バフェット部 FIRE達成の東大卒元商社マンの米国株情報サイト

M&Aを手掛けた東大卒元商社マン(証券アナリスト資格有、現在はFIREを達成し専業投資家)が主に米国株の理論株価を全力分析!

チャーリーマンガー:「4~5社に集中投資するより100社に分散投資する方が優れているなんて狂気のさただ」

イメージ_20210226


長らくウォーレンバフェットの相棒となってきたチャーリーマンガーですが、彼はバークシャーの副会長であるとともにDaily Journalという新聞などを発刊するメディア企業の会長も務めます。

マンガーは2月24日のDaily Journalの年次総会に出席し、視聴者から寄せられた質問に答える形でマンガーの投資哲学を披露しましたので一部を紹介します。


質問:バリュー投資はGDPが減少していく世の中でも有効か?

マンガー:

バリュー投資が時代遅れの投資手法になることはない。

私にとってのバリュー投資の定義は、株式の取得価格以上の価値を求めることだからだ。

多くの人はバリュー投資というと、お粗末なビジネスをしているがキャッシュをたくさん持っている会社に投資することだと思っているが、私はそれをバリュー投資とは定義していない。

全ての”良い投資”はバリュー投資であると考えている。

強い企業にバリューを見出す人もいれば、弱い企業にバリューを見出す人もいる。

但し、全てのバリュー投資家は自分が支払った金額よりも多くの価値を求めていることで共通している。




質問:パッシブ(インデックス)投資は有効か?

マンガー:

多くの人が、4~5銘柄に投資するよりも、100銘柄に広く分散投資している方が、プロフェッショナルな投資をしていると思っている。

この考えは全く持って狂気の沙汰だと思う。

私にとっては、優良企業を100社見つけるよりも、5社見つけるほうがはるかに簡単だと思うからだ。

私はこのようなdiversification(投資対象を分散すること)をdiworthification(価値を低下させること)と呼んでいる。

私は、自分自身が理解できるビジネスで、自分自身にアドバンテージがあると思える企業を2~3社を保有している方がはるかに安心だ。

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

[ 2021/02/26 11:25 ] 12.バフェットの投資哲学 | TB(-) | CM(0)

2020年代で投資家が最も注目すべきマーケット?

イメージ_20210118


2020年代で投資家が最も注目すべきマーケットの一つはまさに”宇宙”だと思います。

イーロンマスク率いるSpace Xやジェフベゾスが個人で出資しているブルーオリジン、日本ではホリエモンが宇宙ビジネスに取組んでいます。

つまり、稀代の起業家たちが何年も前から熱心に取り組んでいるのが宇宙ビジネスです。

今回は、女性版ウォーレンバフェットと呼ばれるキャシーウッド率いる米ARK社の「Big Ideas 2021」に紹介ある、宇宙ビジネスの展望について紹介したいと思います。

出典:https://research.ark-invest.com/hubfs/1_Download_Files_ARK-Invest/White_Papers/ARK%E2%80%93Invest_BigIdeas_2021.pdf?hsCtaTracking=4e1a031b-7ed7-4fb2-929c-072267eda5fc%7Cee55057a-bc7b-441e-8b96-452ec1efe34c

1.概略

・ロケットと衛星のコストの低下が、かつて独占的で国家主導型に見られた宇宙産業を覆そうとしている。

・長らく割高であった宇宙関連技術のコストが、ディープラーニング、モバイル通信、センサー、3D プリンティング、ロボティクスのおかげで低下し始めている。その結果として、衛星やロケットの打ち上げが近年激増している。

・ARKの調査によると、軌道宇宙のビジネス機会は、衛星通信と超音速飛行機を含めると年間売上$370 billionを越える。




2.宇宙ビジネスは、衛星通信、超音速飛行、他惑星旅行・居住等、巨大なテーマだ

セグメント_20210225





3.再利用可能なロケットが打ち上げコストを激減させている

打ち上げコスト_20210225





4.低軌道への低コストな衛星打ち上げが、遅延の少ない低コストな衛星通信を可能に

LEO_20210225.png





5.打ち上げコストの低下で、打ち上げ予定の衛星が激増

打ち上げ予定数_20210225





6.衛星ブロードバンド通信の売上は今後5~10年の間に、米国で年間$10billion、世界では年間$40billionに成長

衛星市場_20210225





7.超音速飛行の売上は将来的に全世界で年間$270billionに

超音速飛行規模_20210225





STOP

・宇宙というと、遠い未来の話のように思うかもしれませんが、より現実的なビジネスチャンスとしてもう目の前まで来ています。

・本命はやはり衛星通信でしょう。既に衛星放送などは普及していますが、これと同じ仕組みで衛星通信はすぐに普及するようになるでしょう。衛星を介して通信ができるようになると、地上と通信を往復する分、通信距離は長くなるのですが、その分、空から電波を届けることができるので、通信のアクセスが難しかった場所へもアクセスできるようになります。

・そして衛星通信の更に先にはおそらく、惑星旅行、更には惑星への移住というビジネスが将来必ず来ることでしょう。

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

[ 2021/02/25 11:50 ] 8.企業研究 | TB(-) | CM(0)

あらゆるモノとヒトを運ぶドローンの未来

イメーじ_20210224


オンラインでの買い物が当たり前になった昨今、物流のひっ迫が問題となっています。

その問題を解決するのがドローン配達といわれています。

さらに、ヒトをも運ぶドローンタクシーもいよいよ現実味を帯びてきています。

まさに、つい最近までSF映画で描かれていた世界が現実のものとなろうとしているのです。

今回は、女性版ウォーレンバフェットと呼ばれるキャシーウッド率いる米ARK社の「Big Ideas 2021」に紹介ある、ドローンの将来について紹介したいと思います。

出典:https://research.ark-invest.com/hubfs/1_Download_Files_ARK-Invest/White_Papers/ARK%E2%80%93Invest_BigIdeas_2021.pdf?hsCtaTracking=4e1a031b-7ed7-4fb2-929c-072267eda5fc%7Cee55057a-bc7b-441e-8b96-452ec1efe34c

1.概略

・バッテリーコストの低下と自動運転技術はドローン配送を現実のものとしようとしています。

・ARKは近い将来、ドローンが、荷物や食事、更にはヒトまでも、より早く便利に運ぶようになると考えています。ドローンは、買い物のありかたを変え、旅行の移動時間を短縮し、命を救うことにまで活用されようとしています。

・ARKは2030年までに、ドローンデリバリーの売上が$275 billion、機体の売上が $50 billion、マッピングの売上が$12 billionになると予測しています。





2.バッテリー技術の進歩で飛行距離は伸び続け、自動運転技術の進歩が飛行コストを劇的に下げている

飛行距離とコスト_20210224





3.ドローン配送は安くて速い

安くて速い_20210224






4.2030年までにドローンがEコマース配送の主流に

Eコマースの主流に_20210224






5.ドローン配送がフードデリバリーを加速させる

フードデリバリー_20210224





6.2030年までに、ドローンデリバリーの売上が$275 billion、機体の売上が $50 billion、マッピングの売上が$12 billionになると予測

ドローン市場規模_20210224






STOP

・遅かれ早かれドローン配送というのはほぼ確実に来る未来だと思います。空を見上げれば飛行機が飛び交っているように、もっと多くのドローンが飛び交っている未来がすぐそこまで来ています。

・ドローン自体は既に技術的な参入障壁はないので、ここでもやはり自動運転技術が参入障壁になるのではないでしょうか?つまり競争力のある自動運転システムを開発した企業がプラットフォーマーとして一手にドローン物流を牛耳り、現在のGAFAのような1強体制ができるのかもしれません。

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

[ 2021/02/24 12:01 ] 8.企業研究 | TB(-) | CM(0)

EV新車販売台数が2025年までに激増との予測!

イメージ_20210222


現在、米国株式市場でTestlaが爆謄していますが、今回は本格的なEV時代到来に伴い、2025年までのEV市場を見ていきます。

女性版ウォーレンバフェットと呼ばれるキャシーウッド率いる米ARK社の「Big Ideas 2021」に紹介ある、EVの将来について紹介したいと思います。

出典:https://research.ark-invest.com/hubfs/1_Download_Files_ARK-Invest/White_Papers/ARK%E2%80%93Invest_BigIdeas_2021.pdf?hsCtaTracking=4e1a031b-7ed7-4fb2-929c-072267eda5fc%7Cee55057a-bc7b-441e-8b96-452ec1efe34c

1.概略

・EVの車体価格はガソリン車の価格に近付いてきています。EV業界のリーディングカンパニー達は、低価格で長距離を走れる革新的なバッテリーを開発しています。

・「ライトの法則」(生産数が拡大するにつれてコストが下がるという法則)に基づけば、ARKの予測ではEVの販売台数は現在の220万台から2025年には約20倍の4000万台に増加する。

・この予測の最大のダウンサイドリスクは、既存の自動車メーカーがうまくEVにシフトできるかどうかだ。




2.コロナ禍でガソリン車販売が減少する一方、EV販売台数は逆に増えた

コロナ禍の販売台数_20210222





3.「ライトの法則」に基づけばEVバッテリーの生産台数が倍になるごとにコストは28%低下する

バッテリーコスト_20210222





4.EV車体価格は2023年にガソリン車並みに到達する

車体価格_20210222





5.既存自動車メーカーのEVは性能面で新進EVメーカーに劣る

EV性能_20210222





6.既存自動車メーカーが一皮むければ2025年にEV新車販売台数は現在の約20倍の4000万台に(特に小型で安価なEVが激増)

販売台数予測_20210222





STOP

・世界の環境意識の高まりとともにEVが普及していくことは間違いありません(日本では火力発電が多いので今のところそこまでのCO2削減効果はないのですが)。既存の自動車メーカーも次に次にEVを出していくことでしょう。

・一方で、EVに関して注意が必要なのは参入障壁が低いという点です。ガソリン車は内燃機関が複雑でここに一定の参入障壁がありました。EVでもバッテリーに関しては、未だ進歩の途中にあり、テスラのようなリーディングカンパニーに一日の長がありますが、内燃機関のような参入障壁になるとは思えません。

・よって、アップルがEV参入を発表したように今後、自動車メーカー以外の業界からも多数のプレイヤーが参戦し激しい競争が繰り広げられることが予想されますし、強いブランドを持たない企業にとっては利幅の低い市場となりそうです。

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

[ 2021/02/22 11:17 ] 8.企業研究 | TB(-) | CM(0)

自動運転タクシーの2030年の予想市場規模がえげつない!

イメージ_20210219


遠い未来の話に思われていた自動運転車の実現が実はすぐそこまで来ています。

今回は、女性版ウォーレンバフェットと呼ばれるキャシーウッド率いる米ARK社の「Big Ideas 2021」に紹介ある、自動運転タクシーの将来について紹介したいと思います。

出典:https://research.ark-invest.com/hubfs/1_Download_Files_ARK-Invest/White_Papers/ARK%E2%80%93Invest_BigIdeas_2021.pdf?hsCtaTracking=4e1a031b-7ed7-4fb2-929c-072267eda5fc%7Cee55057a-bc7b-441e-8b96-452ec1efe34c

1.概略

・ARK社の考えでは、自動運転タクシーは従来のタクシーの平均コストを10分の1まで下げ、これが普及を促進し、将来的に都市交通を牛耳ることになるだろう。

・ARK社の予想では、自動運転タクシーの配車サービスを手掛けるプラットフォーム企業は2030年までに世界合計で年間100兆円以上の利益を生み出すとみている。更に、車体メーカー、車体オーナーはそれぞれ、25兆円、7兆円の利益を生み出すだろう。





2.自動運転タクシーは従来のタクシー運賃を下回るだろう

コスト_20210219





3.自動運転タクシーは50%マージンを獲得し、低運賃が市場規模を拡大させるだろう

コスト構造_20210219





4.テスラはカメラ、グーグルのウェイモはLiDarとHDマッピング、中国勢はインフラセンサー

各社比較_20210219





5.スケーラビリティの点ではテスラが有利

仇ぷしょん_20210219





6.自動運転タクシーによる運賃の低下が著しいのは人件費の高い先進国

コスト低下_20210219





7.2030年までに自動運転タクシー市場では、プラットフォーマーが年間$1,200 billion、車体メーカーが年間$250 billion、車体オーナーが年間$70 billion、の利益を上げ、更にプラットフォーマーの時価総額は3,800 billionに達すると見込む

利益_20210219




STOP

・この調査で面白いのは、自動運転の時代に最も稼ぐのは、自動運転車メーカーではなく、配車サービスを手掛けるプラットフォーマーだということ。つまり今でいうウーバーやリフトのような存在が最も稼ぐとのこと。

・自動運転になると、車は自分で運転するものではなくなります。更に、タクシーのコストが急激に下がるので、自動運転車を購入して保有することの経済合理性が失われます。つまり自動運転社会においては、人々は自動車を保有しなくなり、常時自動運転タクシーを使うようになるのです。

・自動運転車というのは投資の世界でも大きなテーマの一つで、ついつい基幹システムを開発するテスラ、グーグル、バイドゥなどに目が行きがちですが、配車サービスが重要というのは意外ですね。

・といっても、ウーバーやリフトが自動運転社会で大きく伸びるのかといえば恐らくそうではなくて、テスラやグーグルなどの基幹システムを持っている企業が自社で配車サービスを展開するのだとは思います。つまり、優れた自動運転システムを持っているかどうかが、今後の配車サービス企業の大きな差別化要因になるということです。

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

[ 2021/02/19 11:48 ] 14.投資の勉強部屋 | TB(-) | CM(0)

今後10年でクレジットカード会社と銀行を破滅に追いやるものとは

DWイメージ_20210218


クレジットカードのVisaとMaster Cardは、2000年以降では最も株価が上昇した銘柄の一つに数えられます。

Visaは2008年の上場から現在までに10倍に、Master Cardは2006年の上場からこれまでに70倍になりました。

世界中どこでも決済可能なVisaとMaster Cardは今後も不滅の企業と思われていましたが、そんな最強の二社を脅かす存在が表れてきているのです。

それがデジタルウォレットです。

今回は、女性版ウォーレンバフェットと呼ばれるキャシーウッド率いる米ARK社の「Big Ideas 2021」に紹介ある、デジタルウォレットの将来について紹介したいと思います。

出典:https://research.ark-invest.com/hubfs/1_Download_Files_ARK-Invest/White_Papers/ARK%E2%80%93Invest_BigIdeas_2021.pdf?hsCtaTracking=4e1a031b-7ed7-4fb2-929c-072267eda5fc%7Cee55057a-bc7b-441e-8b96-452ec1efe34c

1.概略

・ARK社の考えでは、Venmo(Paypal社)やCash App(Square社)などのデジタルウォレット(日本でいうLine PayやPayPay)がスマートフォンによる決済をアクティベートすることで既存の銀行やクレジットカード会社を駆逐すると考えているとのこと。

・今日、デジタルウォレットは仲介業務や融資などを含む伝統的な金融サービスも取り扱い始めていて、商業活動の次世代プラットフォームのリーダーになりうる。

・ARK社の調べでは、今日のデジタルウォレットの価値はユーザー当たり250ドル~1900ドルだが、これが2025年までに20000ドル/ユーザーまで増加し、市場規模は4.6兆ドルまで膨れ上がるとみている。




2.中国のデジタルウォレット決済総額はGDPの2.5倍に

中国のDW_20210218





3.デジタルウォレットは世界の潮流

世界のDW_20210218





4.米デジタルウォレットユーザー数は既に米銀行大手JP Morganの口座数を抜いた

DWのユーザー数_20210218





5.デジタルウォレットの顧客獲得コストは圧倒的に安い

DWの顧客獲得コスト_20210218





6.個人向け信用貸付市場では既存の銀行はピークを過ぎた

DWの貸付_20210218





7.デジタルウォレットが金融サービスのプラットフォームになれば1ユーザー当たりの価値は20,000ドルに

DWの価値_20210218





8.米国のデジタルウォレットユーザーは2025年までに現在の2.3倍ほど、市場規模は40倍に

DWのユーザー推移_20210218




STOP

こう見てみると、既存の銀行やクレジットカードが会社がいかにオワコンか、というのを思い知らされます。

実は個人的にも、Line PayやPayPayなどを最近多用していて、昔に比べるとクレジットカードによる決済金額はかなり少なくなりました。

なぜかというと、クレジットカードって決済するのにほんの数秒ですが「間」(2~3秒?)がありますよね?

一方で、Line Payなどは「ピッ」と一瞬なんです。

このほんの数秒の「間」をめんどくさいと感じてしまい、デジタルウォレットを好んで使うのかもしれません。

またクレジットカードは、今は持っているやつがあるのでいいですが、これ作るときかなりめんどくさいですよね?審査もありますし。

クレジットカードは、銀行口座からの引き落とし日が決済日の1か月くらい後なので、実質その間はカード会社からの信用貸付が行われている状態なので、個人の信用を審査する必要があります。

でも、こんなめんどくさい審査するくらいならデジタルウォレットでいいやというのが若者の発想ではないでしょうか?

実体験としても、クレジットカードの先行き、クレジットカードを通して信用貸付をする銀行の先行きは、少し雲行きが怪しいなと感じざるを得ません。

但し、銀行の法人への大規模な融資という機能はやはり今後も残っていくと思われます。

また上記の見解はあくまでARK社の見方であり、必ずしも将来こうなるとは限りませんのでご注意を。


応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

[ 2021/02/18 11:15 ] 14.投資の勉強部屋 | TB(-) | CM(0)

バフェット最新ポートフォリオ(2020年12月31日時点) ベライゾンとシェブロンに巨額投資!

バークシャーハサウェイ社有価証券&持分法適用会社(2020年12月31日時点)
PF_20210217.png

CompanyValue on
2020/12/31
(US$ mil)
%
APPLE INC (COM)11771443.60%
BANK AMER CORP (COM)3061611.34%
COCA COLA CO (COM)219368.12%
AMERICAN EXPRESS CO (COM)183316.79%
KRAFT HEINZ CO (COM)112874.18%
VERIZON COMMUNICATIONS INC (COM)86203.19%
MOODYS CORP (COM)71602.65%
US BANCORP DEL (COM NEW)61102.26%
DAVITA HEALTHCARE PARTNERS I (COM)42381.56%
CHEVRON CORP NEW (COM)40961.51%
CHARTER COMMUNICATIONS INC N (CL A)34491.27%
BANK OF NEW YORK MELLON CORP (COM)30711.13%
GENERAL MTRS CO (COM)30191.11%
VERISIGN INC (COM)27731.02%
ABBVIE INC (COM)27361.01%
MERCK & CO. INC (COM)23470.86%
VISA INC (COM CL A)21850.80%
BRISTOL-MYERS SQUIBB CO (COM)20680.76%
LIBERTY MEDIA CORP DELAWARE (COM C SIRIUSXM)18800.69%
AMAZON COM INC (COM)17370.64%
SNOWFLAKE INC (CL A)17240.63%
MASTERCARD INC (CL A)16290.60%
WELLS FARGO & CO NEW (COM)15820.58%
STONECO LTD (COM CL A)11890.44%
KROGER CO (COM)10650.39%
STORE CAP CORP (COM)8300.30%
RH (COM)7750.28%
T-MOBILE US INC (COM)7070.26%
SYNCHRONY FINL (COM)6990.25%
AXALTA COATING SYS LTD (COM)6690.24%
LIBERTY MEDIA CORP DELAWARE (COM A SIRIUSXM)6420.23%
GLOBE LIFE INC (COM)6030.22%
MARSH & MCLENNAN COS INC (COM)4990.18%
LIBERTY GLOBAL PLC (SHS CL A)4360.16%
TEVA PHARMACEUTICAL INDS LTD (SPONSORED ADR)4130.15%
SIRIUS XM HLDGS INC (COM)3190.11%
SUNCOR ENERGY INC NEW (COM)2320.08%
LIBERTY GLOBAL PLC (SHS CL C)1740.06%
BIOGEN INC (COM)1570.05%
JOHNSON & JOHNSON (COM)510.01%
PROCTER & GAMBLE CO (COM)440.01%
MONDELEZ INTL INC (CL A)340.01%
LIBERTY LATIN AMERICA LTD (COM CL A)290.01%
VANGUARD INDEX FDS (S&P 500 ETF SHS)150.00%
SPDR S&P 500 ETF TR (TR UNIT)150.00%
LIBERTY LATIN AMERICA LTD (COM CL C)140.00%
UNITED PARCEL SERVICE INC (CL B)100.00%



バフェット2020年9月~12月売買銘柄(単位:百万ドル)
※有価証券&持分法適用会社のみ

売買_20210217

※売買金額については、米国証券取引委員会に提出された売買株数に各銘柄の四半期末時点株価をかけて仮計算しております。
バフェットの実際の売買金額は当該四半期中のどこかで行われております(期末価格ではない)ので、上記計算とは異なることご了承ください。

バフェットの投資戦略
こちらの記事ご参照!

バフェットの4つの投資戦略に学ぶ!~「事業内容を理解できる企業」~

りろんかぶおコメント

・今回の注目は何といってもベライゾンとシェブロンへの巨額投資。それぞれ8600百万ドル、4000百万ドル規模の投資をおこなっています。

・ベライゾンはAT&T、T Mobileと並ぶ米国の通信大手です。今後IoTなどの普及とともに通信というのはますます生活に欠かせないものになってきます。通信企業は安定したビジネスから生み出される潤沢なキャッシュフローを基に、高配当を安定して出すのが特徴ですが、その分成長性は限られ、今まで株価も大きく上昇することはなかった銘柄です。バフェットの投資戦略から考えると、成長性は低いが、今の株価はかなり割安と判断したのかもしれません。

・シェブロンは言わずと知れたオイルメジャーです。コロナ禍で原油価格が暴落し、石油企業は大幅に売られていました。更に、テスラなどが盛り上がりを見せるように、今後EVの普及や環境意識の高まりで誰もが石油企業の将来性を悲観する中での大量購入です。これはバフェットらしいといえるかもしれません。誰もが悲観する不人気企業ですが、実際には石油需要は当分堅調で、今後も堅実なキャッシュフローを生み出していくことが予想されます。

・しかし、バフェットといえばアップル、コカ・コーラ、クラフトハインツ等、商品を他社から差別化できているブランド企業が好みでしたが、通信や石油など他社との差別化が難しい商品を扱っている企業への投資というのは少し意外です。バフェットはリーマンショック時に石油大手のコノコフィリップスに大規模投資して、その後石油価格大暴落と共に同社株も下落して、大損しているので今回の投資決定の背景なども気になります。

・その他の注目は、AbbVie、Merk、BRISTOL-MYERS SQUIBBなどの製薬大手を前四半期に続いて買い増す一方、前四半期購入していたPfizerは全売却。

・更に、JP Morganも全売却しており、その他金融銘柄も売却を継続しています。またAppleも一部売却(大半は保有継続)していますが、これはおそらくバフェットの意思決定ではない可能性が高いです。

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

無駄に稼いで無駄に浪費するから、無駄なモノが無駄に生産されている

最近友人と話していてよく感じることがあります。

それは、多くの人は自身が得た収入のほとんどを使い切っているんだなということ。

つまり、自分が使える予算は自分の収入だということですね。

これは収入が増えれば支出も増えるということです。

そういった人の多くは大企業に勤めていて、年収も高くてクビになることもないし、貯金しようと思えばいつでも貯金できると思っているし、老後のことまで心配していないという感じだと思います。

自分の場合は「支出の予算」と「収入」を連動させるという発想がないのでこういった人たちの考え方は新鮮です。

お金の価値感は人それぞれだし、どっちの価値観が優れているかなどはないと思います。

人生というのは結局、楽しければいいと思うので、そのためにお金を使うことはいいことだと思います。

自分のように何でもかんでも支出を切り詰めちゃうタイプの人間は、高額だからという理由で楽しむチャンスを逃すことも多々あると思うので、そういう意味ではマイナスかもしれません。

一方でやはり、冒頭のタイプの人のお金の使い方に少しだけ違和感を感じるのは、自分にとって必要だったり、楽しいことにお金を使うこと以外にも、多くのお金を使っているということです。

おそらく、予算は全て使わなきゃもったいないという発想があるから、予算が残っている場合は、特にほしくもない無駄なものを買ったり、無駄なサービスにお金を使ったりしてしまいます。

つまりただやみくもにお金を浪費しているということですね。

もし、仕事が楽しくてしょうがないという人であれば良いんだと思いますが、働かなくていいなら働きたくないという人が多いのが事実です。

つまり、働きたくもないのに、たくさん働いてお金を余分に稼いで、その余剰分も何かに使わなきゃもったいないからと浪費に回しているという構図です。

浪費するために働きすぎているということ。

もちろん、普通の会社員だと、労働の量を自由に調整できないからこそ、こういった無駄が生じているわけです。

無駄に稼いで、無駄に浪費するから、無駄なモノが、無駄に生産されている。

当然モノを生産するには地球に有限な資源が使われ、エネルギーが投入されます。

つまり、この無駄に凝り固まった経済によって、地球が犠牲者になっているということですね。

環境問題が深刻している21世紀、こういった側面があることも真剣に考えていくべきなんだと思います。

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

[ 2021/02/15 11:15 ] 16. FIRE(セミリタイア) | TB(-) | CM(0)

個人事業主が法人を設立して社会保険料を節約する方法

イメージ_20210212


専業投資家になって改めて思うことは社会保険料の高さです。

社会保険には大きく年金保険と健康保険があります。

会社員は厚生年金と健康保険、
個人事業主は国民年金と国民健康保険

に加入義務があるのですが、会社員は保険料を会社と折半できるため、一般的には個人事業主の方が保険料が高くなります。

個人事業主の保険料の概算は以下。

国民年金保険料:19万8480円/年(所得によらず固定)
国民健康保険料:約35万円/年(実際には所得や地域、自身の年齢にもよるが総所得の10%弱が目安。左記は年収400万円/年の30代の人の目安)

更に国民健康保険は所得が増えれば上限100万円程度までふえていきます。

今回は、年収400万円/年の個人事業主が社会保険料を合法的に節約する方法を分析していきます。

1.結論としてどの程度節約できるのか?

①最適化をしない場合

まず普通に個人事業主で税金と社会保険料を納めると、年収400万円(経費控除後)の人の手取りは308万円になります。

手取り計算_20210212

出典:https://www.mmea.biz/simulation/solo_calculation/


②最適化を行う場合

最適化を行った場合、年収400万円(経費控除後)の人の手取りは324万円になります。

つまりスキームを最適化するだけで年間で16万円も節約することができるのです。


2.税金・社会保険料の最適化の方法

最適化の方法はいたってシンプルで以下をするだけです。

①法人を設立する
②400万円の所得のうち、80万円分の所得を法人に移管
③法人から役員である自身に役員報酬を年間55万円支払い(月額45800円)

これをすると社会保険料と税金はどのようになるでしょうか?

法人側で発生する社会保険料及び税金

厚生年金:96,624円/年(※、標準月額58000円以下が適用)
健康保険:34,348円/年
法人税・住民税・事業税:約10万円/年(税前所得12万円(収入80万円-役員報酬55万円-社会保険料13万円)×税率約20%=2.4万円と法人住民税均等割分7万円)

※https://www.kyoukaikenpo.or.jp/~/media/Files/shared/hokenryouritu/r2/ippan_3/r20913tokyo.pdf

合計:23万円

個人側で発生する社会保険料及び税金

厚生年金:96,624円/年
健康保険:34,348円/年
役員報酬(55万円)にかかる所得税及び住民税:0円(給与所得控除55万円で課税所得0)
事業収入(320万円)に係る所得税及び住民税:約40万円(課税所得252万円(収入320万円-青色申告特別控除55万円-社会保険料13万円)×(所得税率10%+住民税率10%)--税額控除9万7500円)

合計:53万円

①+②=76万円 →つまり手取りは324万円

これが16万円節約するからくりです。

ポイントは健康保険料を大きく節約できている点です。

個人事業主が加入義務のある国民健康保険料に比べて、会社員が支払う健康保険料は事業主負担分を合わせても会社員の方が圧倒的に安いという点を突いたスキームになります。

しかも、個人事業主の場合、所得が増加していくとそれにつれて社会保険料(国民健康保険料)も増加していくのですが、このスキームであれば社会保険料と所得は切り離されているので所得増による社会保険料負担増がありません。

これを小さな額とみるか大きな額とみるかは人それぞれですが、資産を築いていくためにはこういう小さなところでコツコツ節約していく必要があります。

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

[ 2021/02/12 13:55 ] 16. FIRE(セミリタイア) | TB(-) | CM(0)

好きなことの見つけ方


人間だれしも人生の中で「自分の好きなことは何だろう?」ということに悩むのではないでしょうか?

なぜか?

それは現状に満足できていないからです。

例えば自分の場合は、大学院を卒業して会社に入社後にこの疑問にぶち当たりました。

自分は承認欲求が強い方で、会社に入るまでの人生では自身の承認欲求を満たすために「競争に勝つ」という手段をとっていました。

それは、部活であったり、受験であったり、就活であったり、競争であれば何でもよかったように思います。(負けることの方が多いのですが)

一方、自分は伝統的な日本企業に入社したため、そこには競争環境が皆無でした。

よって、自身の欲求を満たす方法を見失い、何となく日々を過ごしてしまう自分がすごく嫌で、それから「幸せな人生」について深く考えるようになったのです。

哲学書や自己啓発本をたくさん読んでいった中で「幸せな人生」を送るためには、「自分の好きなことに熱中しながら、それが誰かの役にたつような人生」を送りたいなと思うようになりました。

つまり好きなことに熱中していることがそのまま収入につながるというわけです。

そしてここでぶち当たるのは「自分の好きなことは何だろう?」という疑問です。

この問いに対してものすごく長い間考えていたと思います。(4~5年程)

はじめは、過去を振り返ってどのような時が楽しかったかを振り返ってみたりしてましたが、なかなかぴんと来るものが見つかりません。

そこで思ったのが、自分の好きなことが必ずしも今までやってきたことの中にあるわけではないかもしれない、つまり今後いろいろなことをやっていく中で新しい発見があるかもしれないしその中に自分の好きなことがあるかもしれない、ということです。

そこからは方針転換をして、自分が少しでもやってみたいと思ったことはどんなに小さなことでも全てやってみることにしてみました。

例えば、友達とママチャリで琵琶湖や淡路島を一周したりしました。

他にもスカイダイビングとか、ハンググライダーにもチャレンジしました。

ちっちゃいことでも、あのお店のご飯食べてみたいなとか、あのラーメン屋さんに行ってみたいなとか、あの人と話してみたいな、とかふと思った小さなことも全て実行に移してみることにしたのです。

そして、たぶん最も多くやったのが読書です。

自分が読みたいと思う本は片っ端から読みました。

これも、みんなが読んでいる名著だから読んでみようというのではなく、「自分が読みたいかどうか、読んでいて楽しいかどうか」というのを基準に本を読んでいました。


こういったことを通して、ある時ふと気づいたことがありました。

「自分が読みたいと思う本がある特定の分野に偏っているな」、と。

そしてそれが経済学の本、もっと言えば資本主義に関する本だったのです。

それからも、そういった本を片っ端から読み、証券アナリストの資格取得を通して体系的に学ぶということもしました。

今までの自分だったら、資格を取ることが目的になっていたと思いますが、その時は単純に資本主義についてもっと知りたいというのをモチベーションに資格の勉強をしていました。

そのような経験を通して、自分は資本主義のことに人一倍興味があるし、資本主義の成り立ちや今後の在り方を考えることがとても楽しいなと思えるようになり、もしかしたら自分の好きなことはこれかなと思えたわけです。

そして好きな資本主義の知識を生かして社会に貢献していければ最高だと思い、それはやはり資本を通じて世の中に貢献していく「投資」だったのです。

株式を保有することは会社のオーナーになるということですから、その会社が世の中に製品やサービスを提供することで、オーナーとして社会に貢献していると言えます。

「株式市場での株式を買っているだけでは社会貢献といえないのでは?」という人もいますが私はそうは思いません。

確かに株式市場で投資をしても、自分の投資したお金は直接企業に届くわけではなく、元々その株を持っていた人にわたるだけです。

但し、一番最初に株式を発行した時にはその株式と引き換えに資本が直接企業に届いているわけで、株式市場ではそのバトン(株式)をつないできているといえるでしょう。

そう思えば、株式を保有していることは、企業に資金を提供した証を持っていることと同義ですし、企業はその資本を元手にビジネスを展開しているわけですから、そう考えれば株式市場での投資も社会貢献に結び付けることができるのではないでしょうか?_

とわいえ、株式市場での投資と社会への貢献を結びつけにくいというのもわかります。

自分もその感覚はありますし、だからこそもっと自分の投資したお金が企業に直接届く形での投資もしたいなと思います。

新しく何かを始めようとしている人を資本の面で応援できるようなことができればそれは素敵だなと思います。


そこまで考えて、経済的自由を達成したこともあって、会社を退職したわけですが、そのときの自分の整理としては、

自分の好きなこと:
資本主義についてもっと知り、今後の在り方について考えていくこと

好きなことを通じた社会貢献:
資本の面で社会に貢献すること。
当面は株式市場を通じた投資を行うものの、将来的には新しく何かを始めようとしている人を資本の面で応援できるようなことをしたい

という思いで独立しました。

こういった思いを周囲の人にも話していたので、いろんなご縁があって昨年、起業家応援ファンドみたいなものを設立できました。


もし「自分の好きなことは何だろう?」と悩んでいる方がいれば参考になればなと思います。


補足として一つ注意点は、自分の好きなことは時間と共に移り変わっていくことを認識しておいた方がいいと思います。

イチローみたいに大好きな野球を一生突き詰めていくというような人生はもちろん素敵なのですが(そういった人たちが歴史に名を残す人物になっていくわけです)、普通はひとつのことをずっとやっていると飽きてきます。

そして、そんなときは別の好きなことを探せばいいんです。

好きなことがコロコロ変わると「あいつは会うたびに言っていることが変わっていて軸がないやつだ」と悲観的に言う人も出てきますが、あくまで目的な「幸福な人生」を送ること、自分の人生の時間を「楽しい」という感覚で満たしていくことです。

なので、好きなことを見つけたからといってその一つのことを一生追いかける必要はなく、もっと気楽に自分が楽しいと思えることを日々追及していけばいいんだと思います。

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。


[ 2021/02/10 11:44 ] 16. FIRE(セミリタイア) | TB(-) | CM(0)

「アラブのバフェット」投資家アルワリード王子の投資哲学

イメージ_20200201


前回、アラブのバフェットと呼ばれ、2000年代前半は世界の億万長者ランキングでTop 5の常連だった世界的投資家アルワリード王子について解説しました。

「アラブのバフェット」投資家アルワリード王子はどのように巨額の富を築いたのか①
「アラブのバフェット」投資家アルワリード王子はどのように巨額の富を築いたのか②

今回はそんな彼の投資戦略を深堀りしていきたいと思います。
参考資料は彼の伝記である以下。



1.アルワリードの投資戦略

彼の投資戦略を一言でいえば、

「極上の投資をすること」

極上の投資とは、”優良企業”を”割安な価格”で購入することです。

彼は、成功するためには、優良資産を買うだけではだめで、それを魅力的な割安価格で買わなければならないと述べます。


2.アルワリードの投資に至るまでのプロセス

アルワリードの投資に至るまでのプロセスはこうです。

①まず目を付けた企業について徹底的に調べ、優良企業かどうかを見極める。

優良企業のポイントは、
優れた経営が行われている
世界的なブランドを保持している
競争優位性を持っている

等といった点。

②次に、魅力的といえる”買いのエントリーポイント”を設定。

③現在の株価がエントリーポイントよりも低ければ即投資、高ければエントリーポイントに達するまでじっと待つ。

⑤一度投資したらそれが優良な企業である限り長期で保有する

というものです。

通常優良企業は割高になっているので、ほとんどの場合はそれらの株価がエントリーポイントに達するまでじっと待っているそうで、エントリーポイントに達さなければ決して投資を行わないのだそうです。


3.所感

アルワリードの投資戦略は何ともウォーレンバフェットと似ていますね。

バフェットやアルワリードのように大きな成功を手にするにはおそらくこの方法が再現性のあるやり方なのだと思います。

ここで得られる教訓はやはり、購入価格へのこだわり。

優良企業かどうかというのはほとんどの人にとってそこまで難しい問題ではないと思います。

例えば今でいえばGAFAMなどは優良企業といえるでしょう。

但しこれらの優良企業に投資しているだけではアルワリードのいう”極上の投資”にはなりません。

なぜなら優良企業というのは大抵の場合既に割高になっているからです。

では優良企業を割安で買える時というのはどのような時か?

それは

①リーマンショックやコロナショックの時のようにマーケット全体が大暴落して、それにつられて優良企業も暴落するような局面

②例えば今の石油企業やリアル店舗メインの小売企業のように、多くの投資家から見向きもされないような業界の中に優良企業を見出して大胆に投資を行っていく

というアプローチになると思います。

おそらく②のほうは、難易度が高く、現実的に考えれば①のアプローチが比較的取り組みやすいのだと思います。

但し、マーケット全体が大暴落するタイミングというのは誰にも分りませんし、その時に備えて大量の現金を積み増して準備をしておくというのは並みの投資家にはなかなかできません。

そこを乗り越えて、大暴落時に大胆に行動できる投資家のみがバフェットやアルワリードの域に達することができるということでしょうか。

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。


[ 2021/02/09 11:32 ] 14.投資の勉強部屋 | TB(-) | CM(0)

りろんかぶおポートフォリオ(2021年1月末時点)


1. りろんかぶおの基本投資方針

資本を通じて世の中に貢献すること

を基本理念とし、以下4つを満たす企業への投資を行う。


1. 今後も人々の生活に不可欠な事業を行っている企業

2. 業界内で確固とした競争優位性を持っている企業

3. 株主利益の最大化を重視する企業

4. 割安な企業


いろいろ勉強していくうちに微修正していくかもしれませんが、
大まかには変わらないと思います。


2. りろんかぶおのポートフォリオ

りろんかぶおポートフォリオ(2021_1_31時点)

(2021年1月売買銘柄)

なし


3. りろんかぶお vs S&P 500


<平均年率リターン>
りろんかぶお:8.40%
S&P500(配当込):13.11%

<前提条件>
計算方法:投資期間のキャッシュフローをIRRベースで計算
投資期間:2015年9月29日(投資開始日)~現在
配当込・手数料込・税引後

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。

[ 2021/02/04 10:34 ] 3.著者ポートフォリオ | TB(-) | CM(0)

「アラブのバフェット」投資家アルワリード王子はどのように巨額の富を築いたのか②

イメージ_20200201


アラブのバフェットと呼ばれる世界的投資家アルワリード王子を御存じでしょうか?

サウジアラビアの王家サウード家の一員にして投資家で、なんと2000年代のフォーブズ世界長者番付ではTop10の常連でした。当然アラブ世界ではNo 1のお金持ちでした。

アメリカ人(及びアメリカへの移民)以外で最も成功した投資家といわれており、これまでシティグループ、アップル、ディズニー、ツイッター等、超有名な上場企業への投資で財を成したこともあって、「アラブのバフェット」と呼ばれる男です。

また、2015年には自身の全財産を段階的に寄付することを公表しており、その額なんと約4兆円(当時の為替レート)!

日本ではあまり知られていない規格外の男の人生について分析してみたいと思います。今回は第二回です。

第一回は以下↓

「アラブのバフェット」投資家アルワリード王子はどのように巨額の富を築いたのか①

4.グローバル企業に続々投資(2000年代)

2000年代のアルワリードはフォーブズ世界長者番付でTop10の常連となっておりました。
これは、1990年代に巨額投資を行った、シティグループやアップルが大幅に上昇したのが大きいと思います。

そんな中でもアルワリードの投資意欲は衰えません。

1990年代は高級ホテルや高級スーパーなどに多く投資しました。

2000年代は、AOL(インタネットサービス)、MCI(通信)、Fox(ブロードキャスト)などのメディアや通信会社に投資を行っていきました。

更には、フォードモーターやコカ・コーラなどの毛筋の異なる企業にも投資を実行。

そして投資の対象をさらに世界に広げ、アジアやアフリカにも次々と投資を行っていきました。

5.全財産寄付と拘束(2010年代)

2010年代に入っても彼氏の投資意欲は衰えない。

2011年にツイッターに300百万ドル投資を行ったり、ライドシェアのウーバーやリフト、中国EコマースのJD.comに投資を行ったり、いわゆる今時の企業に大型の投資を行っている。

そんな最中の2015年、アルワリードは個人資産320億ドル(当時の為替レートで約4兆円)の全額を、段階的に慈善事業に寄付すると公表。

資金は自身の名を冠した慈善団体を通じ、医療関連や女性の権利向上などの分野に分配されるとのこと。

また、2017年にはサウジアラビアのムハンマド皇太子が、アルワリード含む少なくとも11人の王子と多数の閣僚らを汚職容疑で拘束したことがニュースになった。

結局3か月ほどで釈放され、アルワリード自身は、拘束は皇太子側の「誤解」によるもので、拘束中はニュースを見たり、散歩したり、泳いだり、エクササイズをして過ごしたと述べ、「まったく問題はない。全て順調だ」とのコメントを残し、事件がそこまで重大なものではなかったことをアピール

6.アルワリードの現在のポートフォリオ

そんなアルワリードの現在の投資先がKingdom HoldingのHPに公開されています。
https://kingdom.com.sa/investment

最終更新日がいつかは不明ですが、HPによると以下の通り。カッコ内はKingdom Holding社の投資時期。

・航空関連
Flynas(2007年)
NasJet

・銀行
シティグループ(1991年)
Banque Saudi Fransi(2017年)

・デジタルサービス
Deezer(2018年)

・Eコマース
JD.com(2010年)

・教育
Kingdom Schools Company(2000年設立)

・ホテル
Kingdom Hotel Investments(2001年設立)
Four Seasons(1994年)
Accor(2016年)
Savoy(2005年)

・ヘルスケア
Kingdom Hospitals and Consulting Clinics(2000年設立)

・石油化学
Tasnee(1995年)

・ファンド
Five Capital Fund(2015年設立)

・不動産
Jeddah Economic Company(2009年)
Kingdom Centre(1998年設立)
Real Estate Investment Company(1997年設立)

・ライドシェアリング
Uber(2017年)
Lyft(2015年)

・ソーシャルメディア
ツイッター(2011年)

7.アルワリードの投資戦略

Kingdom HoldingのHPによると同社の投資戦略は以下です。

①企業価値や投資家の信頼を強固にする確立されたブランド力を保持する企業
②優れた経営陣を持ち、持続的な成長と優れた業績を残してきた企業
③成長力が強く付加価値の高いセグメントにある企業
④他投資家が見落としている割安な企業
⑤我々が持つ中東をはじめとした世界の政府やビジネスリーダーとのネットワークを生かせる企業

優れたブランド力、優れた経営陣、割安、という点で非常にバフェットと似ていますね。
つまりこれこそが投資で成功するために必要な思想なのだと思います。

STOP

アルワリードは、全財産寄付を公表した時点で個人資産が4兆円ほどあったわけですが、これを一代で築いたというのはとても夢がありますね。

例えば、ジェフベゾスやビルゲイツなどは、起業家として、自身の作った会社が興した事業が大きくなって結果的に大金持ちになったのですが、アルワリードやバフェットなどは、株式投資を行って同等程度のお金持ちになっているわけですから、意味合いが異なります。

投資家としては、アルワリードやバフェットなどの投資哲学を学んでいくことが身になるのだと思います。

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。


[ 2021/02/02 10:59 ] 14.投資の勉強部屋 | TB(-) | CM(0)

「アラブのバフェット」投資家アルワリード王子はどのように巨額の富を築いたのか①

イメージ_20200201


アラブのバフェットと呼ばれる世界的投資家アルワリード王子を御存じでしょうか?

サウジアラビアの王家サウード家の一員にして投資家で、なんと2000年代のフォーブズ世界長者番付ではTop10の常連でした。当然アラブ世界ではNo 1のお金持ちでした。

アメリカ人(及びアメリカへの移民)以外で最も成功した投資家といわれており、これまでシティグループ、アップル、ディズニー、ツイッター等、超有名な上場企業への投資で財を成したこともあって、「アラブのバフェット」と呼ばれる男です。

また、2015年には自身の全財産を段階的に寄付することを公表しており、その額なんと約4兆円(当時の為替レート)!

日本ではあまり知られていない規格外の男の人生について分析してみたいと思います。


1.生誕から大学卒業まで(~1970年代)

1955年3月7日に生まれ、祖父はサウジアラビアの初代国王アブドゥルアズィーズ・イブン・サウード、父は王位継承権を放棄したタラール王子、母はモナ・アッ=スルフ(父はレバノンの初代首相リヤード・アッ=スルフ)。

アルワリードの両親は早くに離婚し、アルワリードは母と共に母の母国であるレバノンで少年期を過ごした。

大学では渡米し、カリフォルニア州のメンローカレッジを1979年(24歳)に卒業。


2.起業(1980年代)

大学卒業後はサウジに帰国し、父からもらった3万ドルを元手に1980年(25歳)、Kingdom Establishment社を設立(後にKingdom Holding Companyに改名)。

アルワリードは会社設立当初は、契約締結などの仲介などを行い、手数料を取る代わりに株式を受け取っていた。

彼の最初の成功は1982年(27歳)で、韓国の建設会社との提携で、そこから得た報酬をひたすら不動産と株式への投資にあてた。

1986年(31歳)に、オイルブームが終焉し業績の悪化していたUnited Saudi Commercial Bankを買収。同社はその後幾度かの合併を繰り返し、後に中東を代表する銀行となった。

そして、1989年(34歳)には彼の資産は14億ドルまで膨れ上がった。

彼の投資哲学はこうだ

厳しい時期を経て確立された強力なブランドを保持する企業に対し、割安になったタイミングで投資をするというもの。

その後彼の投資対象の中心は米国企業にシフトし、1989年に彼の代表銘柄であるシティグループへ全体の4.9%の株式を取得する巨額の投資を行った。

当時、不良債権に苦しんでいたシティグループはアルワリードの投資後もなかなか業績が回復しなかったものの、アルワリードはその後もシティへの投資を積み増し、1991年には全資産の半分ほどに当たる797百万ドル迄投資をつみまし、持ち分は15%にまで達し筆頭株主となった。

シティグループの現在もコア投資先として保有中。まさに永久投資先だ。


3.グローバル企業に続々投資(1990年代)

1990年代前半は、 Saks Fifth Avenue(高級デパートチェーン)、Fairmont(高級ホテル)、Four Seasons(高級ホテル)、ユーロディズニーなど、強力なブランドを持つ企業に、数百万ドル単位の投資を続けた。

更に1995年(40歳)には、Kingdom社の社名を冠した超高層ビル、病院、学校などをサウジ国内に建設することを発表。

1997年(42歳)には、スティーブジョブズが復帰する直前のアップル株を5%取得し、筆頭株主に。

当時、倒産寸前とまで言われたアップルをスティーブジョブズが立て直し、その後iPodを発売し再び息を吹き返した。

アルワリードは2005年にアップルを売却したとされ投資額を15倍程に増やした。


STOP

次回は2000年代以降のアルワリードと彼の現在のポートフォリオについてみていきます。

応援ボタン↓を押して頂けますと励みになります。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村

りろんかぶお

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。


[ 2021/02/01 11:36 ] 14.投資の勉強部屋 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【生年】:1987年
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:現在はセミリタイアし専業投資家。元総合商社勤務(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:資本を通じて社会に貢献すること


プロフィール詳細はこちら

PR
株式投資本の王道
















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら