バフェット部 FIRE達成の東大卒元商社マンの米国株情報サイト

M&Aを手掛けた東大卒元商社マン(証券アナリスト資格有、現在はFIREを達成し専業投資家)が主に米国株の理論株価を全力分析!

月別アーカイブ  [ 2021年03月 ] 

≪ 前月 |  2021年03月  | 翌月 ≫

【アメリカンエクスプレス】 バフェットが50年以上保有し続けるクレジットカード会社の理論株価は?(2020年12月期)

rogo-2016-AXP.png


<りろんかぶおコメント>

りろんかぶおの競争優位性評価(5段階評価)⇒★★☆☆☆

1. 企業概要

・アメリカンエクスプレス(アメックス)はVISAやMaster Cardと肩を並べるクレジットカード会社です。

・ちなみに各クレジットカード会社のマーケットシェア推移は以下の通り。
share-AXP-2018.png
出典:WalletHub https://wallethub.com/edu/cc/market-share-by-credit-card-network/25531/

2. 業界展望

・クレジットカード業界の展望は個人的には厳しいと思っております。
近年QRコード等のスマホ決済が急増し、キャッシュレス決済分野の競争が激化していることが理由です。

・クレジットカード各社も近年、Apple Pay等のスマホ経由の決済を採用し始めていますが、あらゆる機能がスマホに集約されていく中、現金をクレジットカードに置き換えたのと同じように今度はクレジットカードをスマホに置き換える時代が訪れようとしていると考えられます。

3. 個別企業競争力

・さて、このように競争が激化していく業界の中、アメックスの競争優位性はあるのでしょうか?
りろんかぶおとしては、アメックスの競争優位性は発揮しづらくなってきていると感じております。

・今までのアメックスの競争優位性は、アメックスカードを身に着けていることによって得られる優越感や特別感、社会的ステータス等といったカード利用者の一種の「体験」でした。

・富裕層をターゲットにするアメックスのあの洗練されたデザインのカードを持っているだけで、自身の社会的ステータスを周囲にアピールできることや、そういった質の高い人たちの仲間に入れたことに対する特別感が、アメックスの高い年会費を許容してきたのです。

・但し、アメックス利用者が特別な体験するために必要であった「クレジットカード」という物理的な実態が不要とされる時代が訪れようとしている中、アメックスも単なる決済手段となり高い年会費の対価は高品質のサービスのみになります。

・こうなるとアメックスの競争力の源泉であった「優越感や特別感、社会的ステータス等といった利用者の体験」が大きく損なわれ、キャッシュレス決済プレイヤーの一つとして厳しい競争にさらされると思うのです。

<理論株価>
79.58ドル (2020年12月末時点)
※1 直近3年間のフリーキャッシュフローの平均が今後半永久的に続くと仮定し、Discounted Cash Flow(DCF)法で計算。
※2 DCF法の概要は
こちらご参照。

NYダウ銘柄理論株価一覧は
こちらご参照ください!

<セグメント毎ビジネスモデル>

1. Global Consumer Service Group (GCS)
個人向けクレジットカードサービスの提供

2. Global Commercial Service (GCS)
法人向け決済、コスト管理、コンサル、ファイナンス、国際送金サービスの提供

3. Global Merchant & Network Service (GMNS)
加盟店に対するカード取引、加盟店開拓、不正利用防止、マーケティング戦略、データ解析サービスの提供

<決算情報>

・売上は36,087百万ドルと前年対比▲17.1%減、コロナによる経済活動の収縮で、カード決済額激減による店舗手数料の大幅減、海外旅行の激減により両替手数料やクロスボーダー決済が激減したこと主因。一方で、カード会員の年会費収入等は15%増禍加。

・純利益は3,135百万ドルで前年対比▲53.6%減。上述の売上減に加え、クレジットカード利用者のローン残高に対する貸倒引当金を前年対比6倍の額(1,283百万ドル)を積んでいることが主因。

<財務情報>
kabuka_AXP_2020.png
rev_AXP_2020.png
pat_AXP_2020.png
cf_AXP_2020.png
roe_AXP_2020.png
eps_AXP_2020.png
seg_AXP_2020.png
area_AXP_2020.png
div_AXP_2020.png
seiko_AXP_2020.png


応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

[ 2021/03/30 11:02 ] 7.理論株価&財務分析 | TB(-) | CM(0)

米国株式市場からの中国企業締め出し本格化!法案の中身を簡単解説!

イメージ_20210329


最近、米国株式市場から中国企業が締め出されるのでは?という不安がマーケットに漂っています。

この不安の根拠となる法律が2020年12月18日にトランプ大統領の署名をもって成立したHolding Foreign Companies Accountable Act(HFCA法)。

今回は、いったいHFCA法とはどんな内容のものなのかについて簡単に解説します。

法律名:Holding Foreign Companies Accountable Act(HFCA法)

概要:

1.まず米国証券取引委員会(SEC)は、以下2つの条件を満たす会計監査人を起用している上場企業を特定。
①支店やオフィスを米国外に置いている
②上記の所在国の規制などで、米公開企業会計監視委員会(会計監査人を監督する委員会)が会計監査人に対して調査や監査が十分に行えない

2.SECは”1”で特定された企業に対し、所在国の政府機関に保有或いは支配されていないことを証明する文書を提出させる。

3.本法案の成立以降(2020年12月18日)、3年間上記”1”の特定から外れなかった場合、SECは当該企業株式の米国内取引を禁止する。

4.取引禁止後にもし、当該企業が米公開企業会計監視委員会の調査を受け入れたことを証明した場合、SECは取引禁止措置を解除する。

5.上述の取引禁止措置解除後、当該企業が再度上記”1”で特定された場合、SECはすぐさま当該企業株式の取引禁止措置を再開する。

6.上記”5”で取引禁止措置となった企業は、5年間は再上場できず、5年経過後に米公開企業会計監視委員会の調査を受け入れることを証明すれば取引禁止措置が解除される。

7.本法案成立後90日以内に、SECは企業の特定方法などのルールを制定する必要あり。

8.外国籍企業で、上記1の条件を満たす会計監査人を起用している企業は、SECに提出する財務報告書に以下の内容を記載する必要がある。
①会計監査人名
②企業の本店所在国の政府機関による株式保有比率
③会計監査人の本店所在国の政府機関による当該企業への支配権有無
④当該企業或いはその事業会社の取締役が中国共産党員の場合はその氏名
⑤当該企業の定款の中での中国共産党に関する記載有無

STOP

ちなみにアリババの会計監査人は米PWCの中国支店です。

更に、米公開企業会計監視委員会が同監査法人を調査・監査するためには中国当局の承認が必要で、現在は十分な調査が行われていない状況とのこと。

よって、アリババはHFCAの対象になるわけです。

仮に、中国当局が米公開企業会計監視委員会の調査を許可しなければ、3年後には米国市場で取引されているアリババのADS株は取引禁止になってしまうわけです。

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。




[ 2021/03/29 18:27 ] 8.企業研究 | TB(-) | CM(0)

バフェット歴代ポートフォリオ(2011年~2020年)

バークシャーハサウェイ_20200522


<バークシャーハサウェイ歴代ポートフォリオ(2011年~2020年)>
※出典:バフェットの手紙
※上場株式のみ

2011年
取得コスト
(百万ドル)
時価
(百万ドル)
%
Coca-Cola1,29913,99418.18%
IBM10,85611,75115.26%
Wells Fargo9,08611,02414.32%
American Express1,2877,1519.29%
Procter & Gamble4644,8296.27%
Kraft Foods2,5892,9533.84%
Munich Re2,9902,4643.20%
Wal-Mart Stores1,8932,3333.03%
ConocoPhillips2,0272,1212.75%
US Bancorp2,4012,1122.74%
Johnson & Johnson1,8802,0602.68%
Sanofi2,0551,9002.47%
Tesco plc1,7191,8272.37%
POSCO7681,3011.69%
Others6,8959,17111.91%
Total48,20976,991100.00%
2012年
取得コスト
(百万ドル)
時価
(百万ドル)
%
Wells Fargo10,90615,59217.79%
Coca-Cola1,29914,50016.54%
IBM11,68013,04814.88%
American Express1,2878,7159.94%
Wal-Mart Stores2,8373,7414.27%
Munich Re2,9903,5994.11%
Procter & Gamble3363,5634.06%
US Bancorp2,4012,4932.84%
Sanofi2,0732,4382.78%
Tesco plc2,3502,2682.59%
Moody’s2871,4301.63%
ConocoPhillips1,2191,3991.60%
POSCO7681,2951.48%
DIRECTV1,0571,1541.32%
Phillips 666601,0971.25%
Others7,64611,33012.92%
Total49,79687,662100.00%
2013年
取得コスト
(百万ドル)
時価
(百万ドル)
%
Wells Fargo11,87121,95018.68%
Coca-Cola1,29916,52414.06%
American Express1,28713,75611.71%
IBM11,68112,77810.87%
Wal-Mart Stores2,9764,4703.80%
Munich Re2,9904,4153.76%
Procter & Gamble3364,2723.64%
Exxon Mobil Corp3,7374,1623.54%
US Bancorp3,0023,8833.30%
Sanofi1,7472,3542.00%
Goldman Sachs7502,3151.97%
Moody’s2481,9361.65%
Tesco plc1,6991,6661.42%
Phillips 666601,5941.36%
DIRECTV1,0171,5361.31%
Others11,28119,89416.93%
Total56,581117,505100.00%
2014年
取得コスト
(百万ドル)
時価
(百万ドル)
%
Wells Fargo11,87126,50422.56%
Coca-Cola1,29916,88814.38%
American Express1,28714,10612.01%
IBM13,15712,34910.51%
Wal-Mart Stores3,7985,8154.95%
Procter & Gamble3364,6833.99%
US Bancorp3,0334,3553.71%
Munich Re2,9904,0233.42%
Goldman Sachs7502,5322.16%
Moody’s2482,3642.01%
DIRECTV1,4542,1341.82%
Sanofi1,7212,0321.73%
DaVita HealthCare Partners8431,4021.19%
Deere &1,2531,3651.16%
USG8361,2141.03%
Others10,18015,70413.37%
Total55,056117,470100.00%
2015年
取得コスト
(百万ドル)
時価
(百万ドル)
%
Wells Fargo12,73027,18024.19%
Coca-Cola1,29917,18415.30%
IBM13,79111,1529.93%
American Express1,28710,5459.39%
Procter & Gamble3364,6834.17%
Phillips 664,3574,5304.03%
US Bancorp3,2394,3463.87%
Wal-Mart Stores3,5933,8933.47%
Moody’s2482,4752.20%
Goldman Sachs6542,0531.83%
Sanofi1,7011,8961.69%
Deere &1,7731,6901.50%
AT&T1,2831,6031.43%
Charter Communications1,2021,3671.22%
DaVita HealthCare Partners8431,2911.15%
Others10,27616,45014.64%
Total58,612112,338100.00%
2016年
取得コスト
(百万ドル)
時価
(百万ドル)
%
Wells Fargo12,73027,55522.58%
Coca-Cola1,29916,58413.59%
IBM13,81513,48411.05%
American Express1,28711,2319.20%
Apple6,7477,0935.81%
Phillips 665,8416,4455.28%
US Bancorp3,2395,2334.29%
Goldman Sachs6542,7272.23%
Delta Airlines2,2992,7022.21%
Moody’s2482,3261.91%
Southwest Airlines1,7572,1531.76%
Charter Communications1,2101,9551.60%
United Continental1,4771,9401.59%
Sanofi1,6921,7911.47%
USG Corp8361,2531.03%
Others10,69717,56014.39%
Total65,828122,032100.00%
2017年
取得コスト
(百万ドル)
時価
(百万ドル)
%
Wells Fargo11,83729,27617.17%
Apple20,96128,21316.54%
Bank of America5,00720,66412.12%
Coca-Cola1,29918,35210.76%
American Express1,28715,0568.83%
Phillips 665,8417,5454.42%
US Bancorp3,3435,5653.26%
Moody’s2483,6422.14%
Southwest Airlines1,9973,1191.83%
Delta Airlines2,2192,9741.74%
Goldman Sachs6542,9021.70%
Bank of New York Mellon2,2302,8711.68%
Charter Communications1,2102,2811.34%
BYD Ltd2321,9611.15%
General Motors1,3431,8251.07%
Others14,96824,29414.25%
Total74,676170,540100.00%
2018年
取得コスト
(百万ドル)
時価
(百万ドル)
%
Apple36,04440,27123.31%
Bank of America11,65022,64213.11%
Wells Fargo10,63920,70611.99%
Coca-Cola1,29918,94010.96%
American Express1,28714,4528.37%
US Bancorp5,5486,6883.87%
JPMorgan Chase5,6054,9462.86%
Bank of New York Mellon3,8603,9772.30%
Moody’s2483,4552.00%
Delta Air Lines2,8603,2701.89%
Goldman Sachs2,3803,1381.82%
Southwest Airlines2,0052,2261.29%
Charter Communications1,2101,9351.12%
USG8361,8511.07%
United Continental1,1951,8371.06%
Others16,20122,42312.98%
Total102,867172,757100.00%
2019年
取得コスト
(百万ドル)
時価
(百万ドル)
%
Apple35,28773,66729.70%
Bank of America12,56033,38013.46%
Coca-Cola1,29922,1408.93%
American Express1,28718,8747.61%
Wells Fargo7,04018,5987.50%
US Bancorp5,7098,8643.57%
JPMorgan Chase6,5568,3723.38%
Moody’s2485,8572.36%
Delta Air Lines3,1254,1471.67%
Bank of New York Mellon3,6964,1011.65%
Goldman Sachs8902,8591.15%
Charter Communications9442,6321.06%
Southwest Airlines1,9402,5201.02%
United Continental1,1951,9330.78%
Visa3491,9240.78%
Others***28,21538,15915.39%
Total110,340248,027100.00%


2020年
取得コスト
(百万ドル)
時価
(百万ドル)
%
Apple31,089120,42442.83%
Bank of America14,63131,30611.13%
Coca-Cola1,29921,9367.80%
American Express1,28718,3316.52%
Verizon8,6918,6203.07%
Moody’s2487,1602.55%
U.S. Bancorp5,6386,9042.46%
BYD2325,8972.10%
Chevron4,0244,0961.46%
Charter Communications9043,4491.23%
Bank of New York Mellon2,9182,8371.01%
AbbVie2,3332,7360.97%
Merck2,3902,3470.83%
Itochu1,8622,3360.83%
General Motors1,6162,2060.78%
Others29,45840,58514.43%
Total108,620281,170100%


<円グラフ>

バークシャー上場株ポートフォリオ(2011年)
バークシャー上場株ポートフォリオ(2015年)
バークシャー上場株ポートフォリオ(2020年)


<一言コメント>

・2000年代の”Big Four”のうちAmerican Express、Coca-Cola、Wells Fargoは2010年代も継続保有しているものの、P&G(元々はGillette)は徐々に売却し、2020年現在ではかなり保有シェアを落としてます。

・2010年代前半、P&Gの代わりに”Big Four”の仲間入りをしたのがIBM。バフェットとしては珍しくIT銘柄への大規模投資だったので注目を集めましたが、後にバフェットはIBMへの投資を「失敗だった」として2017年頃から売却をはじめ、現在では完全売却済。
IBMは、GAFAM等との競争が激しいAIやCloudなどの分野に注力しており、今後の業績が不透明であったというのが理由です。

・その他で注目すべきはやはりAppleへの大規模投資。2016年頃から投資を始め、2020年末時点ではなんと、上場株ポートフォリオの約40%を占めるまでに至りました。バフェットは、AppleのiPhoneは消費者への”粘着性”があり長期的に必要とされる製品となるとして大胆に投資を行い、これまでのところ大きな成功を収めております。

・そして、2020年はテスラに代表されるように電気自動車が改めて脚光を浴び、バークシャーが2008年に投資した中国の電気自動車メーカーBYDの株価も暴騰。長年停滞していた銘柄ですが、ついに保有株上位にも食い込んできました。2008年に既に電気自動車メーカー、しかも中国の企業に投資していたことは、バリュー投資家ならぬ先見の明を感じます。

・また、2020年はバークシャーでは初となる日本株への投資、5大総合商社に巨額の投資が行われました。投資後も株価が上昇を続けた伊藤忠商事が日本企業では初めて世界中の投資家が目を通すバフェットの手紙の中に名前を刻んだことは印象的です。

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

【コカ・コーラ】世界最大の清涼飲料水メーカーの理論株価は?(2020年12月期)

rogo-2016-KO.png


<りろんかぶおコメント>

りろんかぶおの競争優位性評価(5段階評価)⇒★★★★☆

・コカ・コーラ社は世界最大の清涼飲料水メーカーです。コカ・コーラ社は世界中で500以上のブランドを保有しており、炭酸飲料水の世界Top 5の内、4製品がコカ・コーラ社の製品です(コカ・コーラ、ダイエットコーク、ファンタ、スプライト)。そんな中、同社の競争力の源泉は、なんといってもコカ・コーラというエッジの利いた製品とそれを優れたマーケティングで世界トップクラスのブランドに仕立て上げたことだと思います。

・コカ・コーラ社のミッションは以下と定義しているのですが、同社製品を飲むことで、「さわやかだ」、「ハッピーだ」、等のポジティブな感情を抱いてもうようにうまくマーケティングをしております。よって同社は、コカ・コーラなどの製品を通じて、そういったポジティブな感情を味わってもらうという”体験”を提供しているのであり、これはたとえ同じ味のものでも”コカ・コーラブランド”の製品でなければこういった感情は味わえないのです。こういったブランドを確立したことが、他社に対する強力な競争優位性となっております。

1.世界中にさわやかさをお届けすること
2.前向きでハッピーな気持ちを味わえるひとときをもたらすこと
3.価値を生み出し前向きな変化をもたらすこと

・筆者も米国駐在中のオフィスではコーラが無料で常備されていた為、毎日ダイエットコークを飲んでいたほどコーラは大好きです。コーラの味は何となく中毒性があるというか何度も飲みたくなりますし、コーラの味に特化すればペプシ以外、他に競合がいないのでやはり強いです。コカ・コーラのレシピは超極秘扱いされていることは有名で、この時代では珍しく他社にまねできない製品を持っているという点も強力な競争優位性の一要素となってます。

・一方、近年世界的に健康意識が高まっており、糖分の多いコーラには逆風となっております。コカ・コーラ社も、糖分の少ない、或いはシュガーレスの商品を拡充させており、現に新発売したコカ・コーラゼロシュガーは大幅に販売数量を伸ばしております。

・ただ、個人的にはコカ・コーラ社を100年以上支えてきた屋台骨はやはりコカ・コーラであり、これが主力製品になりえないようであれば、コカ・コーラが他社に勝る競争優位性というのは大幅にそがれると考えます。りろんかぶおとしては、現時点でのコカ・コーラの長期的な競争優位性という点では少々疑問符がつかざるを得ず、今後、健康意識の高まった環境の中で、いかにコカ・コーラ製品を売り込んでいくかを見ていく必要があると思います。

<理論株価>
31.08ドル(2020年12月31日時点)
※1 直近3年間のフリーキャッシュフローの平均が今後半永久的に続くと仮定し、Discounted Cash Flow(DCF)法で計算。
※2 DCF法の概要はこちらご参照。

NYダウ銘柄理論株価一覧はこちらご参照ください!

<セグメント毎ビジネスモデル>

・Concentrate Operations
飲料の原液となるシロップを卸売業者に販売するビジネス

・Finished product operations
飲料の最終製品を卸売業者に販売するビジネス

bisuness model

コカ・コーラは近年、製品開発とマーケティングという中核事業に注力すべくFinished product operations部門を縮小中。ちなみにコカ・コーラの主要ブランドは以下。

・Sparkling soft drinks:
Coca-Cola, Diet Coke/Coca-Cola Light, Coca-Cola Zero Sugar, Fanta, Schweppes, Sprite, Thums Up

・Water, enhanced water and sports drinks:
Aquarius, Dasani, glacéau smartwater, glacéau vitaminwater, Ice Dew, いろはす, Powerade;

・Juice, dairy and plant-based beverages:
AdeS, Del Valle, innocent, Minute Maid, Minute Maid Pulpy, Simply, ZICO;

・Tea and coffee:
綾鷹, Costa, FUZE TEA, Georgia, Gold Peak, HONEST TEA.

<決算情報>
・売上は33,014百万ドルと前年対比11.4%減。コロナによる販売量減の影響が-7%、外食が減りで自宅での消費が増えたことにより全体の販売価格が減額した影響が-2%、為替が-2%。

・純利益は7,747百万ドルで前年対比13.2%減。上述の要因に加え、特定の債務の期日前弁済に対するチャージ484百万ドルを計上したことが主因。

<財務情報>
kabuka_KO_2020.png
rev_KO_2020.png
pat_KO_2020.png
cf_KO_2020.png
roe_KO_2020.png
eps_KO_2020.png
seg_KO_2020.png
area_KO_2020.png
div_KO_2020.png
seiko_KO_2020.png


応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

[ 2021/03/25 12:03 ] 7.理論株価&財務分析 | TB(-) | CM(0)

今更ですが電子署名ってめちゃくちゃ便利

イメージ_20210324

画像:https://www.holmescloud.com/useful/2983/


今更ですが電子署名ってめちゃくちゃ便利ですよね。

退職後は誰かと契約を締結するということはほとんどなくなったのですが、それでもたまにそういった機会があります。

その時に大抵は電子署名なんです。今のところクラウドサインが多いです。

これですごい便利だなと感じたのは、先方から契約書が送られてきて自分が署名しなければいけない時、自分がクラウドサインのサービスに登録している必要ないということです。

Eメール上で「内容を確認して電子署名してください」と来て、そこで署名ボタンをぽちっとすれば完了なんです。

ほんと便利です。

会社員時代は、契約締結業務がものすごく多かったのですが、とにかくめんどくさかったです。

一応契約の内容は先方とメール上で確認して最終化するのですが、
契約締結の段では、

①まずどちらかで契約書を2部印刷して署名し、
②署名済2部を相手に郵送して、
③相手にも2部署名してもらい、
④相手に双方署名済みの契約書原本を1部返送してもらう

という作業が必要です。

しかも、署名者というのは大体部長とか偉い人で、そういう人たちというのは出張やら会議やらなにやらで大抵席に座っておらず、
スケジュールを確認しながら席に座っているタイミングを見計らって「サインお願いします」といいに行かなければならないわけです。

なので契約締結の締め切りがある場合は、署名者の今後1か月くらいのスケジュールも確認した上で、段取りを決めて、ミスがないように仕事を進める必要があったのです。

ペンでサインしないといけないということは膨大な非効率を生んでいたわけです。

これが電子署名であれば、PCやタブレット上でぽちっとするだけなので、上述の非効率が大幅に削減されます。

ほんとにテクノロジーってすごいです。

電子署名は間違いなく今後必要不可欠なサービスになるでしょう。

プリサイエンス・ストラテジック・インテリジェンス社によると、電子署名の市場規模は2019 年が9,523億ドルだったようです。

そしてこれが、2020 年から 2030 年まで年平均 24.6%で増加すると見込まれているようです。

つまり今後10年で市場規模が8倍以上に拡大すると見込まれているわけです。

そしてそんな魅力的すぎる業界で世界No1シェアはドキュサインです。

同社は、全世界 180 ヵ国以上、50 万社以上、数億人が署名者として利用しています。

今更ですが投資を検討したくなる企業です。今更ですが。

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。



[ 2021/03/24 11:55 ] 14.投資の勉強部屋 | TB(-) | CM(0)

【キャタピラー】 建設機械業界の巨人の理論株価は?(2020年12月期)

rogo-2016-CAT.png


<りろんかぶおコメント>

りろんかぶおの競争優位性評価(5段階評価)⇒★★★★

・Caterpillarは世界最大の建設機械メーカーです。

・業界の展望としては、今後も堅調に伸びていくことが予想されております。途上国のインフラ整備、都市化、世界人口増による鉱物資源・エネルギー資源開発関連の需要増などに伴い、建設機械の需要は今後も確実に伸びていきそうです。

・ではそういった伸び行く業界においてキャタピラーの競争優位性はいかがなものでしょうか?りろんかぶおはキャタピラーは業界内で非常に高い競争優位性を持っていると考えます。

・建機業界においてキャタピラーは世界トップですが、その最大のライバルは日本のコマツです。キャタピラーとコマツのマーケティング戦略は似ていて、製品価格自体は競合他社よりも高いことが多いものの、製品ライフサイクル全体でのコストが競合よりも低く(故障の少なさに起因する維持管理費の低さや機械の稼働効率、再販価格の高さ)、実質的な価格競争力を有していることを売りにするものです。よって両社ともに安かろう悪かろうの製品ではなく、高い品質とサービスを提供することで顧客の信頼を勝ち得ており、本業界において高いブランド力を有します。(近年はICT技術も駆使し、稼働率向上やメンテナンスコスト低減に取り組んでおります)

・但し売上高で見るとキャタピラーはコマツの二倍以上で、シェアでは2位以下を圧倒。そして、建設機械の製造コストの大半は資本集約的な大型部品(エンジン、車軸、トランスミッション及び油圧ブレーキ)であり、規模の経済が大きく寄与するのです。キャタピラーは、同一部品を用いる製品ラインをデザインし、規模の経済を活かし他社よりも大規模かつ最新鋭の部品製造工場を設立することで、部品の単位当たりコストを他社よりも下げることができるのです。また、輸送コストを下げるために部品レベルで世界の需要地へ搬送し、現地の組立工場で最終製品を完成させることで、高いコスト競争力を発揮しております。

・建設機器需要は景気の良しあしに大きく左右されるため、業績のぶれは非常に大きいのですが、上述の通り規模の経済が働く業界において、圧倒的シェアを誇り、高い品質とサービスを長年提供し続けてきたことによる強力なブランドを誇るキャタピラーは、今後も競争優位性を保持し続けると考えます。

<理論株価>
175.74ドル (2020年12月末時点)
※1 直近3年間のフリーキャッシュフローの平均が今後半永久的に続くと仮定し、Discounted Cash Flow(DCF)法で計算。
※2 DCF法の概要はこちらご参照。

NYダウ銘柄理論株価一覧はこちらご参照ください!

<セグメント毎ビジネスモデル>

1. 建設機器
主にインフラ、林業、ビル建設業者への建機販売。主な製品はアスファルト舗装機、コンパクター、切削機など。

2. 鉱山開発・運搬関連機器
主に採鉱、採石、重量構造物、運搬業者への建機販売。主な製品は、ショベルカー、運搬トラック、ロータリードリル等。

3. エネルギー・輸送関連機器
オイル&ガス、発電、海運、鉄道関連業者への建機販売。主な製品は、エンジン、ジェネレーター、推進機器、ガスタービン、電気式ディーゼル機関車等。

4. ファイナンスサポート
Caterpillar製品購入の際のファイナンスサービス。分割払いやリース等。

<決算情報>

・売上は41,748百万ドルと前年対比22.4%減、コロナの影響で経済活動が急減速したため、キャタピラーの主要顧客となるビル建設業者、鉱山開発業者、エネルギー関連業者からの需要も急減、ディーラーが在庫を縮小させたことも相まって全てのセグメントで売上は急減。

・純利益は2,998百万ドルで前年対比50.8%減、上述の販売量減が主要因。

<財務情報>
kabuka _CAT_2020
rev-CAT-2019.png
pat-CAT-2019.png
cf-CAT-2019.png
roe-CAT-2019.png
eps-CAT-2019.png
seg-CAT-2019.png
area-CAT-2019.png
div-CAT-2019.png
seiko-CAT-2019.png

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

[ 2021/03/23 11:03 ] 7.理論株価&財務分析 | TB(-) | CM(0)

【AT&T】 世界最大の通信会社の理論株価は?(2020年12月期)

ATT.png


<りろんかぶおコメント>

りろんかぶおの競争優位性評価(5段階評価)⇒★★★☆☆

・AT&Tはベライゾンと並んで米国最大の通信事業者で、その他にテレビ、動画配信等も手掛ける。

・通信事業に関しては、インターネットがますます生活に不可欠なものになっており、今後IoTや自動運転などでもインターネットは不可欠であり、5Gの普及によりさらに多くのビジネスが生み出されることも予見され、今後も堅調に伸びていく分野。

・通信事業における競合はベライゾンとT Mobile。サービスの差別化が難しい分野故に、他社と比較して競争優位性は発揮しづらいが、莫大な設備投資が必要であり多くの規制も存在するためそもそも3社寡占という点は大きなメリット。

・テレビに関しては、近年NetflixやHulu、Amazon Primeに代表されるように定額動画配信サービスが隆盛を極め、更にYoutube等のメディアも盛り上がりを見せ、テレビに関しては今後も強い逆風が吹く。実際に、筆者も最近はほとんどテレビはみず、Youtube見ることの方が多いです。インターネットがない時代には、テレビというのはほぼ唯一の動画メディアでしたが、現在ではOne of themになった中、シェアは奪われるばかりだと思われます。

・動画配信に関しては、AT&Tも昨年HBO Maxという動画配信サービスを開始。テレビの衰退と引き換えにここは業界全体としては今後も伸びていくことが予想される。

・もともと同社のWarner Media部門(旧タイムワーナー)では映画やテレビドラマなどのコンテンツ制作部門も抱えているため、自社コンテンツは豊富にあり、今後ここで他社と差別化できるかどうかがカギ。2020年末時点でNetflixの有料顧客は世界で2億人を超えるがHBOは6千万人程。Netflixは自社コンテンツ制作に巨額の投資を行っておりそこでの差別化を図る。HBO Maxの出遅れ感は否めないが、コンテンツの魅力でいえばまだまだ巻き返しも考えられるか。

<理論株価>
42.76ドル(2020年12月31日時点)
※1 直近3年間のフリーキャッシュフローの平均が今後半永久的に続くと仮定し、Discounted Cash Flow(DCF)法で計算。
※2 DCF法の概要はこちらご参照。

NYダウ銘柄理論株価一覧はこちらご参照ください!

<セグメント毎ビジネスモデル>

1.Communications

・携帯電話の端末販売及び通信サービス
・テレビ配信(Premium TV、AT&T TV Now)によるサブスクリプションフィー及び広告収入
・インターネット
・法人向け固定電話・IPなどの有線サービス

2.WarnerMedia

・テレビ(CNNやTurner Sports等のWarnerMedia傘下のコンテンツに特化したテレビ)
・HBO Max等の定額動画配信サービス
・映画やテレビドラマ制作および上映・配信
・その他

3.Latin America

・中南米での衛星テレビ事業
・メキシコでの携帯電話事業

<決算情報>

・売上は171,760百万ドルと前年対比5.2%減。
→Communications部門では、主力の携帯・インターネット事業は堅調なるもテレビ収入の減少が顕著。近年の定額動画配信サービスの隆盛によりテレビの有料顧客の減少が止まらず広告収入も減少が続きこれだけで35億ドルの減収。
→Warner Media部門では、コロナの影響で映画の上映キャンセルや延期が響き22億ドル減収、期待の動画配信サービスの収入はわずかに微増する程度でテレビの減収を補うことはできず。

・純利益は▲5,176百万ドルで赤字転落。上述の減収に伴い営業利益が減少したことに加え、主にNetflixやHulu等の定額動画配信サービスの隆盛により事業基盤が大きく変化しているテレビ事業において既存資産の再評価を行い155億ドルの減損を計上したことが主因。

<財務情報>
kabuka_T_2020.png
rev_T_2020.png
pat_T_2020.png
cf_T_2020.png
roe_T_2020.png
eps_T_2020.png
seg_T_2020.png
area_T_2020.png
div_T_2020.png
seiko_T_2020.png


応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

[ 2021/03/22 12:10 ] 7.理論株価&財務分析 | TB(-) | CM(0)

【3M】 ビジョナリーカンパニーの中の最優良企業の理論株価は? (2020年12月期)

logo-3M-2016.png


<りろんかぶおコメント>

りろんかぶおの競争優位性評価(5段階評価)⇒★★★★☆

・3Mは世界最大手の化学品メーカーです。3Mで思い出されるのは、世界中でベストセラー本となった“ビジョナリーカンパニー”(世界で最も卓越した企業群の研究に関する本)での次の一節。

「今回調査した十八社の中で、今後50年間、100年館、成功を続け、環境の変化に対応していく企業を一社だけ選べと言われれば、私たちは3Mを選ぶだろう。」

・“ビジョナリーカンパニー”では3Mの競争力の源泉を企業文化にあると説明しています。3Mでは15%ルール(勤務時間の15%迄を自分で選んだテーマや創意工夫にあてるよう奨励するルール)に代表されるように、個人の創意工夫を最大限に促すような制度がふんだんに整えられております。各社員にチャレンジを奨励し、小さなアイデアを大事にし、必要なだけの自由を与える、長年にわたって形成された3Mの企業文化こそが3Mが今後も反映し続けると確信できる最大の要因と説明します。

・3MのROEは40%を超え、営業利益率は約20%に達します。少ない資本で製品を製造し、一つ一つの製品に大きな競争力があるがために大きな営業利益率を確保できるのです。

・具体的な製品を見ていくと、3Mの売上の多くは、万が一にも間違いがあってはいけない自動車、船舶、飛行機などの工業向けや、人命にかかわる医療・セーフティ向け製品、からなっており、こういった分野では長年の実績が信頼につながり、「ほかに安い製品はあるけど、万が一それが原因で大きな事故につながったら取り返しがつかない。それだったら実績が十分な3Mの製品を買おう」となるわけです。このような顧客が抱く3Mへの信頼が他社との差別化要因・競争力の源泉になっていると考えられます。

<理論株価>
139.33ドル(2020年12月31日時点)
※1 直近3年間のフリーキャッシュフローの平均が今後半永久的に続くと仮定し、Discounted Cash Flow(DCF)法で計算。
※2 DCF法の概要はこちらご参照。

NYダウ銘柄理論株価一覧はこちらご参照ください!

<セグメント毎ビジネスモデル>

Safety and Industrial
・個人用保護具や安全対策製品などのセーフティ関連製品の販売。
・自動車、船舶、飛行機やその他工業向けの化学製品販売。主にテープ、研磨剤、接着剤、塗装、充填材等。

Transportation and Electronics
・貨物船、電車、スクーター等、幅広い輸送手段の製造に必要な製品の販売。
・コネクトケーブル、表面保護テープ、半導体部材等のエレクトロニクス関連製品販売。

Health Care
・医療用機器、スキンケア、感染防止関連の製品販売。

Consumer
・ポストイット、テープ等の家庭用品、文房具関連などの製品販売。

<決算情報>

・売上は32,184百万ドルと前年対比0.1%増。コロナの影響で、製造業向けの製品需要が落ち込んだ一方で、一般人向けマスク販売及び医療機関向け感染防止関連製品に特需があったため、合計では微増。

・純利益は5,384百万ドルで前年対比17.8%増加。Safety and Industrial部門において売上は微増なるも生産性向上によるコスト減で営業マージンが大幅に改善したこと、訴訟コストが減少したこと、事業売却益が前年対比で増加したことが主因。

<財務情報>
kabuka_2020_MMM.png
rev_2020_MMM.png
pat_2020_MMM.png
cf_2020_MMM.png
roe_2020_MMM.png
eps_2020_MMM.png
seg_2020_MMM.png
area_2020_MMM.png
div_2020_MMM.png
seiko_2020_MMM.png

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

[ 2021/03/17 11:14 ] 7.理論株価&財務分析 | TB(-) | CM(0)

退屈について深く考える

会社員生活に終止符を打ってからちょうど1年半ほどたちます。

今の心境は、

とにかく退屈。笑


なぜ退屈なのか?

今日はその原因と対策について考えていきます。

原因①:毎日刺激がない

1年半も同じような生活をしていると、日々の生活の中で刺激がなくなりますね。

自分は一応、投資以外にもファンド運営や学校づくりなどもしていますし、家族(妻と子供2人)もいるので、人との関わりというのは多少はありますが、

毎日同じ部屋で、同じような時間に同じようなことをやり、昼飯もラーメン、カレー、パスタと固定化してきており、毎日同じ時間に同じコースでランニングし、というように日々やることがものすごくルーティン化しすぎてきていることが、自分の生活から刺激を奪っているように思います。

では刺激とは?

新しいことを学んだり、

新しいことを体験したり、

新しいモノを食べたり、

新しい人と会ったり、

とにかく新しい何かが足りないという状態だと思います。

これは会社をやめたから?

多少はそうかもしれないです。

会社にいれば、配属が変わったら強制的に新しい仕事をしなければいけないですし、新しい人たちと関わらなければいけないからです。

ただ、結局そのような状況が1年も続いてしまえば、結局退屈という波が押し寄せてくるのです。

実際に思い返してみれば、会社勤めの時もよく「退屈だなー」と感じていました。

自分は合理性を追求しすぎてしまう性分なので、生活の中から一切の無駄を排除して、なるべく習慣化し、ミニマリスト気質なところも手伝って自分の部屋にはモノがほとんど置かれていません。

つまり、刺激が少ない状態をうみやすい性格というのも大きいと思います。


退屈の原因②:やりたくてもできない環境

基本的に平日の昼間は完全に自由に過ごせるので自分のやりたいことを100%できる環境にあります。

一方、自分には子供がいるので、夜子供が帰ってきたら子供の相手をしなければいけませんし(子供そっちのけでよく麻雀番組見てるのでこんなこと言ったら妻にキレられますが)、休日は子供を外に遊ばせに行かなきゃいけません。

未だ子供が小さいこともあってか、子供を外に連れて行った時の自分の主要な役目といえば、子供が危ないことをしないか「しっかりと見ておく」ことです。子供は勝手に遊具とかで遊んでいるので。

仮に自分もやることがあって脳がそのやることに集中している状態であれば退屈と感じることはないのですが、視覚以外の五感は完全に空いている状態で、だけど子供を見ておかなければいけないから何もすることができない、という状況が退屈を感じさせやすい状況を作り出しているのだと思います。

(もちろん子供はかわいい存在で、いてくれてよかったなと強く思いますが、状況を淡々と分析するとこういうことかと)


じゃあどうすればいいのか?

ここまで原因が分析できれば対処法は簡単です。

・とにかく毎日の生活の中に新しい何かを盛り込むこと、
・子供が楽しむことだけでなく自分も一緒に楽しめることをやること

です。

二点目は子供がいる人限定なので、一点目について詳しく見ていきます。


退屈と感じる原因は刺激がないことです。

刺激がない原因は日々の生活に新しい何かが極端に足りていないからです。

であれば、日々の生活に新しい何かを盛り込めばそれが刺激となり退屈をやっつけられます。

では日々の生活で取り入れられる新しい何かとは?

・今まで食べたことのないモノを食べてみる

・今まで行ったことのないお店で外食してみる

・ランニングの時間を変え、コースを変える

・料理を作ってみる

・着ている服を変えてみる

・植物を育ててみる(今イチゴを育てています)

などなど、小さいことでも毎日ひとつは新しい何かを盛り込むことで、生活が豊かになると思います。

新しいことにチャレンジすると外れくじを引く回数が増えるでしょう。

例えば、いつもはおいしいとわかりきっているマルちゃんのラーメンを食べているが、今日は冒険してCMで話題の〇〇ラーメンを食べてみよう、となった時、たいていの場合はマルちゃんラーメンの方がおいしくて、外れくじ引いたわーとなるわけです。

が、それでいいのです。

いつもと違うことをすることでわくわく感を味わえたり、外れくじ引いたわーと落胆したりと感情に起伏が出てくるので、これは結果的に日々の生活に充実感を与えます。

自分みたいに過剰に合理性を追求するような人間は世の中に一定数いると思うのですが、そういう人は常に忙しくしていないとすぐに退屈の波が押し寄せてきやすいです。

なぜなら合理性を追求するが故に、無駄が一切排除される一方で、日々の生活が無味乾燥なものとなりやすいからです。

意外と人生を豊かなものにするのは、”非”合理的なものの中にあります。

例えば、外食や弁当、冷凍食品がこれだけ安く手に入れられる中、料理なんてものすごく非合理的な行為だと思います。

料理をするということは、作るものを考え、買い物をし、料理をして、お更に盛り付け、食べた後は食器洗いをするという、膨大な作業を要するからです。

外食や弁当を買えば膨大な無駄な時間が削減されます。

但し、自分で何かを作るという体験はわくわく感を与えますし、退屈な日々を送っている人にとって、毎日新しい何かを作ってみるというのは最も効果的な退屈撃退法の一つでしょう。

合理性を追求しすぎるのも弊害があるということは胸に刻みたいと思います。

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

[ 2021/03/16 11:31 ] 16. FIRE(セミリタイア) | TB(-) | CM(0)

【マクドナルド】 誰もが知っているハンバーガー屋の理論株価は?(2020年12月期)

rogo-2016-MCD.png

<りろんかぶおコメント>

りろんかぶおの競争優位性評価(5段階評価)⇒★★★★

・マクドナルドは外食チェーンの世界最大手企業です。主な競合他社はウェンディーズやバーガーキング、KFC、近年ではスターバックスなども競合となってきております。ファストフードのマーケットシェアの尺度は様々ですが、どれを取ってもやはりマクドナルドは業界No 1です。

・マクドナルドの競争優位性とは何か?よく言われることではありますが以下三つが挙げられると思います。

① ブランド力
やはり最も競争優位性を発揮しているのはブランド力だと思います。Interbrand社が毎年公表する、グローバルブランドランキング2020年でも9位にランク付けされております。リーズナブルな価格で、おいしいものが、手っ取り早く食べられるというイメージは誰でも持っており、そういった気分の時に「ちょっとマックにでも行こうかな」というのがマクドナルド社の大きな競争優位性となっております。一時期極端な低価格路線で失敗しましたが、現在は低価格帯と中価格帯をそろえ、カフェなどの商品のすそ野を広げることで、収益性および顧客数を維持・向上することに成功しております。

② 立地
マクドナルドのような大衆向け外食チェーンにとって最も重要なのが集客力のある立地。マクドナルドは長年の歴史の中で、価値の高い不動産を積み上げてきており、好立地を陣取ってしまうという陣取り合戦の勝者でもあり、これも強力な競争力の源泉となっております。

③ オペレーティングシステム
マクドナルドは全店舗の9割以上がフランチャイズ店舗ですが、直営店舗も保有しております。収益性の観点ではフランチャイズが勝りますが、直営店舗は新しいオペレーションシステム、商品、マーケティング手法、プライシング手法等を試験的に行い、良いものは全世界のフランチャイズ店舗にも普及させるという実験所的な役割を担っており、マクドナルドのオペレーティングシステムが洗練され続けているのはこうした改善の努力と工夫がなされている為です。こういったシステムを裏付けとして、注文して、出来立てのハンバーガーをすぐに受け取ることができるという、優れたサービスが確立され、これも大きな競争優位性になっております。

・マクドナルドは、自社ブランドとオペレーティングシステムという超巨大な無形資産をバックに、自身で手を動かさずにフランチャイズオーナーが世界中に店舗を作っていってくれて、追加の利益を得るのに必要な追加投資はものすごく小さいです。こういう意味でも超優良ビジネスといえるでしょう。但し、近年の健康志向やビーガン人口の増加などはやや逆風か。

<理論株価>
129.71ドル(2020年12月31日時点)
※1 直近3年間のフリーキャッシュフローの平均が今後半永久的に続くと仮定し、Discounted Cash Flow(DCF)法で計算。
※2 DCF法の概要はこちらご参照。

NYダウ銘柄理論株価一覧はこちらご参照ください!

<セグメント毎ビジネスモデル>

・フランチャイズ
フランチャイズ店舗のオーナーからロイヤルティー等のフランチャイズ収入を得るもの。マクドナルド自身は、自社のグローバルブランド、オペレーティングシステム、資金、等を提供。マクドナルドはフランチャイズ店舗の割合を全店舗の95%に高める経営戦略(2018年末時点で93%)。
フランチャイズには大きく以下二つの形式あり。

① Conventional Franchise
マクドナルドが、土地や店舗などを保有し、内装や店内機器、テーブルなどの費用はフランチャイズオーナー負担。フランチャイズオーナーはマクドナルドに対し、賃貸料、売上に応じたロイヤルティー、開店時のイニシャルフィーを支払う。

② Developmental License or Affiliate
マクドナルドは自社ブランド及びオペレーティングシステムの提供のみを行い、土地や建物の手配含め全ての資金拠出はフランチャイズオーナー負担。フランチャイズオーナーはマクドナルドに対し、売上に応じたロイヤルティー、開店時のイニシャルフィーを支払う。国によっては、マクドナルドの関係会社を作り、同関係会社への出資分に応じた収入を得る。

・直営店舗
マクドナルド自身が運営する店舗。フランチャイズ収入を会社の主力収入と位置付けるものの、直営店舗はフランチャイズ店舗から提案のあった新しいオペレーションシステム、商品、マーケティング手法、プライシング手法等を試験的に行い、良いものは全世界のフランチャイズ店舗にも普及させるという実験所的な役割を担う。またマクドナルド社員が現場感を身に着ける研修の場としての機能も果たす。直営店も5%は残し続けるというのはこういった役割がある為。

<決算情報>

・売上は19,207百万ドルと前年対比8.9%減、コロナの影響で特に欧州での売上が激減したことが主因。

・純利益は4,731百万ドルで前年対比21.5%減。コロナの影響で経営が悪化したフランチャイズ店舗へのサポート200百万ドル以上を計上したことと、閉店関連コストが68百万ドルと増加したことなどが主因。


<財務情報>
kabuka_2020_MCD.png
rev_2020_MCD.png
pat_2020_MCD.png
cf_2020_MCD.png
roe_2020_MCD.png
eps_2020_MCD.png
seg_2020_MCD.png
area_2020_MCD.png
div_2020_MCD.png
seiko_2020_MCD.png

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

[ 2021/03/15 10:59 ] 7.理論株価&財務分析 | TB(-) | CM(0)

【ジョンソンエンドジョンソン】 世界でたった2社にしか与えられないS&P最高格付AAA企業の理論株価は?(2020年12月期)

rogo-JNJ-2016.png


<りろんかぶおコメント>

りろんかぶおの競争優位性評価(5段階評価)⇒★★★☆☆

・ジョンソンエンドジョンソン(JNJ)は米国の大手ヘルスケア企業です。JNJといえば、S&P格付けにおいて世界中でたった2社にしか与えられていないAAAの称号を与えられている超優良企業です(もう一社はマイクロソフト)。

・JNJは、消費者向製品、医療用医薬品、医療用機器の大きく三つの部門があり、どの部門も非常に競争優位性がありますが、中でも随一は医療用医薬品です。売上に対する税前利益率はなんと30%を超える超高収益の分野です。

・医療用医薬品に関して言えば、競争優位を与えている最大の要因はやはり特許です。特許があるからこその超高収益なのです。一方、特許には期限があるので、現時点で特許があることが超長期で見た場合の競争力とはならず、長期的に見ればニーズのある医薬品を生み出し続ける研究部門の強さが競争力の源泉となります。

・この点、JNJは長年のノウハウがあり、研究施設も充実しており、優秀な人材の採用にも力を入れ、なんといっても、毎年$10 bil前後の研究開発費を投じているので、ここが他社を寄せ付けない競争力の源泉となっています。

・但し、優れた研究開発体制の整備は他の大手製薬会社も同様に注力しており、競合他社と比較したときに、特別な競争優位性というのは発揮しづらい業種ではないかと思われます。

<理論株価>
185.12ドル(2020年12月31日時点)
※1 直近3年間のフリーキャッシュフローの平均が今後半永久的に続くと仮定し、Discounted Cash Flow(DCF)法で計算。
※2 DCF法の概要はこちらご参照。

NYダウ銘柄理論株価一覧はこちらご参照ください!

<セグメント毎ビジネスモデル>
・Consumer
消費者向け製品販売。主力製品はスキンケアのニュートロジーナやアビーノ、バンドエイド、コンタクトのアキュビュー等。

Pharmaceutical
・法人向け医療用医薬品販売。がん、免疫疾患 、精神・神経疾患(中枢神経・疼痛)、ワクチン 、代謝・循環器疾患の5つの疾患領域における医薬品がメイン。

Medical Devices
・法人向け医療機器販売。外科、整形外科、眼科、循環器、がんなどの分野の治療に関する医療機器がメイン。

<決算情報>

・売上は82,584百万ドルと前年対比0.6%増加。コロナの影響でMedical Devices部門が12%減収となったものの、主力のPharmaceutical部門が販売促進により8%増収となり、全体では微増。

・純利益は14,714百万ドルで前年対比2.7%減少。Consumer Health部門は訴訟コストが$3.5billion増加して赤字転落、Medical Devices部門はコロナの影響でマージン悪化し税前利益が58%減少、主力のPharmaceutical部門ではオピオイド関連訴訟費がかさんだ前年対比で訴訟費が$3.5billion減少したこととコスト削減努力により税前利益が75%増加したことが、マイナス幅を大幅に相殺した形。

<財務情報>
kabuka_2020_JNJ.png
rev_2020_JNJ.png
pat_2020_JNJ.png
cf_2020_JNJ.png
roe_2020_JNJ.png
eps_2020_JNJ.png
seg_2020_JNJ.png
area_2020_JNJ.png
div_2020_JNJ.png
seko_2020_JNJ.png

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。


[ 2021/03/11 11:13 ] 7.理論株価&財務分析 | TB(-) | CM(0)

【JPモルガン・チェース】 時価総額世界最大の銀行の理論株価は?(2020年12月期)

rogo-2016-JPM.png


<りろんかぶおコメント>

りろんかぶおの競争優位性評価(5段階評価)⇒★★★★

・JP Morganは時価総額が米国最大の銀行。近年日本では、フィンテックの登場や、IT企業の銀行業参入などで既存の銀行のほとんどはなくなる、等の話があります。りろんかぶおの意見としては、確かに日本でいうと地方人口の減少により地銀は経営が苦しくなりどんどん合併吸収等の再編が進むと思いますが、いわゆるメガバンク等の大きな銀行は必ず残り続けると思います。

・資本主義のシステム下では、経済発展の為の最大のエンジンは人間の利益追求欲求ですから、お金が世の中を巡れば巡るほどこの利益追求欲求が刺激され、経済が好循環となりその結果世の中が豊かになっていきます。
お金が血液だとすれば、銀行はそれを流す心臓の役割を果たしており、資本主義社会においてなくてはならない機能なのです。更に、銀行は信用創造により、お金を作り出す機能を持っており、中央銀行は金融政策などで、この銀行の信用創造の仕組みをうまく使って世の中のお金の量をコントロールしている為、もはや今の経済は銀行抜きには考えられません。

・では、どのような要素が各銀行の競争優位性となるのか?銀行業をする上での一つの大きなポイントはいかに低コストで多くのお金を集められるか、といった点です。これは、顧客にとっての利便性を究極迄極めることに加え、同じ銀行間での送金・決済が最も低コストなので、みんなが使っている銀行を使うといった規模の経済が有効に働きます。

・JP Morganは1871年設立の老舗で顧客の利便性を追求する企業です。このインターネット社会において、2017年に今後更に400店舗の支店を開設すると発表しております。多くのことがオンラインで完結するようになった現在においても、やはり、ちょっとしたことで対人で相談したいこととかっていっぱいあると思うのですが、やはりそういったニーズもしっかり満たすべく、JP Morganはオンラインもリアル店舗も充実させるという戦略の下顧客ニーズに最大限応えようとしております。このように顧客第一の経営の下、現在は米国No 1の銀行となっており、規模の経済からもJP Morganの今後の競争優位性は強固なものとなっていくのではないでしょうか。


<理論株価>
122.95ドル(2020年12月31日時点)
※1 直近3年間のフリーキャッシュフローの平均が今後半永久的に続くと仮定し、Discounted Cash Flow(DCF)法で計算。
※2 DCF法の概要はこちらご参照。

NYダウ銘柄理論株価一覧はこちらご参照ください!

<セグメント毎ビジネスモデル>
Consumer & Community Banking
・ATMやオンラインバンキング、住宅ローン、クレジットカード等のConsumer向け商業銀行サービス

Corporate & Investment Bank
・M&Aアドバイザリー、株式・債権発行業務、送金決済などのトレジャリーサービス、法人向け資金調達・デリバティブ関連金融サービス

Commercial Banking
法人向け銀行サービス(貸付、決済等)

Asset & Wealth Management
機関投資家向資産運用サービス、個人投資家向け投資信託商品提供

<決算情報>

・売上は119,543百万ドルと前年対比3.4%増加。IPOが活況だったことによるアンダーライティング業務の好調、金利やクレジットのヘッジングやデリバティブなどの商品が好調だったことを、金融緩和による貸付利ザヤ縮小が一部相殺した形。

・純利益は27,410百万ドルで前年対比20.9%減少。コロナ禍による経済活動の急激な縮小に伴い、貸倒引当金を前年対比3倍強の17,480百万ドル計上したため。

<財務情報>
kabuka_2020_JPM.png
rev_2020_JPM.png
pat_2020_JPM.png
cf_2020_JPM.png
roe_2020_JPM.png
eps_2020_JPM.png
seg_2020_JPM.png
area_2020_JPM.png
div_2020_JPM.png
seiko_2020_JPM.png

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

[ 2021/03/10 12:04 ] 7.理論株価&財務分析 | TB(-) | CM(0)

【シェブロン】 バフェットもついに投資したスーパーメジャーの一角の理論株価は?(2020年12月期)

rogo-2016-CVX.png


<りろんかぶおコメント>

りろんかぶおの競争優位性評価(5段階評価)⇒★★☆☆☆

1. 企業概要

・シェブロンはスーパーメジャーと呼ばれる世界6大石油・ガス会社の一つです。スーパーメジャー各社はエネルギー資源の探鉱・生産、輸送、精製、販売までの事業を垂直統合で行っていることが特徴です。

2. 業界展望

・石油・ガス等の化石燃料業界は、環境問題への意識の高まりとともに、徐々に衰退し行く産業では?と考えられています。国際エネルギー機関(IEA:International Energy Agency )が予測する、今後のエネルギー源別需要予測は以下の通り。

石油需要予測

Stated Policies Senario:今後気候変動に対する新たな政策や規制が施行されず、既存の枠組みのままで経済活動が行われると仮定したシナリオ

Sustainable Development Scenario:SDGsで設定されたエネルギー関連目標やパリ協定の目標を達成するために新たな政策や規制が施行され、温室効果ガス排出量を2070年までにNet ゼロにするための適切な行動がとられると仮定したシナリオ

詳細は以下ご参照↓
石油会社の未来

Stated Policies Senarioでは、石油需要は2025年までは堅調なるも、その後ゆるやかになり、2040年には2018年対比で8%増加していることになります。

このシナリオでは、石油の主要用途である自動車ガソリン需要は2020年後半にピークアウトするものの、石油化学品、船舶、航空用の需要が増加し続けていくために、結果的に微増を続けるという結果となっております。

一方、Sustainable Development Scenarioでは、石油需要のピークは今後数年間で到来し、2040年には2018年対比で32%減少していることになります。

このシナリオでは、自動車、船舶、航空用など輸送用途向け需要の顕著な減少を想定しており、自動車に至ってはEVの普及率が2040年に50%に達していることを前提としている。一方、リサイクルの取り組みが加速する中でも石油化学品需要は増加せざるを得ない想定となっている。

・このように、世界人口増加に伴うエネルギー需要増と、地球温暖化をストップすべく化石燃料消費を抑制しようという世界的な取り組みの綱引きで、今後の原油需要がどのように推移していくのかというのは非常に予測しづらいですが、超長期で見れば基本的には徐々に衰退していく業界といえるでしょう。

・但し、資源開発の業界は巨大な資金と探鉱に関する膨大な知見が必要であるため、新規参入障壁が非常に高い業界です。よって、比較的競争が少ない業界ということはいえます。

3. 個別企業競争力

・このように、業界としては引き続き大きな需要があることが確認できる中、その中でのシェブロンの競争優位性とは何でしょうか?シェブロンは最終製品として、原油、石油製品、石油化学製品を販売しておりますが、我々がガソリンを給油するときにどこの会社のガソリンかを気にしないように、製品自体の差別化は難しい分野です。

・更にその多くは指標となる市場価格が存在するため、石油会社に価格決定力はなく、特定の企業のみがプレミアムを稼ぎ出すことは非常に困難です。

・他社と差別化するには、コスト面で勝負することになります。主に探鉱コスト、資金調達コストや規模の経済を活用したコストメリットなどですが、例えばエクソンモービルと比べたときにコスト面でのアドバンテージがあるかといわれれば、目立ったものはないのではと思います。

・このように、販売製品の差別化が難しく、同規模の同業他社が多く存在する業界では競争優位性が発揮しづらいと考えられます。

<理論株価>
95.43ドル(2020年12月末時点)
※1 直近3年間のフリーキャッシュフローの平均が今後半永久的に続くと仮定し、Discounted Cash Flow(DCF)法で計算。
※2 DCF法の概要はこちらご参照。

NYダウ銘柄理論株価一覧はこちらご参照ください!

<セグメント毎ビジネスモデル>

1. 上流
原油、天然ガスの探鉱・開発・生産

2. 下流
石油製品、石油化学製品の精製、販売

<決算情報>

・売上は94,471百万ドルと前年対比32.5%減少。コロナの影響による原油価格及びガス価格の急激な下落による上流部門売上の減少、経済活動収縮に伴う航空機用燃料・ガソリンなどの需要急減による下流部門の減収が要因。

・純利益は▲5,543百万ドルで赤字転落、上述の減収が主因。

<原油価格の損益分岐点>

・下表は、Chevronの原油販売価格と開発コストの推移です。

・2020年時点の開発コストはUS$10.07/bllであり、原油価格がこれを上回っていれば何とか原油の販売によって利益を出せるということになります。

sales cost_CVX_2020
出典:Chevron 10K

<財務情報>
kabuka_CVX_2020.png
rev_CVX_2020.png
pat_CVX_2020.png
cf_CVX_2020.png
roe_CVX_2020.png
eps_CVX_2020.png
seg_CVX_2020.png
area_CVX_2020.png
div_CVX_2020.png
seiko_CVX_2020.png

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

[ 2021/03/09 12:03 ] 7.理論株価&財務分析 | TB(-) | CM(0)

【ベライゾン】米通信大手の理論株価は?(2020年12月期)

rogo-2016-VZ.png


<りろんかぶおコメント>

りろんかぶおの競争優位性評価(5段階評価)⇒★★★★

・Verizonは米国の大手通信企業です。米国では、米国全土でサービスを展開する大手通信事業者は、AT&T、Tモバイル、Verizonの3社が存在。1984年に、それまで米国全土での長距離通信事業を牛耳っていたAT&Tが7つの地域通信事業者に解体され、そのうちの一つが他社との合併を経て、2000年にベライゾンが設立されたもの。

・この業界は、連邦通信委員会(FCC)などによる規制の多い業界で、かつ、設備投資額が巨大な為、それ自体が参入障壁となっており、競争が少ない業界です。元々通信事業は他者との差別化が難しいサービス形態(回線に快適につながればどこの会社でもよい)だとは思いますが、ベライゾンの営業利益は20%前後であり、やはりこの寡占市場での恩恵を受けている状況だと思います。

・更に、通信各社は5Gの開発を進めており、今後本格化するIoTの時代においては、通信事業が更に存在感を増すことが予想されます。寡占市場で、かつ、今後も市場規模が大きくなることが予想される業界ということで、業界全体で見ておけば堅実なリターンが期待できるのではないかと考えます。

・2020年4Qにバフェットが大規模投資したことで話題に。

<理論株価>
101.98ドル(2020年12月31日時点)
※1 直近3年間のフリーキャッシュフローの平均が今後半永久的に続くと仮定し、Discounted Cash Flow(DCF)法で計算。
※2 DCF法の概要はこちらご参照。

NYダウ銘柄理論株価一覧はこちらご参照ください!

<セグメント毎ビジネスモデル>

1.Consumer Group
一般消費者向けの無線及び有線通信サービスの提供。

・Service
無線通信サービス(主に携帯の通信等。米国の一部地域では5G通信サービスも開始済み)
有線通信サービス(主に固定電話やインターネットの有線サービス等。縮小していく市場なるも、特に光ファイバー網の整備に注力)

・Wireless Equipment
無線通信用機器販売

2.Business Group
国内外の法人や、米国内の連邦及び州政府向けに、無線及び有線通信サービス、ビデオ・データサービス、組織内ネットワーク、セキュリティ、音声サービス、IoTサービス

・Global Enterprise(海外企業向けサービス)

・Small and Medium Business(米国内企業向けサービス)

・Public Sector and Other(連邦政府、州政府、教育機関向けサービス)

・Wholesale (Verizon設備を最終消費者向けに提供している企業向けのサービス)

3.Corporate and Other
現時点ではこのセグメントに、コーポレート関連の経費に加え、メディア事業が属す。Verizonは近年、AOLとYahooを立て続けに買収し、両社を合併してVerizon Mediaを傘下に置く。メディアを通じての広告収入がメイン。

<決算情報>

・売上は128,292百万ドルと前年対比2.7%減。コロナの影響で、基本的に全ての部門で減収し、特にロックダウンによる影響でワイヤレス機器販売のセグメントが大幅に減収したことが主因。

・純利益は17,801百万ドルで前年対比7.6%減。上述の減収に加え、コロナ対応として従業員や代理店への補償費などでコストも増加したことが主因。

・14年連続増配銘柄。

<財務情報>
kabuka_VZ_2020.png
rev_VZ_2020.png
pat_VZ_2020.png
cf_VZ_2020.png
roe_VZ_2020.png
eps_VZ_2020.png
seg_VZ_2020.png
div_VZ_2020.png
seiko_VZ_2020.png

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

[ 2021/03/08 11:46 ] 7.理論株価&財務分析 | TB(-) | CM(0)

りろんかぶおポートフォリオ(2021年2月末時点)


1. りろんかぶおの基本投資方針

資本を通じて世の中に貢献すること

を基本理念とし、以下4つを満たす企業への投資を行う。


1. 今後も人々の生活に不可欠な事業を行っている企業

2. 業界内で確固とした競争優位性を持っている企業

3. 株主利益の最大化を重視する企業

4. 割安な企業


いろいろ勉強していくうちに微修正していくかもしれませんが、
大まかには変わらないと思います。


2. りろんかぶおのポートフォリオ

りろんかぶおポートフォリオ(2021_2_26時点)


(2021年2月売買銘柄)

なし


3. りろんかぶお vs S&P 500


<平均年率リターン>
りろんかぶお:9.72%
S&P500(配当込):13.48%

<前提条件>
計算方法:投資期間のキャッシュフローをIRRベースで計算
投資期間:2015年9月29日(投資開始日)~現在
配当込・手数料込・税引後

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

[ 2021/03/05 10:02 ] 3.著者ポートフォリオ | TB(-) | CM(1)

<全文和訳>バフェットからの手紙(2021年2月)

誠実な経営者ロゴ


2021年2月27日に伝説的な投資家であるウォーレンバフェット氏率いるバークシャーハサウェイの年次報告書及びバフェットから同社株主へ向けた手紙が公表されました。

バフェットからの手紙は、バフェットがバークシャーの経営を担ってから50年以上も毎年欠かさず執筆されているもので、そこにはバフェットの投資哲学がふんだんに盛り込まれていることから、多くの投資家に読まれてきました。

今回はその和訳全文を以下に記しますので興味のある方は除いてみてください(全文は有料です)。

https://note.com/nrhr5342/n/n8f6b2326de75

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。


[ 2021/03/04 17:42 ] 12.バフェットの投資哲学 | TB(-) | CM(0)

バフェット銘柄の取得単価一覧(2020年12月末時点)

バフェット


<バークシャーハサウェイ保有銘柄取得単価>

バークシャー社のCEOであるバフェットといえば、約50年にもわたって平均約20%のリターンを上げ続けてきた
伝説の投資家です!
(同期間の市場平均は10%程度)

誰もがバフェットの投資戦略をまねたいと思っているといっても過言ではないでしょう。


そんなバフェットの投資戦略は非常にシンプルで、
毎年株主宛に出す「バフェットの手紙」では、
以下のように述べております。

「私たちが選ぶ企業の条件は、

① その内容を私たちが理解し、

② 将来にわたり長期的に好ましい業績が見込め、

③ 経営幹部は誠実で有能な人々であり、

④ 非常に魅力的な価格で購入すること。


です。」

この中でも重要なのが
「④の魅力的な価格で購入すること」です。

バフェットが各銘柄を購入した時の取得単価を見ることで、保有企業に対してどの程度が魅力的価格と考えているかをひも解くことができます。(但し、30年前の適正価格と現在の適正価格は全然違うので注意。コカ・コーラやアメリカンエクスプレスなどは30年以上前に取得)

以下が2019年末時点の主要保有銘柄の取得単価となります。

バークシャー取得単価一覧(2020年12月31日時点)



応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

[ 2021/03/01 10:24 ] 11.バフェット銘柄取得単価 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【生年】:1987年
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:現在はセミリタイアし専業投資家。元総合商社勤務(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:資本を通じて社会に貢献すること


プロフィール詳細はこちら

PR
株式投資本の王道
















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら