バフェット部 FIRE達成の東大卒元商社マンの米国株情報サイト

M&Aを手掛けた東大卒元商社マン(証券アナリスト資格有、現在はFIREを達成し専業投資家)が主に米国株の理論株価を全力分析!

Alphabetはどこへ向かうのか?③

Alphabet.png


Googleといえば世界的な企業で、検索エンジンや、YouTube、Google Map、Google翻訳などの便利なサービスは皆さんも使ったことがあると思います。

一方で、Googleは自動運転の分野に投資したり、ヘルスケアやロボット、量子コンピューターなどの分野にも積極的に投資していて、2014年には持ち株会社のAlphabetが設立され、より新規の分野にも注力していくことが発表されました。

これを受けて、Alphabetって今どういうことに取り組んでいるの?これからAlphabetはどこに行こうとしているの?といった疑問にお答えするため、Alphabetについて色々調べてみました。

前回記事↓
Alphabetはどこへ向かうのか?①
Alphabetはどこへ向かうのか?②

今回は、Alphabetの現在の収益源と今後どこへ行こうとしているのかについて記載します。

1. 収益源

・Alphabetの2016年~2018年の3年間の売上の内訳は以下の通りです(Annual Report抜粋)。
収入構造

・Google segmentというのがGoogleからの売上で、Other BetsというのがGoogle以外の子会社からの売上です。
これを見てもわかる通り、Alphabetの売上の99%以上がGoogleからの売上で、その他の事業はまだほとんど収益化できていない状況です。

・まだ多くが研究段階なので仕方なしですが、Other Betsもいくつかは商用化段階に入りつつあるので、徐々に収益化が実現してくるものと思われます。

2. 今後どこへ行くのか?

・ここまで見てきたように、Alphabetは我々の慣れ親しんだウェブサービスのみならず、メディカル、自動運転等、一見それぞれに関係のないビジネスをしているように見えます。これらを同時並行で進めて、いったいどこへ行こうとしているのでしょうか?

・その答えは、Alphabet設立時のラリーペイジの手紙の最後にありました。

“And hopefully… as a result of all this, we are excited about improving the lives of as many people as we can”

・Googleの創業時のMissionは「世界中の情報を整理して、誰もがアクセス出来て使えるようにすること」でした。
ただ、会社が大きくなり、時がたち、創業者であるラリーペイジとセルゲイブリンは「より多くの人の生活をよりよくしたい」という更に大きなMissionが芽生え、それを実現すべくAlphabetを設立したということだと思います。

・そして、その大きなMissionの中核にあるのはやはり「検索」だとラリーペイジは答えました。

「検索というのは我々にとってとても深い意味を持つ。
長い間検索技術を改良してきたが、まだ全く完成に近づいていないし、まだ出発点でしかない。

検索の理想形は、PCがユーザーを完璧に理解し、世界の情報を完璧に理解し、周りの全てを完璧に理解することだ。

現在AI技術が発達し、AIが自ら学ぶ機械学習の研究が進んでいる。
AI研究が更に進んで、検索技術に組み込んでいけば、我々が求める理想形に近づけるのではないかと思っている。」

・我々からしたら今のGoogle検索で十分便利だと思うのですが、ラリーペイジにとってはまだ出発点に過ぎず、全然違う未来を見ているということですね。

・ラリーペイジとセルゲイブリンがGoogle創業時にFounder’s Letterを公表しましたがその中に「Googleは従来の会社ではないし、そうなるつもりもない。」と述べていました。

・「そんなことできるわけがない、ばかげている」ということに大きな投資を行って、我々の生活を革命的に変えてくれる。それがAlphabetですね。

以上

りろんかぶお

その他の人気記事はこちら↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。


[ 2019/11/25 12:27 ] 8.企業研究 | TB(-) | CM(0)

Alphabetはどこへ向かうのか?②

Alphabet.png


Googleといえば世界的な企業で、検索エンジンや、YouTube、Google Map、Google翻訳などの便利なサービスは皆さんも使ったことがあると思います。

一方で、Googleは自動運転の分野に投資したり、ヘルスケアやロボット、量子コンピューターなどの分野にも積極的に投資していて、2014年には持ち株会社のAlphabetが設立され、より新規の分野にも注力していくことが発表されました。

これを受けて、Alphabetって今どういうことに取り組んでいるの?これからAlphabetはどこに行こうとしているの?といった疑問にお答えするため、Alphabetについて色々調べてみました。

前回記事↓
Alphabetはどこへ向かうのか?①

今回は、Alphabetの子会社群について簡単に記載してみます。

1. ストラクチャー
・Alphabetの子会社数をGoogle検索で調べたところ、「少なくとも28社」と出ました。

・AlphabetはGoogle時代も含めると1998年の設立から現在(2019年11月)までで、なんと230社も買収しており、およそ一月に一社のベースで買収を行っております。関係会社も日々増えるので子会社数もそれに伴って変動します。

・そんな中、Alphabetの主要な子会社を、ストラクチャー図で表したのが以下です。

Structure.png

2. 主要子会社概要

① Google
・Alphabetの最大の子会社。
・Google検索、Gmail、YouTube、Android、Google Map、Google翻訳等、世界的に親しまれているウェブサービスを無料で提供(一部を除く)し、主に広告収入で稼ぐビジネスモデル。
・Alphabet設立後も、量子コンピューターやAR/VRの分野の研究はGoogleの研究チームが遂行中。

② Calico(2013年設立、初期投資15億ドル)
・老化とそれに伴う病気に関する研究を行うバイオテクノロジー企業。
・設立当時、「グーグルが不老不死の研究に15億ドル(約1600億円)を投じた」というニュースはとてもセンセーショナルでした。
・実は、現在の科学でも人間の老化の根本的な原因は究明できていないようで、Calicoはその原因を突き止め、あわよくば対処するための長期プロジェクトを遂行するために設立されたもの。
・世界中の超優秀な研究者を集めて、ネズミを使った研究が日々行われている。

③ Nest(2014年、32億ドルで買収)
・Google Nest Hub等のIoT関連ホーム系製品を製造・販売。
・Nestは、もともと自動室内温度調節機器(サーモスタット)が看板商品でしたが、そこにはAIが搭載されていて、どの時間帯にどれくらいの温度にすればいいかなど、ユーザーの行動パターンを基に自ら考えて温度調節をしてくれる優れモノでした。
・こういった機能をベースに、Alphabetの買収後は本格的に家の中のIoTのハブ(例えば家電を全てネットにつなげ、ハブから全ての指示を出せる、等)の役割を果たす製品を販売。

④ Waymo(2016年にGoogleの自動運転研究運転部門がスピンオフされて設立)
・自動運転の商用化を目指す研究を行う企業。
・カルフォルニア州や民間の調査会社によると、安全性や総合的な技術の面でWaymoは競争の激しい自動運転業界で1位となっており業界を牽引する企業。
・2018年12月にはセーフティドライバーが同乗した状態で自動運転タクシーの商用サービスを開始。
・更に、2019年11月には、米アリゾナ州フェニックスにおいて、セーフティドライバーを同乗させない状態での完全無人自動運転タクシーのサービスを一部住民に対して試験的に開始。まだまだ将来の話と思っていた自動運転がもうそこまで来ています。

⑤ DeepMind(2016年、625百万ドルで買収)
・人口知能に関する研究開発を行う企業。
・DeepMindの目標は「知性の謎を解く」ことで、人間の脳について理解するために、知性を形式化しようと試みている。
・現在のDeepMindの焦点は、人間と似たようなやり方でどのようにビデオゲームをプレーするかを学ぶAIの開発で、作成コードを変更することなしに、AIにゲームを理解させ、人間より効率的にプレーすることを目指す。
・2016年にAlphaGoが人間のプロ囲碁棋士を初めて破ったことで大ニュースになりましたが、これはDeepMindが開発したものですね。

⑥ Loon
・気球を用いた空の移動体通信基地局事業。これまで通信網の整備されていなかった地域の人々達が気球に搭載された中継装置を介してインターネットに接続できるようにする計画。
・より低コストで無線基地局を作ることをテーマに立ち上げられたもので、太陽光を電源として、上空2万メートルにうかばせるもの。
・まだまだ技術的な課題はあるものの、ソフトバンクも125百万ドル出資し、2019年内にケニアで商用化に向けた試験が開始される模様。

Etc…

STOP

・あらゆる最先端のものに手を出し、どの分野でもトップランナーなのがAlphabetというイメージです。

・現在Alphabet子会社の中では、Google以外の子会社からの収益はほとんどないのですが、Loon一つとっても企業価値は既に10億ドル以上とも言われており、自動運転の商用化が視野に入るWaymoなどはそれをはるかに上回るでしょう。

・このようにまだ収益をほとんど生み出していない子会社群の潜在的な企業価値は膨大な額にも上るといわれており、現在の株価にはまだまだそれらの潜在価値が織り込まれていないとも言われております。

次回は、このように様々な分野に進出し、もはや何の企業かわからなくなってきたAlphabetが、今後どこへ向かおうとしているのか?についてです。

以上

りろんかぶお

その他の人気記事はこちら↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。




[ 2019/11/22 11:59 ] 8.企業研究 | TB(-) | CM(0)

Alphabet(Googleの親会社)はどこへ向かうのか?①

Alphabet.png


Googleといえば世界的な企業で、検索エンジンや、YouTube、Google Map、Google翻訳などの便利なサービスは皆さんも使ったことがあると思います。

一方で、Googleは自動運転の分野に投資したり、ヘルスケアやロボット、量子コンピューターなどの分野にも積極的に投資していて、2014年には持ち株会社のAlphabetが設立され、より新規の分野にも注力していくことが発表されました。

これを受けて、「Alphabetって今どういうことに取り組んでいるの?」「これからAlphabetはどこに行こうとしているの?」といった疑問が浮かんできたのでAlphabetについて色々調べてみました。

複数回に分けて記載したいと思いますが今回は、設立当初から現在までの歴史について簡単に記載してみます。

<Google/Alphabetの歴史>

1998年:Google設立

・Googleの共同創業者であるラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンは、スタンフォード大学博士課程在籍中に、共同で検索エンジンに関する論文を書き、それをサービス化することを目的としてGoogleを設立。

・そしてなんと、設立当初の数人のエンジェル投資家の一人が、アマゾンCEOのジェフ・ベゾス。

・設立当初のMissionは“Google’s mission to organize the world’s information and make it universally accessible and useful”。つまり、世界中の情報を整理して、誰もがアクセス出来て使えるようにすること、と定めていました。

2001年: エリックシュミットがCEO就任

・Googleの規模が大きくなってきた2001年、当時まだ20代であったラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンが経営するには大きすぎるとの出資者からの指摘もあり、エリックシュミットがCEOに就任し、ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンを合わせた3人体制での経営が始まりました。

・こういった体制を敷くことで、一般的な社長業はエリックが担当し、ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンはGoogleの戦略を考えることに専念できたことがその後Googleの成長に大きく寄与しました。

2004年~2009年:現在のコアサービスを次々に開始

2004年
・Gmailサービス開始
・株式公開
2005年
・Google Mapサービス開始(買収したWhere 2 Technologiesが大元の技術)
・Android買収
2006年
・Youtube買収
・Google翻訳サービス開始
2008年
・Google Chlomeサービス開始

2010年~:既存ビジネス領域以外の分野にも次々に進出

2010年:自動運転カープロジェクト発表
2012年:眼鏡型プロジェクト「Project Class」を発表
2013年:
・気球式インターネット網プロジェクト「Project Loon」を発表
・オンライン授業サービス「Helpouts」を開始。
・老化・病気・ヘルスケアに取り組む「Calico」の設立を発表
2014年:量子コンピュータ開発を発表、AIやロボット関連企業を次々に買収

2014年:Alphabet設立

・既存ビジネス領域(いわゆるGoogleのサービス)以外の分野にも事業領域が急拡大したことにより、新規事業分野も含めて効率的に注力していくために、Googleを含むそれ等の企業を傘下に収めるAlphabetという持ち株会社を設立。

・GoogleのCEOはスンダ―ピチャイが就任し、AlphabetのCEOにラリーペイジ、Presidentにセルゲイブリンが就任し、共同創業者の二人はより長期的な目線で新規事業に注力することとなった。

・企業名の由来は、①企業の集合体である持ち株会社に対して、人類にとって最も重要な革命の一つである文字の集合体を指すアルファベットが適していたこと、②Alphaはファイナンス用語で投資の超過収益を意味し、それにBet(賭ける)するという意味で、より新しい分野に大きな投資を行っていく企業体にふさわしかったことが理由とされている。

~現在:AR/VRやクラウド、AI等の分野の企業を積極的に買収

STOP

・Google設立当初からの買収企業数は現在(2019年11月時点)までで230社に上ります。

・これを見てもわかる通り、Googleはどのようなサービスを作りたいかは自社で考えるものの、そのために必要な機能、及びそのサービスを補強するために必要な機能は、積極的に買っていたことがわかります。

・これはGoogle検索などのコアサービスから生み出されるけた外れの広告収入(2018年の広告収入は12兆円を超えます)があるからこそできる芸当なのです。こういったキャッシュカウがあるからこそ、必要な機能は次々に買って、時間を節約しスピード感をもって次々と新しいサービスを提供し続けてこれたのです。

次回はこのAlphabetの関係会社群をもう少し細かく見ていきます。

以上

りろんかぶお

その他の人気記事はこちら↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。



[ 2019/11/20 13:58 ] 8.企業研究 | TB(-) | CM(0)

バフェット最新ポートフォリオ(2019年9月30日時点)

バークシャーハサウェイ社資産内訳(2019年9月30日時点)
資産合計_20190930

バークシャーハサウェイ社有価証券&持分法適用会社(2019年9月30日時点)
有価証券2_20190930



バフェット2019年7月~9月売買銘柄(単位:百万ドル)
※有価証券&持分法適用会社のみ
売買2_20190930

※売買金額については、米国証券取引委員会に提出された売買株数に各銘柄の四半期末時点株価をかけて仮計算しております。
バフェットの実際の売買金額は当該四半期中のどこかで行われております(期末価格ではない)ので、上記計算とは異なることご了承ください。

バフェットの投資戦略
こちらの記事ご参照!

バフェットの4つの投資戦略に学ぶ!~「事業内容を理解できる企業」~

りろんかぶおコメント
・2019年3Qには大量保有株のAppleとWells Fargoが少量売却されています。バフェットからの公式コメントはまだ見当たりませんが売却理由は要チェックです。

・バークシャーハサウェイ社では、バフェットとマンガーの補佐を務めるトッド・コームズ氏、テッド・ウェシュラー氏にも一部の資金の運用が任されており(それぞれ100億ドル超程)、両補佐の投資判断にはバフェットとマンガーは介入しないといわれております。

・バークシャーが一番最初にAppleを購入したのは、両補佐のどちらかの投資判断といわれておりますので、今回の売却もバフェットやマンガーの判断ではなく、補佐役の持分からの売却の可能性が高そうです。

NYダウ銘柄理論株価一覧はこちらご参照ください!

以上

りろんかぶお

今後も皆様にとって有意義な情報をお届けできるよう精進致します!
もしよろしければ応援のポチをお願い致します!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。



株式投資の本質

社会貢献


こんにちは!バフェット部のりろんかぶおです。

今回は、誤解されがちな「株式投資の本質」について考えていきたいと思います。

1. 株式投資の一般的なイメージ
2. 株式投資の本質とは?
3. 流通市場を介した投資の社会貢献


1. 株式投資の一般的なイメージ

多くの日本人は、株式投資というと、パソコンに張り付いてチャートを見ながら短期的な売買を繰り返してお金を稼ぐもの、といったイメージや、成長する企業を発掘して資産を何十倍にも増やすもの、というイメージを持っております。

前者は、本質的な価値からの乖離に目を付けたり、人間の心理に注目して大勢の人はこういう投資行動をとるだろうということに目を付けて短期的な値動きの値幅で稼いでいくものです。

後者についても、株価というのは予測される将来の成長を織り込んでいるものということを考えれば、市場の平均的なリターン(近年の日本では5%/年以下でしょうか)をはるかに上回るようなリターンを狙うということは、結局は本来価値が高い企業の株が割安で放置されており、時間の経過と共に本来の価値に回帰していく過程で得られる利益を狙うということです。

つまり、どちらの投資も他の人の誤った投資判断を利益の源泉とするもの、ということです。

このように株式投資は、他の誰かを出し抜いて利益を上げるということや、ある程度知識がある人でも「どれくらい稼げるか」ということにフォーカスしすぎており、本質的なものが見落とされてはいないかと感じます。


2. 株式投資の本質とは?

資本主義の下における投資の本質とは「社会貢献を通じた利益の追求」だと考えます。

本来の投資は、世の中の人々に必要とされる商品やサービスを提供するためのビジネスを行うのに必要な資本を提供し、そのビジネスを行うことで消費者の需要を満たし、その対価として得たお金を配当として株主に還元して利益を得るものです。

つまりリスクをとって、積極的に社会に貢献し、利益を追求する行為ということになります。

こういった本質を考えると、他の誰かを出し抜いて利益を上げるようなものや、どんな手を使ってでも稼ぐといったものが投資といえるはずはないのです。


3. 株式市場を介した投資の社会貢献

では、我々個人もこの投資の本質に沿った投資を行うことができるのでしょうか?

株式市場が発達したことによって、現在、大きな資本を持たない一般の個人が行う株式投資は、株式の流通市場で他の誰かが持っている株を購入することであり、エンジェル投資家やベンチャーキャピタルなどが行うような企業への直接的な資本提供はかなりハードルが高いです。

株の流通市場では、その中で株の所有権が移り変わっているだけなので、誰かが投資したお金は会社を介さず、元々株を持っていた誰かにわたります。つまり、会社目線でいうと新たに資金を得るわけでもなく、何も起こっていないのと同じで、当然会社のビジネスには何の影響もありません。

では、直接資本を投じることが困難な我々が、投資の本質である「社会貢献を通じた利益の追求」はできないのでしょうか?

そんなこともないと思います。

例えば、自分自身の視点でみて、この企業は世の中に大きな社会貢献をしているとか、この企業の商品はものすごく良いものだからもっともっと活躍できるよう応援したい、というような企業に投資を行い、良い会社であると思える限りその株式を保有し続けるのです。

株式は、発行時に企業に資本を提供した証でもあるので、流通市場で購入したとはいえ、創業当時に描いた思いをつないできたバトンでもあると思います。

その思いをしっかりと持ちながら、資本提供者として、自分が良いと思える企業である限り株式を保有し続け、ビジネスを支え続けることで、投資家として立派に社会に貢献してるといえるのだと思います。

また、更にもう一歩踏み込むと、保有する企業の社会貢献の輪を広げるために、株主として、株主総会などで事業に対する意見をしたり、社内のガバナンスに対する提案を行ったり、議決権を行使してしっかりと経営に参加することで、企業と一緒に社会に貢献していくことも可能です。

このように個人投資家も「社会貢献を通じた利益の追求」という意識をもって投資を行うことが投資の本質であり、そのようなマインドでいることが結果的に成功する投資の近道なのではないかと考える次第です。

(自分も全くできていないので、こういった意識の下、社会に貢献できるような投資をしていきたいと考えております。。)

以上

りろんかぶお

その他の人気記事はこちら↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。



[ 2019/11/08 13:48 ] 14.投資の勉強部屋 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【生年】:1987年
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:現在はセミリタイアし専業投資家。元総合商社勤務(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:資本を通じて社会に貢献すること


プロフィール詳細はこちら

PR
株式投資本の王道
















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら