違う。

メディアの質が悪くなるのは資本主義社会では必然。

なぜならメディアの収益源は広告収入。

広告収入を最大化するのがメディアの至上命題。

そのためには多くの人に見てもらう必要あり。

そのためには人間の恐怖をあおるようなテーマが最も効果的

よって、メディアというのは事実を事実以上に誇大に打ち出し、
大衆の意思決定を間違わせる。

コロナ新規感染者数が世界でピークの時、世界的には異常なまでに新規感染者数が少なかった日本でも
何とか国民の恐怖をあおるのがメディアの仕事だったのもそのため。


②少子高齢化で世代間ギャップが発生

民主主義国家で少子高齢化が進むと、当然マジョリティを支配する高齢者に有利な政策になる。

一方で高齢者とは、残りの人生の長さを考えても短期目線の政策が重視されがち。

よって国家による先端分野への資本分配などが行われにくい。

また、引退した高齢者は国の生産活動に貢献していないものの、自身の生活を守るために生産活動を担う若者から搾取する(社会保障として)政策を支持する。

(これは人間の性なので高齢者を責めているわけではないし、全ての高齢者がこう考えているといっているわけでもない)

低所得者からもまんべんなく重い税負担を強いるわけにはいかず、すると自然と高所得者が多く払う累進課税になる。

こうなると生産活動を担う若者は、いくら頑張って額面給与を上げても、税引き後の手取りがいっこうに増えないことを悟り、頑張らなくなる。

すると、国の生産活動自体が停滞してしまう。

STOP

民主主義というのは17世紀に欧州を起点に世界中に広がった統治体制。

そこからもうすぐ400年がたとうとしている。

もちろん絶対王政や封建制が良いといっているわけではないが、
多様化したメディアと少子高齢化という時代の流れに合わせて、
大幅な軌道修正が迫られている気がする。

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

[ 2021/06/29 11:02 ] 15.経済の勉強部屋 | TB(-) | CM(0)

【バフェットの教え】賢明な投資のための5つのポイント~自分のPFの中のマイケルジョーダンをトレードに出すようなばかげたことはするな~

バフェット名言集


【バフェットの教え】賢明な投資のための5つのポイント
※「バフェットの手紙からの引用」

1.活発に動かないこと

FRBの方針やアナリストの市場認識の変化で活発に取引する必要はない。
売買のたびに手数料が発生し、そのコストが長期的なパフォーマンスを押し下げる。
投資家に必要なのは、有能な経営者が素晴らしい財務状態で運営する企業をそれに見合った価格で買うこと。
買ってしまえば、あとはその企業が良い状態を保っていることを監視してさえいればよい。

2.最も成功している投資銘柄を売却しないこと

ある銘柄が好業績で株価が上昇してポートフォリオで大部分を占めるまでに成長したとき、
利益確定の売却をするということは、まるでマイケルジョーダンのようなスーパープレイヤーをトレードに出すようなもの。

3.自分の能力が及ぶ範囲の境界を自ら認識すること

賢明な投資家に求められるものは、選択した企業を正しく評価する能力。
全ての企業についてあらゆる知識を有する必要はないし、数多くある必要もない。
自分の能力の及ぶ範囲内にある企業の価値を見極められればそれでよい。

4.他の人がどん欲な時には警戒し、他の人々が警戒している時にどん欲になるべき

投資家の中には、長期間上昇が続いた後で投資を開始し、相場の停滞や下落が続いた後で手じまうということをする人が多く存在する。
投資家にとって興奮は敵であることを肝に銘じなくてはいけない。

5.投資では、ストライクを三球見逃してもアウトにはならない

野球で殿堂入りするようなバッターは、ボール球に手を出さず、甘い球をしっかりと仕留めるバッター。
投資においても同じでボール球には決して手を出さないことが重要。
もっと言えば投資において三振はないので、ストライクゾーンのボールでも外角低めのような難しいボールにあえて手を出す必要はない。
ど真ん中にきた、確実に仕留められるボールを何球でも待てばいい。

STOP

・今のようなイケイケの市場環境は、多くの投資家が「どん欲」な時といえるかもしれないですね。バフェットの教えに従えばこのような時こそ警戒すべき時ですね。

・マイケルジョーダンの話も面白い。多くの投資家は株価が上昇して利益が乗った銘柄を売却して、含み損が膨らんだん銘柄を保有し続けてしまう傾向があります。PFの中で最も価値の高い企業を手放す必要はないんですね。

・売買手数料は小さいとは言え、これが積み増すととても大きな金額になります。活発に動く人は証券会社に多くのお金を落としていることをしっかり認識する必要がありますね。

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

[ 2021/06/28 11:29 ] 12.バフェットの投資哲学 | TB(-) | CM(0)

ウイグル人を救うために自身の消費行動を見直す


米商務省は6月23日、中国におけるウイグル族の強制労働に関与したとして、
中国企業4社と中国共産党系組織を輸出禁止リストに追加しました。

その内一社は輸入禁止リストにも追加されました。


このように、北京オリンピックを前にウイグル族への人権侵害問題は国際世論の焦点の的です。

今年3月には、H&Mが新疆ウイグル自治区に工場を持つ中国企業との取引停止や、
同自治区で生産された綿花の調達の中止などを発表したことで、
中国国民の同社製品に対する不買運動が行われたことも話題になりました。

また、ユニクロの綿製シャツが、ウイグル人の強制労働をめぐる米国政府の輸入禁止措置に違反したとして、
今年1月に米当局から輸入を差し止められていたことが判明しました。
(ユニクロはウイグル人の強制労働への関与を否定)

他にも、オーストラリア戦略政策研究所(ASPI)は昨年、
日本企業14社を含む大手グローバル企業83社の中国国内のサプライヤー工場で、
ウイグル族が強制労働させられていることを示す調査報告書を発表しました。

(日本企業14社に含まれるのは、日立製作所、ソニー、TDK、東芝、京セラ、三菱電機、ミツミ電機、シャープ、任天堂、ジャパンディスプレイ、パナソニック、無印良品(良品計画)、ユニクロ(ファーストリテイリング)、しまむら)

2022年に開催される北京オリンピックへの欧米各国によるボイコットもささやかれております。


一方の中国は、人権侵害を一貫して否定しており、諸外国の対応に関して「内政干渉だ!」と主張しております。

そんな中、国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは2021年6月10日、ウイグル族などイスラム教徒の少数民族に対し、中国政府が人道に対する罪を犯しているとする報告書を公表しました。

ここまで国際問題化しているウイグル族への人権侵害はもはや疑いの余地がありません。

そもそもなぜ中国政府はウイグル人を弾圧するのか?

元々、ウイグル族は民族的にも宗教的にも中国の文化とは相いれないところがあり、昔から独立意欲旺盛な民族でした。
長年にわたって独立運動が行われてきましたが、中国としても肥沃で天然資源も豊富な新疆ウイグル自治区を手放すことはしたくなく、弾圧を続けてきたわけです。

それが習近平政権になってか過激化し、ウイグル族を「テロ予備軍」と認識し、
2017年ごろから強制収容者などでの「再教育」という名の下、強制不妊手術や身体的自由の剥奪、拷問、迫害が行われてきたのです。


この問題に関して、海外に住む我々も無関係とはいえないのです。

経済がグローバル化した世の中において、我々自身もウイグル人の強制労働によって生産されたものを無意識のうちに買ってしまうということが現にあるということを自覚する必要があります。

その一方で、だからこそ我々一人一人が消費活動を見直すことでウイグル人を救うこともできるのです。

例えば、日本のどこかのメーカーがウイグル人の強制労働に関与しているとして、「問題が解決されるまでそのメーカーの製品を買わない」という不買運動を行えば、そのメーカーは問題解決に必ず動くはずです。


この点に関しては、日本ではまだまだ議論が浅い状況ではありますが、欧米では深刻な論点として昔から議論されていました。

我々も、この事実にしっかりと目を向け、自身もこの問題の当事者であることを自覚し、
発信や消費活動を見直すことでウイグル族の人々を救う努力を一人一人がしていく必要があります。

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。


[ 2021/06/25 12:18 ] 15.経済の勉強部屋 | TB(-) | CM(0)

人生の最後まで自分の面倒は自分で見る~社会保障問題への抜本的解決案~


高齢化著しい日本では社会保障給付費はうなぎのぼり

社会保障給付費_20210624
出典:厚生労働省


この原因はもちろん高齢者の激増

高齢者推移_20210624
出典:総務省統計局


社会保障給付費の財源は現役世代からの保険料収入と公債。

保険料収入_20210624
出典:財務省


現役世代の負担率も当然上昇

社会保険料率の変遷

出典:公表資料を基に著者が作成

しかも実質賃金が減少傾向にある中の負担増

実質賃金指数_20200623


今後も少子高齢化は明らかに続く

人口減少現状_20200511

出典:内閣府



マクロ経済スライドで、現役世代の負担を抑制する制度は導入しているものの、
高齢者の収入を減らしているだけで根本的な解決にはなっていない。





個人的には、

「人生の最後まで自分の面倒は自分で見る」

ということを提案したい。

人間というのは本来こうあるべきだと思う。

生きることの全てを誰かに頼って生きていけるほど甘くないはずだ。

ここで必ず突っ込まれるのは、

「とはいっても、年を取ったら体も頭も思うように動かず働けないではないか!」

という疑問。

資本主義は、この疑問に対して何百年も前から答えを用意してくれている。

働ける若いうちは労働収入で稼ぎ、年を取って動けなくなれば資本収入で稼げばいいのだ。

つまり若いうちは労働によって社会に貢献し、年を取ったら資本を通じて社会に貢献すればいい!

そうすれば、一生社会に貢献をして一生収入を得られる!

そのために、若いうちに目いっぱい働いて資本を蓄積していく必要がある!

今天引きされている社会保険料を蓄積していくだけでも相当な額になるはずだ。

そして、それだけでは足りずやはりその資本を若いうちから運用しなければならない。

そのためには金融リテラシーをもっと上げるための教育を充実させる必要があるだろう。

少子高齢化社会ではもうこれしかないと思う。

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。


[ 2021/06/24 11:57 ] 15.経済の勉強部屋 | TB(-) | CM(0)

CFDによるレバレッジ投資

image_20210623.png


バフェットが長期にわたって高いリターンを上げてきた最大の源泉は
銘柄選択や投資タイミングでなく、「レバレッジ」だった、ということを以下記事で紹介しました。

バフェットの年率リターン20%の源泉は銘柄選択や投資タイミングではなく〇〇だった!

ここで生じる疑問は、

「とはいえ米国株に投資する日本の個人投資家でもレバレッジなんてきかせられるの?」

といったもの。

答えはYesです!

米国株投資において日本人がレバレッジを利かせて投資する方法としてCFDでの投資があります。

今回はCFDでレバレッジを利かせる仕組みについて分析していきます。

1.CFDとは

CFDとは、為替や株式、株価指数、原油や金などの商品など様々な資産に投資することができる金融商品のことです。

CFDでは用意した金額(証拠金)よりも大きな金額を取引することができます。外国株CFD・バラエティCFDなら証拠金の5倍、株価指数CFDなら10倍、商品CFDなら20倍の金額の取引が可能です。

よくFXではレバレッジを20倍とかにして投資ができますが、FXはCFDの商品の一つで、要はCFDはあらゆる金融商品にレバレッジを利かせて投資したい人向けの商品です。


2.レバレッジを利かせるためにCFDの運営会社は裏で何をしている?

レバレッジを利かせる方法は大きく以下の2通りあります。

①先物を活用する

先物とは、将来のある時点である価格で買う、という「約束」をする取引です。
例えば、3か月後に日経平均を30000万円(先物価格は市場で決まる)で買うという約束をする、といった具合です。

将来の約束をするだけなので、現時点では手付金として証拠金(通常は取引代金の10%とかそれ以下)を拠出するのみで問題ないです。

先物には期日があるものの、CFDでは運営会社側で先物を次々に新しい期日に乗り換えていくことで、長期投資も可能です。

この方法でのレバレッジは先物が存在する株価指数や商品などが対象です。


②借入をする

シンプルに借入をする方法です。一般的な信用取引と同じです。

例えば100万円にレバレッジを5倍利かせたい場合は、400万円を借り入れて合計500万円で運用する、といった具合です。
当然金利負担が生じます。

これは先物が存在しない個別株などに適用されます。


3.CFDにおけるコスト

以下4つがあります。

①取引手数料
これは取引ごとに係る手数料です。普通の証券口座で株式を買うときにもかかりますが、CFDでは手数料無料の証券会社が多いです。

②スプレッド
これは買価格と売価格の差のことです。これも証券会社への手数料の一種です。

③オーバーナイト金利
これは日をまたいでポジションを保有する場合に発生するレバレッジに伴うコストです。
先物によるレバレッジの場合は期日を切り替えるときに発生するコストで、
借入によるレバレッジの場合は金利コストです。この金利コストは通常、基準金利に証券会社独自の追加金利を上乗せした金利を支払うことになります。

④配当
ロングポジションの場合は配当の受け取りがありますが、ショートポジションの場合は配当の支払いがあり、これがコストになります。

4.レバレッジのかけ方としては先物の方がお得

先物価格というのは理論的には以下の式で決まります。

先物価格=現在価格+金利(該当期間分)
※対象資産が株式の場合、上記からさらに配当金を差し引く

3か月先の期日の先物を買うとき、
現在価格が100で、3か月間の金利が1の時は、
先物価格は理論的には101になります。

つまり、先物を買うというのは、その期間の金利コストを負担していることになるので、
その意味では借入を行ってレバレッジを利かせる方法とコスト構造は同じです。

但し、一点異なるのは金利の水準です。

先物の場合、基本的にはLIBORなどの銀行間取引金利のみが適用されますが、
借入を行う場合はLIBORにさらに投資家の信用リスク分として2%~3%の金利が上乗せされます。

つまり先物でレバレッジを利かせる場合、自身の信用リスク見合いの金利を負担せずにレバレッジを利かせることができるのです。

但し、先物には期日があるので、長期投資をする場合、期日が到来するまでに、次の期日の先物に乗り換えていく必要があるので、その乗り換え時に発生する売買手数料や価格変動コストなどを負担することになります。

但し、十分な取引金額であればそれらを考慮してもやはり先物によるレバレッジの方がお得でしょう。

STOP

CFDでは米国株指数(ダウ、S&P500、ナスダック100)も取り扱いがあり、これらのインデックスに適度なレバレッジをかけて長期投資するというのも堅実かつ高いリターンを見込めるのではと思います。

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

[ 2021/06/23 11:15 ] 8.企業研究 | TB(-) | CM(0)

原油価格が100ドル/bblに達すると思われてる6つの理由~リモートワークはガソリン需要を増やす?~

原油image_20220622


米国アナリストの間で、アフターコロナの経済回復局面では、
原油価格はさらなる上昇余地がある、と言われています。

バンクオブアメリカのコモディティストラテジストは、6/21の月曜日に以下の理由で
原油価格は100ドルに達する可能性があるとみているとのこと。

<需要サイドの要因>
1.長期のロックダウンで抑圧されていた移動需要の反動
2.マストランジット(電車や飛行機など)の需要回復は遅れ(コロナのなごりで)、長期にわたってマイカー使用が増える
3.コロナ後も定着するであろうリモートワークが逆にドライブ需要を増やす可能性がある

<供給サイドの要因>
4.パリ協定の目標達成のために政府の規制によりエネルギー関連設備投資が抑制される
5.投資家も、財務とESGの観点からエネルギーセクターにおける投資に消極的
6.CO2排出抑制のための司法圧力が増している

つまり、需要は増加するも、供給は引き続き抑制されるとの見方から原油価格に上昇圧力がかかる。
よって、供給を増やせる余地のあるOPECプラスが価格相場を握る展開になるとの見方。

また、ゴールドマンサックスのストラテジストも

「短期でいうとOilは「買い」だと確信している。原油価格は今年の第三四半期に80ドル/bbl或いはそれ以上に達するとみている。
原油需要のけん引役が、米国から欧州や需要改善の見られる途上国に移り、世界の原油需要は数週間前の95百万バレル/日から97百万バレル/日に上昇している」

とコメント。

ちなみに、原油在庫は以下の通り、昨年のピーク以来減少傾向が継続中。

原油在庫_20220622
出典:EIA

<著者コメント>

①原油の「供給サイド」の見方

上記の見方で注意が必要なのが原油の「供給サイド」の見方。

というのも世界の原油生産量の約半分を占めるOPECプラスは、
コロナ後に協調減産を実施中で未だに増産余地は十分にあるからです。

<OPECプラス協調減産幅推移>

2020年
5月~7月:日量970万バレル程度
8月~12月:日量770万バレル程度

2021年
1月:日量720万バレル程度
2月:日量712.5万バレル程度+サウジ単独で日量100万バレル追加減産
3月:日量705万バレル程度+サウジ単独で日量100万バレル追加減産
4月:日量690万バレル程度+サウジ単独で日量100万バレル追加減産
5月:日量655万バレル程度+サウジ単独で日量75万バレル追加減産
6月:日量620万バレル程度+サウジ単独で日量40万バレル追加減産
7月:日量576万バレル程度


7月時点でも日量576万バレル程度の減産を行う予定で、多少の需要の増加であれば減産緩和で飲み込んでしまえる範囲です。


②リモートワークが逆にドライブ需要を増やす

これは面白い見方!

普通に考えれば、リモートワークが主流になると通勤が不要になり、
車通勤が一般的な米国においてはガソリン需要は減りそうなもの。

一方で、米国人の仕事のスタイルとして、

朝出勤
仕事前に職場近くのジムでトレーニング
昼には徒歩でランチや薬局に行き
帰り道にスーパーによって買い物をし
帰宅

といったような行動様式があるとのこと。

都市圏では必要なものは基本的に徒歩圏内にあるのが諸々の移動を効率かさせています。

これが郊外の自宅でリモートワークしていたらどうでしょうか?

ジムに行くにも、薬局に行くにも、スーパーに行くにも全て車で移動することになるでしょう。

これをちょくちょく往復していると、意外にも出勤時よりも長い道のりをドライブしていることになるという例もあるようです。

また、ずっと自宅でリモートワークをするのも退屈なので、例えば車で自然あふれるところに行って、
自動車の中で仕事をして、合間に外でリフレッシュみたいな仕事スタイルも普及しているようです。

つまり、リモートワークによって逆にドライブ需要が増える可能性も十分にあるとのこと。



この点は未だ数字の根拠のある話ではなさそうですが、いずれにてしても
ロックダウンで抑制されていた需要は爆発するでしょうから、世界でワクチンが普及するにつれて原油需要は間違いなく今後も増加するでしょう。

これがOPECプラスの減産幅の範囲内に収まらなければ、原油価格は100ドル/bblに達する可能性は十分にあると思います。


応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。


[ 2021/06/22 11:33 ] 15.経済の勉強部屋 | TB(-) | CM(0)

バイオ医薬品と業界分析②

イメージ_20210614


今後有望な投資テーマとして上がるのが「バイオ医薬品」の分野です。

とは言っても、バイオ医薬品って普通の医薬品とどう違うの?と思う方も多いはず。

今回は、前回に続きそんなバイオ医薬品とその業界について調べていきたいと思います。

前回記事↓
バイオ医薬品と業界分析①

今回はバイオ企業のプレイヤーの紹介です。

今となっては大手製薬会社はどこもバイオ医薬品部門を持っておりますが、今回は成り立ちからバイオ医薬品に特化した企業を紹介していきます。

ここでは、Nasdaq Biotechnology Indexの時価総額上位7社についてみていきます。

①アムジェン

・企業概要(マネックス証券から引用)

アムジェンは、バイオ医薬品の草分け的な企業。腎臓病治療薬やがん支持療法薬を専門的に開発してきた歴史を持つ。主要医薬品には、貧血治療薬エポジェン、アラネスプ、好中球減少症治療薬ニューポジェン、ニューラスタ、自己免疫疾患治療薬エンブレル、オテズラがある。
2006年に初のがん治療薬、抗EGFR抗体薬ベクティビックスを導入し、骨粗しょう症治療薬としてプロリアおよびエクスジーバ(2010年承認)、イベニティ(2019年承認)を販売している。オニキス・ファーマシューティカルズの買収によって、ネクサバールやカイプロリスといった腫瘍治療薬ポートフォリオが強化された。コレステロール低下薬レパーサ、片頭痛治療薬erenumabが最近上市された。独自のバイオシミラーポートフォリオには、主要製品であるMvasi(アバスチンのバイオシミラー)、Kanjinti(ハーセプチンのバイオシミラー)、およびAmgevita(ヒュミラのバイオシミラー)が含まれる。

・業績(マネックス証券から引用) 

kabuka_amgn_20210621.png
売上_amgn_20210621
cf_amgn_20210621.png


②ギリアド

・企業概要(マネックス証券から引用)

ギリアド・サイエンシズは、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)、B型肝炎ウイルス(HBV)およびC型肝炎ウイルス(HCV)を中心に、有効な治療法が確立されていない感染症治療のための新薬を開発し製品化を行う。2006年にCorus PharmaとMyogenを買収、その後CV Therapeutics、Arresto Biosciences、2011年にはCalistoga Pharmaceuticalsを買収し、肺疾患や心臓血管疾患、がん治療分野にも進出。2012年のPharmassetの買収により、C型肝炎治療薬ハーボニーの併用剤の一部でもあるソバルディを取得。Kite Pharmaの買収、および継続中のForty-Sevenの買収で、細胞療法および非細胞療法のがん治療薬のエクスポージャーが広がることになる。

・業績(マネックス証券から引用)

kabuka_gild]_20210621
売上_gild]_20210621
cf_gild_20210621.png


③モデルナ

・企業概要(マネックス証券から引用)

モデルナは、2010年設立、2018年12月上場のバイオテクノロジー企業である。同社のメッセンジャーRNA(mRNA)技術は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンの開発で、その有効性が即座に実証され、2020年12月に米国で承認された。2021年初め時点で、24のmRNA開発プログラムを有し、このうち13プログラムの臨床試験が進められている。プログラムは、感染症、がん、循環器疾患、稀少な遺伝子疾患など、広範な療法分野を対象としている。

・業績(マネックス証券から引用)

kabuka_mrna_20210621.png
売上_mrna_20210621
cf_mrna_20210621.png


④イルミナ

・企業概要(マネックス証券から引用)

イルミナは、生命科学および臨床検査での遺伝物質を分析するためのツールやサービスを提供する。シーケンシングツールと専用消耗品(2020年売上高の約76%)から収益を得ている。ハイスループット技術は、ヒトおよび他の大型生物における全ゲノムシーケンスを可能にする。そのより低いスループットのツールは、ウイルスおよび癌腫瘍スクリーニングのようなより小さなデータ出力を必要とする適用を可能にする。マイクロアレイ(売上高の9%)も販売しており、消費者および農業用途を中心に低コストで集中的な遺伝子スクリーニングを可能にしている。サービスは売上高の16%を占め、基本的なメンテナンスサービス、臨床検査(非侵襲性出生前、腫瘍学、希少疾患スクリーニングなど)、全ゲノムシーケンスを含む。

・業績(マネックス証券から引用)

kabuka_ilmn_20210621.png
売上_ilmn_20210621
cf_ilmn_20210621.png


⑤バーテックス

・企業概要(マネックス証券から引用)

バーテックス・ファーマシューティカルズは、重篤な疾患を治療するための小分子医薬の発見と開発に取り組む世界的バイオテクノロジー会社である。主力医薬品には、同社の治療法が世界のスタンダードとされている囊胞性線維症領域を対象とするKalydeco、Orkambi、Symdeko、Trikaftaがある。囊胞性線維症に加え、パイプラインには、βサラセミアや鎌状赤血球症の遺伝子治療薬CTX001や、α1アンチトリプシン欠損症やAPOL1を介した腎疾患を標的とする小分子医薬などがある。また、炎症性疾患や疼痛に対する非オピオイド療法、1型糖尿病や希少疾患に対する遺伝子・細胞療法に焦点を当てた研究パイプラインを拡大している。

・業績(マネックス証券から引用)

kabuka_vrtx2_20210621.png
売上_vrtx_20210621
cf_vrtx_20210621.png


⑥リジェネロン

・企業概要(マネックス証券から引用)

リジェネロン・ファーマシューティカルズは、眼病、心臓疾患、がん、炎症性疾患の治療に用いられる医薬品の創薬、開発、製造、販売を手掛ける製薬会社である。滲出型加齢黄斑変性その他眼病治療薬として承認されているアイリーア、コレステロール低下薬プラルエント、アトピー性皮膚炎、喘息、ポリポーシス治療薬デュピクセント、、皮膚扁平上皮がん治療薬Libtayo、関節リウマチ治療薬ケブザラなど、市販されているいくつかの医薬品を有する。また、サノフィと共同でがん免疫領域のモノクローム抗体を開発するほか、二重特異性抗体や抗体カクテルを他の共同研究者と、あるいは単独で開発している。

・業績(マネックス証券から引用)

kabuka_rigen_20210621.png
売上_rigen_20210621
cf_rigen_20210621.png


⑦バイオジェン

・企業概要(マネックス証券から引用)

バイオジェンは、バイオジェンとアイデックが合併し2003年に設立された。バイオジェンの多発性硬化症治療薬アボネックスとアイデックの悪性リンパ腫治療薬リツキサンが主力製品であった。現在、リツキサンおよび次世代抗体医薬品ガジバをロシュとの提携で販売している。多発性硬化症治療薬のプレグリディ、タイサブリ、テクフィデラおよびVumerityは、主に自社で販売を手掛けるが、日本では、エーザイと共同で販売を促進している。血友病治療薬エロクテートとアルプロリクスは、2017年にバイオベラティブの一部としてスピンオフされた。フェーズIII試験段階にある開発パイプラインが神経疾患と神経変性疾患分野で複数ある。脊髄性筋萎縮症治療薬ヌシネルセンをアイオニス・ファーマシューティカルズと共同販売。先日アルツハイマー病への治療薬がFDAから承認を得られ話題に。

・業績(マネックス証券から引用)

kabuka_biib_20210621.png
売上_biib_20210621
cf_biib_20210621.png


応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。




[ 2021/06/21 08:00 ] 8.企業研究 | TB(-) | CM(0)

1分で分かるFOMC超概略~5つのポイント~(2021/6/17)

FRB パウエル


<2021年6月17日FOMC 5つのポイント>

1.金利及び資産購入方針は現状維持。

2.ワクチン普及により経済は力強く回復中で今年のGDP成長率は7%に引き上げ。雇用も改善しており、今年末には失業率4.5%、2023年末には3.5%にまで下がると予測(長期目標は4.0%)。

3.インフレ率は供給がボトルネックになっており想定以上に高い。長期平均2%のインフレ目標を越えそうなシグナルがあれば方針変更の可能性あり。

4.資産購入のテーパリングについては議論を開始することについての議論を行った。経済状況の改善がさらに進捗すれば、将来のFOMCでテーパリングについての検討を開始する可能性はある。

5.FRBメンバー及び連銀総裁の経済予測平均値は以下

経済予測_20210617
どっとチャート_20210617
出典:FRB
https://www.federalreserve.gov/monetarypolicy/files/fomcprojtabl20210616.pdf

<著者コメント>

・強すぎる米国経済と、安心安全のパウエル議長を再確認。

・注目のテーパリングに関しては、「議論を開始することについての議論を行った(talking about talking about)」との発言あり。ちょっとずつ小出しにしてマーケットをびっくりさせないようにさせる作戦は見事に的中(S&P500は終値-0.54%にとどまる)。

・今回のFRBのやり方を見ても、前回(リーマンショック後のテーパリング)の反省から、しっかりと入念に市場とコミュニケーションをとっていく方針も確認でき、テーパリングに関してあまりひやひやする必要ないのでは?と思わせた。

・経済予測を見ると2022年及び2023年の利上げの支持者が増えていることも注目。インフレがFRBの想定以上という発言もあり、この調子で強いインフレ率が出続ければ、テーパリングをこなした後は利上げについての議論も開始される可能性あり。

<FRBバランスシート推移>

BS_20210617.png
出典:FRB

※単位は百万ドル(7M百万ドルは100円/ドル換算で700兆円)

以上

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。


[ 2021/06/17 11:34 ] 19.FRB | TB(-) | CM(0)

やることがないというのはとてもつらいことだ

FIREをすると、時間的な余裕が生まれるので、つい生きる意味や幸せとは何か?ということを深く考えてしまう。

これらは、過去の多くの偉人たちが挑んできた問いであり、多くの書物が残されている。

ただ彼らの考えは主観的な意見であり、これらの問いに対してはどこまで行っても普遍的で明確な答えというものはない。

であれば、これらについて考えること自体が時間の無駄で、答えが見つからないという苦しみを味わうだけだ。

それでも、時間的な余裕があるとついつい思いをはせてしまうものだ。

そういう意味では、サラリーマンというのも捨てたものではない。

サラリーマン時代は、日中はそれが生産的か否かは別としても、常にやることに追われていて他のことを考える時間的な余裕はない。

これは考える時間を奪われているように見えて、無駄なことを考えなくても済むように時間を埋めてくれているととらえることもできる。

定年退職した人が鬱になったりというのはよく聞くことだが、何もやることがないというのはとてもつらいことだ。

そしてついつい答えのない問いについて考えたり、自分の生きる意味を疑ってしまったりするわけだ。

FIREして残りの人生は遊んで暮らしたいと思う人も多いと思うが、組織に属して強制的にやらなければいけないことがあるという状態がいかにありがたいかというのはその時になってわかるものだ。

幸い自分には家族もいるし、ブログ執筆や、個人資産の運用、ファンドの運営、学校設立準備など毎日忙しいわけではないがやることはある。

FIRE生活には、こういっためんどくさいけどやらなければいけないことも生活の中に一部取り込んでおくことも重要だと思う。

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。





[ 2021/06/15 16:41 ] 16. FIRE(セミリタイア) | TB(-) | CM(0)

バイオ医薬品と業界分析①

イメージ_20210614


今後有望な投資テーマとして上がるのが「バイオ医薬品」の分野です。

とは言っても、バイオ医薬品って普通の医薬品とどう違うの?と思う方も多いはず。

今日はそんなバイオ医薬品とその業界について調べていきたいと思います。

1.バイオ医薬品とは何か?

バイオ医薬品とは、その名の通りバイオテクノロジーを活用した医薬品です。

ここでいうバイオテクノロジーとは主に、①遺伝子組み換え技術と②細胞培養技術を指しています。

①遺伝子組み換え技術とは?

遺伝子組換え技術は、ある生物から目的とする遺伝子(DNA)を取り出し、別のターゲット生物に導入することで、その生物に新しい性質を付与する技術です。

この技術を使えば、人工的に意図した遺伝子構造を作り出すことができます。


②細胞培養技術とは?

これは、細胞を生物個体から離れた人工的な環境の下で生育させる技術です。


2.バイオ医薬品はどのように製造される?

簡単な製造工程は以下の通り。

製造工程_20210714
出典:JCRファーマ

つまり、

人工的に設計した遺伝子を細胞内に投入し、
細胞の本来の機能を用いて複雑なたんぱく質を作り出し、
それを増殖させて生産していく

というものです。

製造に用いられる細胞には以下の種類があります。

大腸菌 
酵母
昆虫細胞
植物細胞
動物細胞
ヒト細胞

3.バイオ医薬品と普通の医薬品は何が違うの?

従来の医薬品は単純な化学合成で作られます。

よってバイオ医薬品と比べると分子量が圧倒的に少ないです。

双方の違いは以下の通り。
普通の医薬品との違い_20210614
普通の医薬品との違い②_20210614
出典:厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/content/10800000/000655558.pdf


4.バイオ医薬品にはどのようなメリットがあるのか?

分子量が非常に多く複雑なたんぱく質であるバイオ医薬品は従来の医薬品よりも病気に対する攻撃力が高いため、
がんや自己免疫疾患等、難治性疾患など、従来の医薬品による治療が難しかった病気への治療効果が期待できるというメリットがあります。

また遺伝子組み換えにより、人工的に設計した遺伝子構造を持つ医薬品の為、しっかりと標的を絞った医薬品開発ができるため、副作用が少ないという利点もあります。

(続く)

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。




[ 2021/06/14 16:41 ] 8.企業研究 | TB(-) | CM(0)

2030年までに1億人が職を変える必要がある~マッキンゼーが考えるコロナ後の働き方~

イメージ_20210611


2021年2月にマッキンゼーが「The future of work after COVID‑19」というレポートを発表!
152ページの大作ですが、本日はそれの超要約をしていきたいと思います。

出典:https://www.mckinsey.com/featured-insights/future-of-work/the-future-of-work-after-covid-19

1.調査概要

・COVID-19が働き方に与える長期的な影響を調査。
・調査対象国は8か国。中国、フランス、ドイツ、インド、日本、スペイン、英国、米国。
・職業を以下の軸で分類し、それぞれに与える影響を調査。
①密集度
②人同士の交流・接触頻度
③仕事場所

2.結果

以下3つのトレンドが加速
①リモートワーク
・先進国では20~25%、途上国では10%の労働者が週3~5日のリモートワークが可能。これはコロナ前の4~5倍
・これにより、通勤、都市のレストラン、小売り需要が減退

②eコマース&デリバリー
・これにより、実店舗における低賃金職業(店員など)が急減
・一方、配送センターやラストワンマイルデリバリーの職業が増加

③自動化とAI化
・コロナ禍で企業は非接触化を推進すべく自動化とAIを導入。この流れは今後も加速
・工場ではロボットが増え、実店舗でも自動券売機やサービスロボットがますます増える

影響が最も顕著な職業
①レジャー、旅行、ホテル、レストラン(対象8か国で0.6億人の労働者)
②小売りなどの現場スタッフ(同1.5億人)
③オフィスワーカー(同3億人)
④工場労働者(同3.5億人)

2030年までに対象8か国だけで1億人が職業を変える必要あり。(コロナ前対比12%増)
・低賃金労働は減少し、逆にヘルスケアやSTEMなどの高賃金職業は増え続ける。

STOP

<著者コメント>

・加速する三つのトレンドは多くの人が実感していること。

・重要なのは、この未来をしっかりと受け入れ、どれだけ早く行動できるか。

・一ついえることは、世の中はいい方向に向かっているということ。

・デジタル化が進めば、生産性が向上し、エネルギー消費も抑えられ、環境にとってもよい。

・一方で、人々の自由な時間が増えるので余暇を楽しむためのエンタメ消費が増えそう。

・人々はどんどん労働から開放されていく。

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。


[ 2021/06/11 10:32 ] 15.経済の勉強部屋 | TB(-) | CM(0)

中古市場ではなぜ高品質のものが出回らないのか?

逆選択イメージ


中古車、中古住宅、メルカリなどでの中古品販売市場においては、

高品質のものが出回りにくいというのが経済学的に指摘されています。

これは販売者と購入者の間の情報の非対称性から生じる「逆選択問題」(レモン問題ともいわれます)に起因します。

逆選択問題とは、ノーベル賞受賞者であるJ.アカロフが指摘した問題で、この問題点を中古車の例を使って説明しました。

中古車というのは販売者と購入者の間で情報の非対称性が生じる典型的な市場です。

販売者としては、販売しようとしている中古車のどの当たりが調子が良いのか悪いのか、事故歴があるのかないのか、よくわかっています。

よって、販売者は販売しようとしている中古車の品質の高さに応じて販売価格を決めます。

一方、購入者側には、その中古車に対する基本的な情報が販売者に比べて圧倒的に不足しています。

よって、購入者は平均的にはどの程度の品質の中古車が手に入るのかと考えて、その平均的な品質に応じて購入価格を決めます。

この点を具体的な数値で確認してみましょう。

例を簡易化するために、中古車の品質には高品質と低品質の二種類しかないものとします。

販売者は、販売しようとしている中古車が

・高品質であれば最低でも160万円
・低品質であれば最低でも80万円

で売りたいと思っているとしましょう。

逆に購入者は、購入しようとしている中古車が

・高品質であれば最大200万円
・低品質であれば最大100万円

支払ってもいいと思っているとしましょう。

仮に情報の非対称性が存在しなかったら、

・高品質の中古車は160万円~200万円のどこか
・低品質の中古車は80万円~100万円のどこか

で取引が成立することになります。

但し情報の非対称性がある場合、ほんとは高品質の中古車でも、購入者側にはわからないので、200万円まで払う気になりません。

ここで購入者が考えることは、平均をとって、市場に出回っている中古車のうち

・50%が高品質で
・残りの50%が低品質

だと考えるでしょう。

そのため、購入者としては

200万円×50%+100万円×50% = 150万円

が最大支払ってもいいと考える価格ということになります。

すると、高品質の中古車の販売者にとって150万円は最低売却価格160万円を下回っているので、中古車を販売しないという選択をします。

一方、低品質の中古車の販売者にとって150万円は最低売却価格80万円を上回っているので、販売することを選択します。

つまり、上記の例では高品質の中古車は市場に供給されず、低品質の中古車のみが市場に供給されることとなります。

これが「逆選択」と呼ばれる現象です。

この状況は当然購入者の予想にも影響を与えます。

購入者も低品質の中古車のみが市場に出回ると予想できますから、購入者は50%ではなく100%が低品質車だと考えます。

その結果、購入者が支払ってもいいと考える最大価格は100万円となります。

このように最終的には、低品質の中古車だけが取引され、取引価格は100万円と80万円の間に決まることになります。

こうして、情報の非対称性によって高品質車の取引が成立せず、結果的に中古市場ではなぜ高品質のものが出回らないということになるのです。

以下の記事で、住宅購入における人々の「新築信仰」の理由について記載しましたが、経済学的にもこれは合理的な選択に基づくものだと言えます。

日本の空き家はなぜ増え続けるのか?

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。


[ 2021/06/09 10:56 ] 15.経済の勉強部屋 | TB(-) | CM(0)

日本の空き家はなぜ増え続けるのか?


日本の空き家はなぜ増え続けるのでしょうか?

総務省の平成 30 年住宅・土地統計調査によると、
総住宅数,総世帯数及び1世帯当たり住宅数の推移は以下の通り。

住宅数推移_20210608
出典:総務省

1世帯当たり住宅数は1.16戸で住宅が過剰供給状態であることがわかります。

次に空き家数及び空き家率の推移は以下の通り。

空き屋推移_20210608
出典:総務省

空き家率は伸び続けていることがわかります。

では、なぜ空き家は増え続けているのでしょうか?

以下は建築の時期,住宅の購入・新築・建て替え等別持ち家数です。

新築信仰_20210608
出典:総務省

これを見ると、持ち家の取得に占める新築の割合は増え続け2018年には73.1%に。

つまり、空き家が増え続けている理由は、既に十分な住宅があるにも関わらず、人々が新築を求めるからと言えます。

では、なぜ人々は新築を好むのでしょうか?

以下三つの理由があります。

①ライフステージの変化に対応した物件供給ができていない賃貸市場

これは賃貸住宅の貸手の「取引費用」が原因。

日本では借家人への強い保護が存在し、家賃を滞納されても、貸し手がすぐに退去させることが難しいという現状がある。

そのような滞納リスクを鑑みて、貸し手は住宅の質を上げようとはせず、規模が小さい物件を供給することを選びがちだ。

結果として、ファミリータイプなど一定以上の広さで質の高い住宅は、賃貸住宅として供給されにくくなった。

②中古住宅売買市場における買い手にとっての取引費用の高さ

中古住宅の流通には、買い手側にとって住宅に深刻な欠陥がないと判断できるような情報が提供されることが重要である。

一方で、売り手は高く売りたいので物件のいいとこばかりをアピールして、汚いところは隠したがる傾向にある。

よって価格に見合わないものが市場に混じっていて、しかもその質を判断するために高い「取引費用」がかかるとすれば、買い手は購入を控えるようになる。

結果的に、良質な住宅でも妥当な価格で販売することが難しくなり、中古住宅市場が成り立ちにくくなるということである。

③税制面での新築購入への後押し

基本的に政府は持ち家を推奨すべく住宅ローンには国の保証がついて金利は安く、住宅ローン減税も存在する。

一方で、新築と中古では新築が税制面で優遇されていることが以下を見てもわかる。

● 固定資産税(固定資産評価額×1.4%)の軽減
新築:戸建ては3年、マンションは5年、建物分の固定資産税が半額
中古:軽減措置はなし

● 登録免許税の軽減 
新築:建物分の固定資産評価額×0.15%
中古:建物分の固定資産評価額×0.3%

● 不動産取得税の軽減
新築:建物分の課税標準額(固定資産評価額)から1200万円が控除
中古:築年数によって控除額が減額される

STOP

これが人々が新築を求める原因であり、故に空き家率は構造的に増えていくことになる。

空き屋を軽減するには、上記①~③を解消するような施策が必要。

①、③に関しては行政で対応できる可能性あり、
②に関してはテクノロジーにより中古住宅市場の透明性向上が図られる可能性はある。

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。


[ 2021/06/08 15:56 ] 15.経済の勉強部屋 | TB(-) | CM(0)

【フィリップモリス】 たばこ界の最強企業の理論株価は?(2020年12月期)

logo-PM-2017.png


<りろんかぶおコメント>

りろんかぶおの競争優位性評価(5段階評価)⇒★★★★

・フィリップモリス(PM)は言わずと知れたたばこの世界最大手。
ジェレミーシーゲル著「株式投資の未来」で、S&P500構成銘柄の中で過去半世紀において最も高いリターンを達成した銘柄としても紹介されてます。

・PMは元々米国含む全世界を対象にたばこ事業を展開しておりましたが、2003年にアルトリアグループに社名変更し、その後2008年にタバコ事業国際部門としてスピンオフされたものが現在のPMとなっております。(なので米国以外の全世界が事業の対象)

・PMの代表的なブランドはタバコを吸わない人でも一度は聞いたことあるマルボロ。
世界各国で事業を展開しそのどのエリアでもだいたいはマーケットシェアNo1かNo 2を占める、たばこ界の最強企業。

・そして最近iQOSと呼ばれる非燃焼・加熱式たばこを新たに売り出し、人気を集めてます。
従来のたばこはタバコを燃焼させるため煙が出ますが、iQOSは燃やさず加熱することでニコチンを含むエアロゾルを生じさせてそれを吸引するというもの。たばこ企業は独自の研究で、加熱式は燃焼式よりも健康への害が少ないということを発表しており、近年売上を伸ばしてます。

・下表の営業キャッシュフローを見るとわかる通り、強力なブランド力で顧客を完全に囲い込み、ほとんど投資キャッシュフローを必要としないためフリーキャッシュフローの大きさと安定性がえげつない!
但し、やはり健康を害する商品であることは間違いなく、業界的には縮小しゆく分野、かつ規制や訴訟、かつ増税の対象になりやすい業界でもあります。

・りろんかぶおは大のたばこ嫌いの為、きっと買わないだろうなと思っていた企業ですが、現在のPMのビジョンは「すべての従来型たばこを将来的に加熱式たばこに置き換え、健康への害を減らし煙のない未来を創ること」だそうです!
まあ、現在の稼ぎ頭の従来たばこを悪者にしている感あり、究極のジレンマですが。。

・一方、日本呼吸器学会などの独立した機関からは、「加熱式たばこが燃焼式よりも健康リスクが低いとは言えない」「加熱式において、煙は出ないのではなく見えにくいだけであり受動喫煙リスクは軽減されない」といったことを言っており、健康への害が少ないかどうかは更なる研究が必要みたいです。

<理論株価>
87.53ドル(2020年12月31日時点)
※1 直近3年間のフリーキャッシュフローの平均が今後半永久的に続くと仮定し、Discounted Cash Flow(DCF)法で計算。
※2 DCF法の概要はこちらご参照。

NYダウ銘柄理論株価一覧はこちらご参照ください!

<セグメント毎ビジネスモデル>

・基本的には、全世界(米国以外)でたばこを販売することで収益をあげるというとてもシンプルなビジネスモデル!

・代表的なブランドは、Marlboro、L&M、Chesterfield、Philip Morris、iQOS等。

・Marlboroは世界で最も買われているたばこでフィリップモリスの数あるブランドの中でも販売個数でいうと全体の30%超を占めます!

・米国と中国を除いた全世界のマーケットシェアは30%弱で世界No 1。

<決算情報>

・売上は76,047百万ドルと前年対比2.4%減少、コロナの影響でDuty Freeなどを中心に販売量が低下したことを、加熱式タバコの売上増と値上げが一部相殺。

・純利益は8,056百万ドルで前年対比12.1%増。前年に一時的な減損や税が発生していたことに加え、製造効率の向上でコスト削減が進んだことが主因。

・13年連続増配銘柄。

<財務情報>
kabuka_PM_2021.png
rev_PM_2021.png
pat_PM_2021.png
cf_PM_2021.png
roe_PM_2021.png
eps_PM_2021.png
seg_PM_2021.png
area_PM_2021.png
div_PM_2021.png
seiko_PM_2021.png


応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

[ 2021/06/04 09:00 ] 7.理論株価&財務分析 | TB(-) | CM(0)

ズームの1Q決算にみるズームの競争優位性の考察

ime-ji_20210602.png


6月1日にズームビデオが2021年2月~4月の決算発表を行いました。
結果は、相変わらずずば抜けてよい決算となりました。

<ZM 2021年2月~4月期決算概要>

予想実績前年同期比
売上高906.03M956.237M191%
調整後EPS0.991.32560%
次Q予想売上高
通期予想売上高
931.74M
3.8B
985M~990M
3.975B~3.990B
-
次Q予想EPS
通期予想EPS
0.94
3.76
1.14~1.15
4.56~4.61
-


・売上高、EPS、ガイダンスともに予想を上回る。

・売上高推移。次四半期以降は前年対比が厳しくなる。
売上推移_20210602
出典:ズーム決算資料

・顧客ベースの前年同期対比。売上は6倍以上になっているのに顧客ベースは約2倍程度。
これは売上計上のタイミングの問題。2020年4月末時点ではコロナ特需で顧客ベースは大幅上昇していたが売上は未計上であったため。
顧客推移_20210602
出典:ズーム決算資料

・各項目マージン。売上に対する費用の比率が下がり、営業マージンが上昇。SaaS銘柄らしい良い傾向。
経費比率_20210602
出典:ズーム決算資料


<コメント>

・ズームはビデオ会議の代名詞となり、ビデオ会議導入を検討する人ならまず検討するのがズームになるだろう。

・何の登録もなしにリンクにクリックさえすれば誰でもビデオ会議ができるという便利さがズームの強み。

・一方、ライバルのマイクロソフトやグーグルも、ズームと同じように自社アカウント保有者以外もビデオ会議を使えるようにオープン化したため、ズームのライバルに対する競争優位性は減少している。

・また、ビデオ会議はビジネスのコミュニケーションツールと一つであり、マイクロソフトやグーグルがメール等のツールを持つ一方でズームはビデオだけしか持っていないというのも弱点。
(こういうことから社内でずっとマイクロソフトを使ってきた会社は、社内のビデオ会議はTeams、社外用にはズームと使い分けており、二重に契約しているところが多い)

・マイクロソフトのTeamsがオープン化したため、「社外用にもTeamsでよさそうだから、ズームは解約するか」という会社も出てくる可能性はあり。

・ズームは今後、コミュニケーションツールの拡充とビデオ会議のユーザーインターフェースの継続的な改善が求められるだろう。

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。


[ 2021/06/02 12:04 ] 8.企業研究 | TB(-) | CM(0)

【セールスフォース】 顧客管理システムの雄の企業分析・決算(2021年1月期)

rogo_CRM_2019.png


<りろんかぶおコメント>

りろんかぶおの競争優位性評価(5段階評価)⇒★★★★

1. 企業概要

・セールスフォースは1999年に設立された、クラウドベースの顧客管理システム、営業支援システム、マーケティングオートメーションを提供する企業。

2. 業界展望

・クラウドベースの業務効率化システム業界は、今後も年率15%で拡大していくことが予想されており有望。

market_CRM_2019.png

3. 個別企業競争力

・このように、業界としては需要が拡大していくことが予想される中、セールスフォースの競争優位性とは何か?

・セールスフォースは業界の先駆者として、現時点では競合他社と比較して良質なシステムになっているかもしれませんが、基本的にはサービス内容は模倣可能です。よって、長期的に見るとシステムの”質”は差別化要因になりません。

・但し、セールスフォースには大きな競争優位性があると考えており、それは先行者利益です。セールスフォースのビジネスが先行者利益が大きいと考える主な理由は以下です。

1.顧客管理システムというのは業務プロセスの基盤となるのものなので頻繁に他社サービスに乗り換えるものではない。
2.いったん使い方に慣れてしまうと他社への乗り換えには抵抗感がある。
3.大量の重要データを格納するので、他社に乗り換えた際にその一部でも失われるリスクがあると思うとなかなか乗り換えられない。

・つまり、セールスフォースのビジネスは乗り換えコストが非常に高いため、いったん顧客を囲い込んでしまえば安定的に収益を上げることができます。

・更に、下図の通りセールスフォースは業界の圧倒的No 1であり、システム導入を考えている顧客はまずセールスフォースのシステム導入を検討するはずです。

share_CRM_2019.png

・基本的には法人の使うサービスは価格の安さよりも、評判が重視されるので、他の企業がセールスフォースを使っていて便利だと言っていれば、その時点でセールスフォースは他社と比較して圧倒的優位に立っているわけです。

・そういう意味では、セールスフォースは既存顧客からも安定的な収益が望め、新規顧客獲得も他社と比較して優位に立っているため、競争優位性が高いと考えることが言えるでしょう。

<理論株価>

現在成長途上の企業のゆえに将来の成長率の予測が困難で計算不可。

※1 DCF法の概要はこちらご参照。

NYダウ銘柄理論株価一覧はこちらご参照ください!

<セグメント毎ビジネスモデル>

1. Sales Cloud

CRM(Customer Relationship Management)システムを使った営業支援。顧客とのやり取りや、販売データ等、あらゆる顧客データを一元管理することで業務効率化を行い、それらのデータを基にしたAIの分析を活用して生産性を向上させるシステムを提供。年間契約の毎月払い。

2. Service Cloud

コールセンターやチャットサポートなどのカスタマーサポート用のシステム。商品を購入した顧客が抱える問題を、AIチャットボットなどを活用しつつ、迅速かつ効率的に解決していくシステムを提供。年間契約の毎月払い。

3. Marketing and Commerce Cloud

顧客データなどをAIが分析し、emailやウェブ、モバイルなどを通じて、各顧客に個別で最適なマーケティング方法を提案。またEコマースのプラットフォームも提供。

4. Salesforce Platform and Other

・Customer 360 Platform:企業のデジタルトランスフォーメーションを加速
・Integration:クラウドでもオンプレミスでも、顧客のシステムやアプリケーション、データ、デバイスをつなげる
・Analytics:ビジネスデータをAIが分析
・Productivity:書類やスプレッドシートなどとCRMデータを結合

<決算情報>

・売上は21,252百万ドルと前年対比24.3%増加、全部門で増収を達成も、特にコロナの影響で世の中のデジタルトランスフォーメーションが加速したことでSalesforce Platform and Otherの伸びが顕著。また、2019年8月に買収したTableauが前期期間で寄与したことも主因。

・純利益は4,072百万ドルで前年対比30倍に、売上増に伴う営業利益の増加、保有している上場株の値上がり益(2,170百万ドル)、組織変更に伴う無形資産の海外子会社間の移転で税金の戻しがあったこと(ネットで1,511百万ドル)、が主因。

<財務情報>
kabuka_2021_CRM.png
rev_2021_CRM.png
pat_2021_CRM.png
cf2_2021_CRM.png
roe_2021_CRM.png
eps_2021_CRM.png
seg_2021_CRM.png
area_2021_CRM.png

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

[ 2021/06/01 11:41 ] 7.理論株価&財務分析 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【生年】:1987年
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:現在はセミリタイアし専業投資家。元総合商社勤務(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:資本を通じて社会に貢献すること


プロフィール詳細はこちら

PR
株式投資本の王道
















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら