バフェット部 セミリタイアした東大卒元商社マンの米国株情報サイト

M&Aを手掛けた東大卒元商社マン(証券アナリスト資格有、現在はセミリタイアし専業投資家)が主に米国株の理論株価を全力分析!

株式市場の下落は天からの賜りもの?~バフェットの教え~

こんにちは!バフェット部のりろんかぶおです!

本日はバフェットの教えの一つを紹介させていただきます。

バフェットが年次報告書で株主宛に手紙を書くことは有名ですが、
ある年の手紙でこんなことを言っています。

「株式市場の低迷は我々にとって天からの贈り物です」

多くの投資家にとって株式をロングしている限り、株式市場の上昇が天の贈り物であることはあっても、
株価の低迷が天からの贈り物になることはないと思います。

バフェットが上記のように言う理由は以下二点のようです。

1. 株式市場が低迷することで、魅力的な価格で株式を購入することができる。

2. バフェットの主力銘柄である、コカ・コーラ、ウェルズファーゴ、IBMなどは
自社株買いを恒常的に行っており、彼らが安い価格で大量に自社株を購入できれば、
1株当りの価値が増加するため、バークシャーハサウェイにとっても大きな利益になる。

これを読むと確かに、株式市場の低迷が天からの贈り物といっている意味が分かりますね。

但し、これはバフェットがバークシャーハサウェイの株主に対して、
同社株式価値を長期のスパンで向上させていくことを明言しており、
また現在の株主の大半も、バフェットの考えに賛同し長期保有を望む人達だからこそ可能なスタイルだと思います。

通常のファンドマネージャーは、毎年1年単位で結果を出すことが求められます。

そうするとなかなかバフェットのように長期のスパンで投資することはできず、
どうしても短期で結果を出すようなスタイルになってしまいます。

通常のファンドでは一般的に保有銘柄が、ある一定の株価を下回ったら、
損を出してでも売却するという損切ラインを明確に持っております。

そうすると株価下落時には多くのファンドの損切ラインをヒットする為、
それが負の連鎖となって株価大暴落となるわけです。

また株式の新規購入に関しても、先行きが不透明故に下落している特定の銘柄を大量に購入することは、
投資家に対して説明がつかず、手が出せないわけです。

りろんかぶおも現在総合商社に勤めておりますが、
総合商社は昨今の資源価格大暴落により、
多くの資源関連資産で巨額の減損を出しました。

そして社内では、

「資源はだめだ、急いで非資源で稼ぐ体制を作るんだ!」

と、大規模な方針転換をしております。

バフェットに言わせると、こんなのはばかげているといわれてしまうのでしょうね。

資源価格が低迷している今だからこそ、資源関連の優良資産を安値で積み上げるチャンスなんだと。

社員もみんなそんなことはうすうす感じてます。

でもできないんです。

これだけ資源で損を出しておいて、資源を買い増すというのは株主に説明つかないからです。。

バークシャーハサウェイはバフェットのこれまでの圧倒的なパフォーマンスがあるため、
長期の視点での投資を株主も認めておりますが、
通常誰かのお金を預かって運用するファンドでは
なかなかそのような投資スタイルはできません。

しかし、我々個人投資家がバフェットのスタイルを真似するかどうかは自由です。

世の中に必要とされる企業は、株価が一時的に暴落しても、
必ず適正価格まで株価は戻ってくるでしょう。

日頃から企業分析を行い、世の中に必要とされる優良企業を把握しておき、
株価が大暴落した時に、複数回に分けて買っていけばいいのです。

これはファンドに対して、情報の質、量、スピードで劣る個人投資家の唯一の利点ともいえるでしょう。

ちなみにりろんかぶおは、銘柄を選ぶとき優良銘柄であることに加え、
連続増配銘柄を選ぶようにしております。

連続増配銘柄のように安定して配当を出す企業を株価暴落時に買えば、
当然利回りも高くなりますので利回りのいい債権を買ったと思って、
世の中に必要とされる企業である限りバフェットのいうようにまさに永久に保有して永久に高利回りの配当をもらうような気持で、株式を買っております。

このような気持ちで、株を購入すればその後の株価の変動があまり気にならなくなります。

バフェットの投資法は、個人投資家としてとても参考になります。
以下「バフェットからの手紙」はバークシャーハサウェイの年次報告書にのった株主宛の手紙から重要と思われるものを抜粋・整理することで、バフェットの投資術をわかりやすく伝えるバフェット関連本の中でも随一の名著です!



是非バフェット流投資を勉強して、皆さんで経済的自由を手に入れましょう♪

りろんかぶお

その他の米国株関連人気ブログはこちら↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


[ 2017/01/22 12:16 ] 11.バフェットの投資哲学 | TB(-) | CM(0)

誰にでも真似できる最良の投資法とは?

こんにちは!バフェット部のりろんかぶおです!

株式投資に少しでもなじみのある方なら誰しも一回は聞いたことがあると思うのが

“最良の投資法はインデックスファンドに投資することである”

という言葉だ。

ただ、りろんかぶおは、インデックス投資であれば何でもいいのかというと、

そうではないと思います。

本日はその理由について書いていきたいと思います。

まずは、そもそもなぜインデックス投資が最良の投資法といわれるのかについて述べていきたいと思います。



1. インデックス投資 vs アクティブ投資


インデックス投資の対義語として使われるのがアクティブ投資です。

アクティブ投資はファンドマネージャーが保有銘柄、投資割合を自由に決定し、
市場平均(インデックス)を上回る成果を上げることを狙う投資です。

一般的にインデックス投資がアクティブ投資より優れているといわれる理由は主に以下3つです。

1). アクティブファンドはインデックスファンドよりも手数料が高い。

インデックスファンドは、単に株価指標と同じポートフォリオを作ればいいだけなのに対し、
アクティブファンドはファンドマネージャーがあらゆる銘柄を分析し、最適なポートフォリオを自分で考えて運用する為、
その分運用担当者の報酬が高く、投資家が支払う手数料も高くなります。

ある調査によるとインデックスファンドとアクティブファンドの手数料の差は約1%程あるようです。

長期での運用を考えるとこの1%はものすごく大きな差となります。

2). 市場平均以上の運用利益を上げているアクティブファンドは半分に満たない。

世の中には多くのアクティブファンドが存在しますが、
実際に市場平均に勝る運用利益を上げているのは、
単年ベースでみると全体の3割ほどといわれております。

実績を見ても、アクティブファンドはインデックスファンドに勝てていないのです。

3). 市場平均に勝ち続けるアクティブファンドは更に少ない

単年ベースでみると3割ほどは市場平均に勝っていると書いて、

「なんだ、3割も勝っているファンドがあるんじゃないか」

と思われたかもしれませんが、
あくまでどこかの時点の1年を切り取ってみた時の話で、
多くのアクティブファンドが、今年は買ったが、来年は負ける、
といったように勝ち負けを繰り返しており、
安定的に市場平均に勝ち続けているアクティブファンドとなるとほとんどおりません。

以上の3つの理由から一般的にはインデックス投資の方がアクティブ投資に比べて優れている、といわれております。

ここまでは、りろんかぶおも激しく賛同いたします。

但し、これを聞いて、

「なんだ、インデックス投資の方がいいんだったら、今保有している個別株は全部売って、日経平均に投資するか」

と思ったそこのあなた

次に、インデックスファンドであれば何に投資してもいいのか?という点について述べていきます。



2. インデックスファンドであれば何に投資してもいいのか?



以下のチャートをご覧ください。(Yahooファイナンス抜粋)

日経平均

あまりイケていない株のチャートのようですね。。



何を隠そうこれは過去33年間の日経平均株価の推移です。

なんと日経平均は1989年に3,8957円という史上最高値を付けて以降
27年もの間この最高値を更新できずにいるのです。。(泣)

ちなみに2017年1月19日現在19139円ですから、現在の株価は27年前のちょうど半分くらいです。

この27年間でいろいろなことが起こり、いろいろなイノベーションがあり、
とても生活が便利に変化していった中、日本を代表する企業の価値は50%も低下してしまったのです。。(泣)

これは、日本企業が急激に国際的な競争力を失っていることが大きな原因といえます。

トヨタなどはいまだに世界トップを争うほどの競争力がありますが、
日本の電機メーカーなどは急激に存在感を失っております。

なぜか?

1989年はマルタ会談があり冷戦が終わった歴史的な年です。

これにより世界各国が今まで軍事費に巨額の予算を割り当てていたものを、
経済拡大のためにお金を費やすようになりました。

日本企業は第二次世界大戦での敗戦後、一足先に経済拡大に専念していたのですが、
冷戦の終結を機に、追い風に乗った各国の企業が次々に日本企業を抜き去っていったのです。



確かに日本市場におけるアクティブファンドとインデックスファンドでは、
インデックスファンドの方が優れているかもしれませんが、
インデックスファンドの方が「損失額が小さい」というだけで、
投資の結果としてマイナスだったら意味ないですよね?

それでは何に投資をすればいいのでしょうか?

りろんかぶおは、
国際的な競争力を今後も維持できる企業群が存在するインデックス
に投資すべきだと思います。

なぜかというと、世界の人口は今後も増加し続けることが予想されており、
未だに多く存在する発展途上国が今後どんどん成長してくるはずなので、
世界経済は今後も拡大していくことが容易に想像できます。

国際的な競争力があればこの成長を取り込める為、今後もまだまだ成長できるのです。

では、国際的な競争力がある企業ってどんな企業なのか?

現在の世界時価総額ランキング(2016年12月時点)は以下の通りです。

Untitled spreadsheet




企業名 時価総額($10億)
1 アメリカ アップル 618
2 アメリカ アルファベット(グーグル) 539
3 アメリカ マイクロソフト 483
4 アメリカ バークシャーハサウェイ 402
5 アメリカ エクソンモービル 374
6 アメリカ アマゾン 356
7 アメリカ フェイスブック 332
8 アメリカ ジョンソンアンドジョンソン 313
9 アメリカ JPモルガン 309
10 アメリカ ジェネラルエレクトリック 280




29 日本 トヨタ自動車 178


なんとトップ10は全て米国企業です!!

トップ50迄見渡してみても6割超がアメリカ企業です。
そして悲しいことにトップ50に入っている日本企業はトヨタ(29位)の一社のみ。。(泣)

これを見てもわかる通り、アメリカ企業は世界の中でも群を抜いて競争力があります

これには様々な要素があると思いますが、
移民を受け入れている為多様性があり、
社員にインセンティブを与える仕組みや、
国としてイノベーションが起こりやすい仕組みがあることが大きいと思います。

それでは、世界の中でもこれだけ強い米国のインデックスに投資していたらどうなったのでしょうか?

以下は米国の代表的なインデックスであるNYダウの33年間のチャートです。(Yahooファイナンス抜粋)

ダウ

日経平均とは違い、上り下がりを繰り返しながらも、
33年間でなんと15倍に価値が増加しており、
今なお最高値を更新しております。

ちなみに米国の代表的なインデックスであるNYダウ30種平均の内、
実に20社は世界時価総額ランキングトップ50に入っております。

日本と同じように昔から先進国であり、常にトップを走り続けてきたアメリカは今も成長しているのです。

恐るべしアメリカ。。



3.まとめ



これまでの説明の通り、インデックス投資はアクティブ投資と比較した場合、
確かに優れた投資法というのはうなずけるのですが、
日本のように国際的な競争力を失っていった国では、インデックス投資でも大きな損を出してしまいます。

プラスの運用利益を上げたいのであれば、インデックスはインデックスでも、
国際的な競争力がある企業群が存在する国のインデックスに長期で投資しなくてはなりません。

そしてそれは米国のインデックス(NYダウやS&P500等)であるといえます!

以下は、米国のインデックス投資をする上では必読書ともいえる、投資の世界の伝説的な名著2冊ですので、ぜひ読んでみてください。









以上

りろんかぶお


[ 2017/01/20 14:33 ] 4.米国株の魅力 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【生年】:1987年
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:2019年にセミリタイアし現在は専業投資家。
元総合商社勤務(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【家族】:妻、子供2人
【目標】:資本を通じて社会に貢献すること
【投資デビュー】:大学3年生(小遣い稼ぎのつもりがぼろ負け。。)

プロフィール詳細はこちら

PR
株式投資本の王道






















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら