バフェット部 セミリタイアした東大卒元商社マンの米国株情報サイト

M&Aを手掛けた東大卒元商社マン(証券アナリスト資格有、現在はセミリタイアし専業投資家)が主に米国株の理論株価を全力分析!

バフェット最新ポートフォリオ(2016年9月30日時点)

こんばんは!りろんかぶおです!

このブログでは、様々な企業の理論株価を計算して皆様に幅広くお伝えし、
株式投資をする皆様が「割安株を買う」ことを
少しでもお手伝いすることが目的です。

まずは割安株投資で世界一の投資家ともいわれている
ウォーレンバフェットの保有株式の最新ポートフォリオ
を見ていきましょう。
(米国証券取引委員会に提出されている公開株のみ)

20160930 Warren Baffett Latest Portofolio

バフェットの保有銘柄といえば
ビッグ4といわれる4銘柄(ウェルズファーゴ、コカ・コーラ、IBM、American Express)が有名ですが、
2015年にクラフトハインツ
急遽保有銘柄のトップに躍り出ました。

クラフトハインツは
強力なブランド力のある食品メーカーですから、
まさにバフェットの好きそうな銘柄ですが、
急遽保有銘柄のトップに躍り出たのには以下のような背景があります。

1.2013年に3Gキャピタルとバークシャー・ハサウェイの2社が
ハインツ(ケチャップで有名)を買収・非公開化。
(基本ネットなどでバフェットのポートフォリオと呼ばれているものは公開株のみを指すため、
公開株のみで構成されるポートフォリオには登場せず)

2.2015年にクラフトフーズとハインツが合併し
クラフトハインツとなり再度株式公開。

3.もともとハインツに多額の出資金を入れていたのに加え、
クラフトフーズとの合併の際に3Gキャピタルと合わせて
100億ドル(1兆円程)を追加出資していた為、
急遽保有銘柄のトップに躍り出た。



その他で気になる点として挙げられるのが、
クラフトハインツを含めたいわばビッグ5に猛烈な勢いで迫ってきている
フィリップス66です。

フィリップス66は
2012年にコノコフィリップスの中位・下位事業がスピンオフされて
分離独立した企業で、石油精製と石油製品の販売を行う会社です。

バフェットはこのフィリップス66を
ここ数年毎四半期徐々に買い増し続け、
今となってはポートフォリオの第6位5.1%のシェアを占めるまでに至りました。

バフェットはフィリップス66の株価は
割安だと判断しているのでしょうか。

次に、
バフェットが2016年7月~9月に売買を行った銘柄を見ていきましょう。

20160930 Warren Baffett Sell Buy

なんといっても注目は、
米航空会社3社(アメリカン、デルタ、ユナイテッド)を新規で取得
していることです。

バフェットは1989年に
USエアウェイズに3億5000万ドルを投じて損失を被ったことがあり、
それ以降航空会社へは一切手を出してこなかったのですが、
ここへきて3社を一気に取得。

バークシャーハサウェイでは中小規模の投資に関しては
バフェットの意思決定が不要となることから、
今回の投資がバフェットの意思かどうかはわかりませんが、
アメリカン航空に関しては800億円規模の投資であり
普通に考えればかなりの額ではあります。

米航空大手はここ数年の業界再編で合理化を進めてきたうえ、
原油価格の下落に伴う燃料コストの低下で業績も回復基調にあり、
そういったところに目を付けたのかもしれません。

今後もバフェットの最新ポートフォリオは
適宜アップデート(四半期に一度)していきますので、
お楽しみに!!

りろんかぶお




その他の米国株関連人気ブログはこちら↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。


これであなたも株を「安値」で買える!

こんばんは!バフェット部のりろんかぶおです!
今回はこのサイトの目的を書かせていただきます!

それは

「様々な企業の理論株価を計算して
皆様に広くシェアさせていただくこと」


です!

りろんかぶおはサラリーマンとして働くかたわら
株による将来の配当生活を目指して
主に米国連続増配株を中心に投資を行っております。
(いつまでも雇われの身はつらいです)。

そこでやはり参考にしたいのが投資の神様ウォーレンバフェット!!!

ウォーレンバフェットの投資方針を表す彼の名言で

「株は単純なものです。
あなたがやるべきことは、優れた企業の株を実態価値よりも安い価格で買うだけです。
そして、その素晴らしい企業には当然、高い使命感と能力を持った経営者がいるはずです。
いったん株を買ったら、あとは永久に持ち続けるのです。」


というものがあります。

シンプルですね。

バフェットはこのシンプルな投資スタイル故、
多くの人が「自分にもできそう!」と思って人気に拍車をかけております!
(自分もそのうちの一人!)

ところで、実際に投資をしてみると、
この「安い価格」というものがとても厄介です。。

過去の株価チャートをみれば底値がわかるので、
なんであの時買わなかったんだと悔やむところですが、
実際に株が下がり続けている時は、底値なんてわからないし、
買ってももっと下がるんじゃないかと恐れてしまうもの。

安値がわからないから投資って難しいのです。。

とほほ。

ところが!そんな皆さんに朗報です!

世の中には頭のいい人がいて、理論株価を算出する方法があるのです!

世の中の企業買収案件を数多くこなすエリート投資銀行マン達が
その企業の理論的な価格を算出するために使う代表的な手法が

Discounted Cash Flow(DCF)法です!

簡単に言うと将来その企業が生み出す利益を現在価値にしたものです。

「ディスカウンティッド キャッシュフロー ??
なんか難しそうだ。ここらへんで失礼しよう。
そもそも‘りろんかぶお‘とかうさんくさすぎる」

と思ったそこのあなた!!

ちょっと待ってください!

このブログではDCF法を使って実際に私が理論株価を計算し、
バシバシ皆さんにお届けするものです!

皆様は計算する必要なし!

ぜひぜひ皆さんの買おうとしている株の理論株価も
ジャンジャン計算してお届けしていきますので(簡単な財務分析も合わせて)、
もしご興味あればコメントを通じてご連絡下さい!

りろんかぶお




その他の米国株関連人気ブログはこちら↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

※当ブログで紹介する理論株価は、いくつかの前提条件をりろんかぶおが独自に設定している為、その前提条件次第では計算結果が異なってきます。また当ブログは、投資に関する情報を掲載していますが、特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。また、読者が当ブログの情報を用いて行う投資判断の一切について責任を負うものではありません。










[ 2016/11/22 14:44 ] 1.サイトの目的 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

りろんかぶお

Author:りろんかぶお
【名前】:りろんかぶお
【生年】:1987年
【出身】:千葉
【性格】:感情の起伏ゼロ。声低め。
【学歴】:東京大学大学院卒
【職業】:現在はセミリタイアし専業投資家。元総合商社勤務(M&A等)
【資格】:証券アナリスト
【趣味】:投資・麻雀・ランニング
【目標】:資本を通じて社会に貢献すること


プロフィール詳細はこちら

PR
株式投資本の王道






















米国株人気ブログ紹介
ブログランキング
その他人気ブログはこちら